fc2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

芸能高額年俸が報ずる先輩男の背中を追う後輩女 二大刺青からアメリカの顔VS日本の顔





芸能高額年俸が報ずる先輩男の背中を追う後輩女 二大刺青からアメリカの顔VS日本の顔







先輩は後輩に色々なことを教え、後輩はそのような先輩の姿を見て尊敬の気持ちを持つようになる意味も持つ長幼の序ということわざがありますが、


後輩は知らず知らずのうちの先輩の後をたどっていく、そこに男女の違いはありません。今回はその部分や名作ドラマのルーツの隠された名作映画2本にも触れています。そしてあの動画の考察と解説に迫ります。

マスコミが伝えない、日本人や外国人に知っていただきたい部分だからです。





前回のこの動画の考察と事実を含めてテレビドラマにも迫ります。


前回記事 遠山桜だけじゃなかった半太郎の刺青に輝く芸能人年俸20億男 映画ドラマ歌舞伎から飛ぶ御大肌花火






全盛期の東映俳優のギャラが凄い!片岡千恵蔵御大が年収20億!松方弘樹談 Japanese movieの謎に迫る




下記の動画は松方弘樹テリー伊藤と女性アシスタントと話しています。


全盛期の東映俳優のギャラが凄い!片岡千恵蔵御大が年収20億!松方弘樹談 Japanese movie



動画内の話に出てくる堺駿二、トータルは喜劇俳優の名優ですが、動画内の年間映画80本、90本は出ていません。データをすべて確認していますが、堺駿二の映画は通産300本ほどです。しかもメインキャストもありますが、全般は脇役です。脇役は本数を伸ばしやすいため、数字は伸びやすい傾向が主演の数倍ありました。

片岡千恵蔵 堺駿二 松方弘樹 テリー伊藤



この動画音声について=確定ではありませんが、ニッポン放送の「テリー伊藤のってけラジオ」(2002年9月30日から2008年3月28日、月曜日~金曜日 13:00~15:30、関東ローカルの放送)の音声のように考えられます。



テリー伊藤のってけラジオ ニッポン放送



もちろん助演も脇役も素晴らしい役割です。1950年代のテレビの登場から、未来はテレビが大衆的になることが経済動向的に予想されていたため、1960年付近くらいからだんだんと低迷の雰囲気があり、斜陽ともいわれました。松方弘樹はそのことも触れています。

松方弘樹は、遠山の金さんを自身の演じたもっとも大きな当たり役(彼の金さんは視聴率的にヒットはしていないが一定の支持があった)としましたが、映画でもっとも当たり役としたのが片岡千恵蔵(現存含む20本、題材の名作多数と最多本数、最多観客動員)です。


千恵蔵の直後輩の三田佳子(東映東京撮影所でデビュー、この頃の千恵蔵は東映京都撮影所と東映東京撮影所のトップ俳優)は長者番付、高額所得の1位は4年でしたが、片岡千恵蔵は確実に5年以上の芸能系トップの高額所得だったと考えられます。


三田佳子 長者番付け 高額所得




戦前の大きなキャリアと戦後の東映の5年を越す連続1位は彼の力がもっとも大きいからです。1956年から60年代中盤、少なくても1964年くらいまで確実といえるでしょう。主演を中心から離れたあとの可能性としてさらに数年は考えられ、個人的には10年の可能性も示唆します。60年代後半くらいから、徐々に中堅やベテランになった石原裕次郎や美空ひばり、鶴田浩二、三船敏郎などだったともいえるでしょう。

石原裕次郎 美空ひばり 鶴田浩二 三船敏郎




片岡千恵蔵は、生涯年俸歴代1位の戦前と戦後含め、現在のお金で言うと数百億だったと考えられます。

日本の歴代数名だけの時代劇と現代劇の両方において大きく活躍、歴代1位の時代劇と現代劇の両方40本を越す代表作の大成功、成功した巨匠数は主演系歴代最多、日本の歴代の主演俳優の通算最多観客動員など、細かいものを含めると40つを越す膨大な記録数の持ち主です。

