FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

驚異的TV視聴率70パーセント 東京五輪で国民を奈落地獄に落とす電通の伝説プロデューサー






罪はないが未来のある女性社員の未来を奪った過労死や当時テレビニュースではほとんど取り上げられませんでしたが、安倍晋三総理にお金を渡していた事件、韓国と密のつながりなど、さまざまなトラブルや疑惑が絶えませんが、お金を渡していた事件のその後に日本歴代や世界的な上位記録を数多く残したイチローよりも大きく劣る成績の松井秀喜(日本のみもある程度の記録があるが、メジャー歴代記録なし)へ国民栄誉賞のナゾ、何かと世間を騒がせている電通、これまでもこれからも映画やドラマに関してもさまざまなこと・・



前回記事⇒『鉄道公安36号』黄金期超豪華五大陸と「東映まんがまつり」『ゾンビランドサガ』がつながる瞬間




電通と日本国の変化 進化か退化か一概に評価出来ない進歩の数々






電通は日本のテレビの発展、発達に良いか悪いか一概にいえませんが、あきらかに日本国の電波における変化の大きな役割を担ってきた広告的企業です。ここで発展、発達の技術が進歩は一概に進化とは考えられなく、退化とも考える場合もありますが、2020年の東京五輪も事実上のリーダーとして、さまざまなスポンサーとなる企業とのつながりを持っています。


今回は前回記事の流れも踏襲しながら、その電通と日本のテレビ放送網のつながりの強化に大きく尽力した人物にも迫ります。「驚異的TV視聴率70パーセント 東京五輪で国民を奈落