また映画会社の通称・千恵プロは映画俳優の映画会社でもっとも成功を収め、一国における世界でもっとも成果を残した個人のみの映画製作会社です。戦後は東映の重役兼主演俳優として、御大とも言われ、日本映画界に多大な貢献を果たしました。好き嫌いは人によりますが、この事実があるわけです。

今からでも、文化勲章や国民栄誉賞は当然の人物です。

主演の手取の半太郎を演じた刺青奇偶は1933年と1936年に2本が製作されています。




手取の半太郎 刺青奇偶




刺青奇偶(1933)の評判の良さから まさかの再映画化





テレビドラマにおいて、1957年から63年まで中村勘三郎(17代目)が確認は3度や1973年に菅原文太が演じた長谷川伸の名作刺青奇偶、歌舞伎やテレビドラマに繋がる前回記事の千恵蔵映画の刺青奇偶(1933)の好評から、なんと、続編が作られています。

これは刺青奇偶(1933)が好評だったことの明確な証拠です。





刺青奇偶(1936) *刺青奇偶(1933)の評判の良さからまさかの再映画化

製作=千恵蔵プロダクション 配給=日活
監督衣笠十四三(巨匠衣笠貞之助の弟)、脚本泉次郎吉(衣笠貞之助のペンネーム) 原作長谷川伸、撮影石本秀雄

手取の半太郎=片岡千恵蔵

お仲=千早晶子、荒木田の熊介=瀬川路三郎、鮫の政五郎=松本泰輔、角兵衛又=矢野武男、目明し久六 =阪東国太郎、半太郎の母=伊藤すゑ、駄菓子屋女房お竹=滝沢静子、女衒金八=志村喬、役名不明(友情出演や特別出演的)の香川良介と原健作




好評から自分主演でもう一度のリメイクが実現、名優瀬川路三郎は2度荒木田の熊介を演じています。あえて同じ役を演じせたわけです。


400本の9割主演の片岡千恵蔵、映画のみで710本ほどの香川良介、450本以上の大名助演俳優の志村喬と原健作、300本の瀬川路三郎、250本以上のの松本泰輔、6名の大名優が出演




衣笠十四三 衣笠貞之助の弟 泉次郎吉 衣笠貞之助 長谷川伸 石本秀雄


千早晶子 瀬川路三郎 矢野武男 阪東国太郎 伊藤すゑ 滝沢静子 松本泰輔 志村喬 香川良介







刺青奇偶(1936)出演の主な名優たち 千恵蔵のライバルのヒロインが出演する破天荒 敵も取り入れる荒業







千早晶子は基準ともいえる100本は越していないが名優といえる活躍と判断、滝沢静子は千恵プロに22本(現存含むと約30本)出演の助演女優、千恵プロの名作に10本以上も出演、90本を越す映画出演(10番手前後が多い)、事実以上の名優、100は越していませんが、彼女も妻役や母親役を多く演じました。

千恵蔵との戦前の良縁から、戦後は東映の前身の東横映画の初代金田一耕助シリーズのヒット作「獄門島」(総集編、前後作で4本とも、千恵蔵主演)にも出演しています。

初代金田一耕助シリーズ 獄門島



千早晶子は林長二郎(のちの長谷川一夫)のヒロインや助演を多く務めたことで知られる名女優です。松竹時代劇中心に、90本を越す映画、林長二郎との狂犬だけで代表作は20本ほどになります。林長二郎のヒロイン女優がライバルの千恵蔵映画に出演するという破天荒の実現、当時の活動の中心は松竹の衣笠貞之助が、千恵プロ映画で脚本を書いていることから、千早晶子の出演が決まった部分があると考えられます。



林長二郎 長谷川一夫


松本泰輔、志村喬、矢野武男、阪東国太郎、伊藤すゑ 他は千早晶子、滝沢静子は同じ内容ですが、長いので、こちらの記事に公開します。名優たちの水戸黄門や伝説の忠臣蔵映画も微量に登場、よければご覧ください 



*その裏記事
最大ライバルのヒロインが出演する破天荒や敵の身内も取り込む荒業





後輩の映画人の黒澤明(起用の俳優以外も影響)や三船敏郎も千恵蔵映画のおかげも大きいことが事実です。

ちなみに黒澤明が大きく起用した名優の山本礼三郎も、千恵蔵映画で活躍が大きい俳優、これも知っていることは芸能系の常識です。

黒澤明 三船敏郎





劇団花吹雪 名作劇場「刺青奇偶」

劇団花吹雪という大衆演劇の題材としても演じられています。映像化は映画からテレビドラマ、舞台系は歌舞伎、大衆演劇になっています。






劇団花吹雪 大衆演劇 桜京之介





アメリカの顔も七つの顔の男の足元 多数のテレビドラマにも繋がる名作映画の刺青奇偶(1933)と刺青奇偶(1936)の俳優や製作系の比較








刺青奇偶(1933) *刺青奇偶の最初の映像化の功績がある映画

製作=千恵蔵プロダクション 配給=日活
監督伊丹万作、脚色伊丹万作、原作長谷川伸、撮影石本秀雄
 

配役    
手取の半太郎=片岡千恵蔵

お仲=高津慶子、荒木田熊介=瀬川路三郎、鮫の政五郎=高木永二、角兵衛又=林誠之助、半太郎の父 =実川延一郎、半太郎の母=明津江、女衒金八ー香川良介、隣の女房お竹=常盤操子、医師香伯=成松和一、御家人=山本礼三郎



刺青奇偶(1936) *刺青奇偶(1933)の評判の良さからまさかの再映画化

製作=千恵蔵プロダクション 配給=日活
監督衣笠十四三(巨匠衣笠貞之助の弟)、脚本泉次郎吉(衣笠貞之助のペンネーム) 原作長谷川伸、撮影石本秀雄

手取の半太郎=片岡千恵蔵

お仲=千早晶子、荒木田の熊介=瀬川路三郎、角兵衛又=矢野武男、目明し久六 =阪東国太郎、半太郎の母=伊藤すゑ
駄菓子屋女房お竹=滝沢静子、鮫の政五郎=松本泰輔、女衒金八=志村喬、役名不明(友情出演や特別出演的)の香川良介と原健作




この2本だけでも、20名を近い名優が出演しています。千恵プロは阪妻プロなど多くのライバルたちを上回り、もっとも多くの名優が出演したスタープロダクションとしても知られています。アメリカの顔といわれたアメリカの国民的映画スターのジョン・ウェインでさえ、スタープロダクションを作って最低限な結果しか残せず、名優数は少数に留まっています。



スタープロダクション ジョン・ウェイン


ジョン・ウェインは観客動員はアメリカの最盛期トップといえ、1950年代から1970年代の俳優別の年間ベスト10にもっともランクインするなどの証拠の記録が残されていますが、実は当時のアメリカの映画スターよりも、日本の映画スターのほうが人数が多く、競い合いも映画本数も日本が世界1位でした。俳優別の年間ベスト10にもっとも含まれていても、日本より競争力が大きく下、さらに年間の映画本数も日本のほうが数百本も上でした。

スタープロダクションだけではなく、結果や名優数などは、アメリカの顔も日本の”七つの顔の男”、七つの顔、日本の顔の足元でした。

*膨大な量になるのでその細かい比較は控えますが、姉妹ブログの映画のほうで、取り上げていきたいところです。


*七つの顔の男=片岡千恵蔵の現代劇の当たり役の一つ、7役を演じ、日本の戦後生まれの初のヒットシリーズ映画の多羅尾伴内シリーズの別名は、七つの顔の男シリーズ、戦後直後の大映4本と東映7本の全11作、観客動員は2000万人ほどとも考えられる、千恵蔵はこの七つの顔の男や戦前からの多彩な演技と関連させ、七つの顔の映画俳優と称される場合もあります。



荒木田の熊介 七つの顔の男 多羅尾伴内




千恵蔵と路三郎、香川の3名は2本共出演している特徴があり、映画300本出演(340本以上を確認)の名優の瀬川路三郎は”荒木田の熊介”を2度、あえて同じ役を演じさせていることの破天荒を行っています。これは当時すでに名匠(のちの巨匠)の衣笠貞之助を含む、千恵プロ側の制作上の意向があったと考えられます。





1961年東映作品しおり 半七捕物帖 三つの謎 B5サイズ・2つ折りタイプ 片岡千恵蔵 鶴田浩二 東千代之介 映画パンフレット・兼用


千恵蔵と瀬川路三郎の戦後の晩年の共演作の一つ『半七捕物帖 三つの謎』(1960年公開)の貴重なパンフレット=しおりです。

映画は三つの謎のオムニバス3本で構成され、当時としては斬新な時代劇映画です。

千恵蔵の有名な捕物の親分の半七を主演に、鶴田浩二(戦後世界最多の映画主演160本を記録、戦後を代表する映画スター、ドラマでも活躍)や沢村訥升(数年間に東映の映画スターだった歌舞伎俳優、映画スターとしての人気はイマイチでした)、東千代之介(戦後時代劇映画の最盛期の流れにも貢献の大スター)の4名の顔が表紙を飾っています。

製品紹介に1961年とありますが、映画の公開は1960年10月、出品者が間違えているようです。

瀬川路三郎は端役の20番手付近で出演しています。




鶴田浩二 沢村訥升 東千代之介





姉妹ブログの新記事 忘去名優武井龍三「映画の日」中央大会の受賞が物語る映画人高評とナゾ戦後 伝説の殺陣師足立伶二郎の消失映画数百本







関連記事
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 三田佳子, 片岡千恵蔵, ジョン・ウェイン, テリー伊藤, 松方弘樹, , 刺青奇偶, 中村勘三郎, 劇団花吹雪, アメリカの顔,

[ 2022/02/25 21:15 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(6)
続々逮捕される日本人の敵「害虫在日韓国人」をマスゴミが大隠蔽横行(大修正版)
続々逮捕される日本人の敵「害虫在日韓国人」をマスゴミが大隠蔽横行(修正版)

ここ1ヶ月で多くの在日韓国人が逮捕されている。3月23日は張さんが逮捕が報道

衝撃的なものは、30年不法滞在していた韓国人の女が逮捕です。

ネットニュースで少数のみに知らせて、テレビはほとんど無視、毎日日本人を馬鹿にする反日テレビ局の電波を止めろ!


引用~
四半世紀を超える長期間にわたって国内に不法に残留したとして、静岡県警静岡南署は11日(3月)、いずれも韓国籍で静岡市葵区駒形通、職業不詳の女(69)と妹(65)を入管難民法違反(不法残留)容疑で現行犯逮捕した。静岡市駿河区のパチンコ店で2人に職務質問して容疑が発覚


非常に高い在日韓国人の犯罪率、許せない、名前をさらせ。これが普通な日本人の考えである。


だがテレビは対日世論工作費から彼らの日本人に迷惑をかける犯罪者たちにの存在を隠蔽しています。

お花畑のアホ女たち(日本人の馬鹿恥、日本から韓国や中国、ウイ○ルへ出て行け)を騙し、日本国民の数パーセントのファンもいない、韓流のゴリ押しはするクセに、10パーセントくらいいるような広告会社と組んだでっちあげの横行、


韓国による、多数の在日犯罪者や食品偽造、毎日ある膨大な反日ニュースなどの都合が悪いことのみはほぼ大隠蔽、


日本人や先人たちそのものを馬鹿する、中国のマネトラ、ハニトラまみれの悪党の親分NHKや子分の原爆で日本を馬鹿にした反社BTSことTBS、中資本テレビこと外資違反の日本テレビ、外資違反の許されない害虫こと、ウジ○テレビことフジテレビ、左翼ばかり囲うテレビ共産党日本支社ことテレビ朝日、ささっとたたき潰せ。
[ 2022/03/23 21:55 ] [ 編集 ]
続々逮捕される日本人の敵「在日韓国人」をマスゴミが大隠蔽横行
ここ1ヶ月で韓国人が逮捕されている。3月23日は張さんが逮捕されました。

30年不法滞在していた韓国人の女が逮捕されました。
ネットニュースで少数のみに知らせて、テレビはほとんど無視、毎日日本人を馬鹿にする反日テレビ局の電波を止めろ!


引用~
四半世紀を超える長期間にわたって国内に不法に残留したとして、静岡県警静岡南署は11日(3月)、いずれも韓国籍で静岡市葵区駒形通、職業不詳の女(69)と妹(65)を入管難民法違反(不法残留)容疑で現行犯逮捕した。静岡市駿河区のパチンコ店で2人に職務質問して容疑が発覚

許せない、名前をさらせ

だがテレビは対日世論工作費から彼らの日本人に迷惑をかける犯罪者たちにの存在を隠蔽しています。

お花畑の女たちを騙し、日本国民の数パーセントのファンもいない、韓流のゴリ押しはするクセに、10パーセントくらいいるような広告会社と組んだでっちあげの横行と、犯罪者隠蔽の都合が悪いことは無視、

日本人や先人たちそのものを馬鹿する、中国のマネトラ、ハニトラまみれの悪党の親分NHKや子分の原爆で日本を馬鹿にした反社BTSことTBS、中資本テレビこと日本テレビ、ウジことフジテレビ、テレビ共産ことテレビ朝日、ささっと潰せ。




[ 2022/03/23 21:40 ] [ 編集 ]
すとぷりのななもりの有名活動者不倫(キズナ?)と育児放棄の子ども二人が発覚 自宅に押しかけ警察を呼び、本人は暴露配信止めようと工作するが失敗
コレコレの配信暴露により、すとぷり(ユーチューブでアイドル的活動の歌い手集団)のリーダーのななもりの不倫(有名活動者、リスナーによるとキズ○アイ説がささやかれる)&子ども二人が発覚。

子どもはほぼ育児放棄、お花畑女信者は多くの証拠が出ても信じないのか、ハングレヤリチン反社の末路始まる。

ななもりは、呼びかけを無視し、会話上がらず、自宅に押しかけ警察を呼び、暴露配信止めようと工作するが失敗。

コレコレは流行ってもいない、日本人の情報収集の危険を持つ中国共産党アプリ(ロシアとずぶずぶの共産党)のティクトックの宣伝をやめろ。
[ 2022/03/09 23:24 ] [ 編集 ]
流行やファッションで可愛そうや偽善の平和を叫ぶ頭の悪そうな若い女たちを共産支部HKが取り上げていた。”祈りや叫ぶは侵略の中露には通じない”本当に平和を思うなら「安全保障や国防系の改正の署名」や「反日マスゴミ左翼を潰すために動け」


流行やファッションで可愛そうや偽善の平和を叫ぶ頭の悪そうな若い女たちを中国共産支部HK(NHK)が取り上げていた。”祈りや叫ぶは侵略の中露には通じない”本当に平和を思うなら「安全保障や国防系の改正の署名」や「反日マスゴミ左翼を潰すために動け」



流行やファッションで可愛そうや偽善の平和を叫ぶ頭の悪そうな若い女たちを共産支部HKが取り上げていた。本当に平和を思うなら「安全保障や国防系の改正の署名」や「反日マスゴミ左翼を潰すために動け」







NHKがおかしい、ここ数日、デモや平和をうったえるイベントや集まりを過剰に取り上げている。


”声を上げるだけでは何の意味がない”

”祈りや叫ぶは侵略の中露には通じない”

”本当に平和を思うなら国防法改正の署名や反日マスゴミ左翼を潰すために動け”



国防のための法改正の署名や、左翼マスコミのテレビ報道への批判(左翼論者の橋下や玉川、青木を使うな抗議など)や、政治家への国防や安全保障の強化のメールなど、確実に運動しなければ、平和は守れない。

綺麗ごとの偽善の平和を叫び、声を上げて、気持ちがよい自己満足に浸る連中はただの馬鹿どもだ。ステレオタイプの左翼馬鹿の集まりに過ぎない。


流行だからといいたげに、ファッションで、かわいそうや偽善の平和を叫ぶ頭の悪そうな若い女たちをNHKが取り上げていた。このお花畑たちは、侵略が基本の、中国とロシアと同胞だ。逆に日本が平和に残る未来を邪魔しているように思える。

対話が通じない中露に対話しろと、あほな左翼たちばかり起用するテレビの報道系番組、このなんの価値もない中露と同胞の馬鹿どもを、連日取り上げている共産党支部ことNHKが、非常に危険だ。

平和を叫ぶなら、日本の国防や核所有の署名などを行え、ファッションで平和を叫ぶ若い女たちに言いたい。
[ 2022/03/06 22:17 ] [ 編集 ]
”本当に平和を思うなら国防法改正の署名や反日マスゴミ左翼を潰すために動け”
流行やファッションで可愛そうや偽善の平和を叫ぶ頭の悪そうな若い女たちを共産支部HKが取り上げていた
NHKがおかしい、ここ数日、デモや平和をうったえるイベントや集まりを過剰に取り上げている。


”声を上げるだけでは何の意味がない”

”祈りや叫ぶは侵略の中露には通じない”

”本当に平和を思うなら国防法改正の署名や反日マスゴミ左翼を潰すために動け”



国防のための法改正の署名や、左翼マスコミのテレビ報道への批判(左翼論者の橋下や玉川、青木を使うな抗議など)や、政治家への国防や安全保障の強化のメールなど、確実に運動しなければ、平和は守れない。

綺麗ごとの偽善の平和を叫び、声を上げて、気持ちがよい自己満足に浸る連中はただの馬鹿どもだ。ステレオタイプの左翼馬鹿の集まりに過ぎない。


流行だからといいたげに、ファッションで、かわいそうや偽善の平和を叫ぶ頭の悪そうな若い女たちをNHKが取り上げていた。このお花畑たちは、侵略が基本の、中国とロシアと同胞だ。逆に日本が平和に残る未来を邪魔しているように思える。

対話が通じない中露に対話しろと、あほな左翼たちばかり起用するテレビの報道系番組、このなんの価値もない中露と同胞の馬鹿どもを、連日取り上げている共産党支部ことNHKが、非常に危険だ。

平和を叫ぶなら、日本の国防や核所有の署名などを行え、ファッションで平和を叫ぶ若い女たちに言いたい。




[ 2022/03/06 22:12 ] [ 編集 ]
中国とロシアは日本国を自分たちの領土にしようとしている地図 ウクライナ侵攻は日本の明日は我が身 大規模法改正と防衛強化 ウウライナのお涙頂戴に逃げ日本国の危機を伝えない中国支部の日本マスゴミ
中露窃盗やくざ ウクライナ=日本 明日は我が身NATO加盟

中露ごろつきやくざ ウクライナ=日本 明日は我が身の急速に行うべき防衛強化


中国とロシアは日本国を自分たちの領土にしようとしている。これは中国共産党から流失した数十年後の中国の地図だと、日本は中国とロシアの領土になっている。北海道がロシアになっており、台湾も中国の一部になっている。

これが現実に考えられているということが明確である。米国は日本を守らない、第九条は生ぬるい、日本は欧米と仲が良いだからこそ、価値感は同じ、日本はただちにNATOに加盟するべきだ、

今回のロシア(背景に中国)のウクライナ侵略は、元から窃盗、殺し当たり前のナンセンスごろつきやくざ、元から予想ができたことである。

そのまま未来の日本にも当てはまる、明日は我が身であると考えて、国防を急激に行う必要性が求められる。NATO加盟や強い抑止となる核の配備、スパイ防止法、侵略極悪ロシアを擁護する左翼マスコミへ強い規制が求められる。


ウウライナのお涙頂戴に逃げ、日本国の危機を伝えない中国支部の日本マスゴミ。

マスコミ⇒ネットニュースやテレビ、これをわからない阿呆な若者も多い。テレビは見ないからよいと、自分には関係ないとユーチューブでコメントをするアホが多いが、お前が見なくても他人が騙されている、お前も他人に足元をひっぱられる事実を理解せよ。ネットニュースもテレビ系がメインである事実を理解せよ。

お花畑を増やす電○ぐるみの中露擁護の左翼ニュースはいらない。
[ 2022/02/27 17:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2022年 07月 【1件】
2022年 06月 【1件】
2022年 05月 【1件】
2022年 04月 【1件】
2022年 03月 【1件】
2022年 02月 【1件】
2022年 01月 【1件】
2021年 12月 【1件】
2021年 11月 【1件】
2021年 10月 【1件】
2021年 09月 【1件】
2021年 08月 【1件】
2021年 07月 【1件】
2021年 06月 【1件】
2021年 05月 【1件】
2021年 04月 【1件】
2021年 03月 【1件】
2021年 02月 【1件】
2021年 01月 【1件】
2020年 12月 【1件】
2020年 11月 【1件】
2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち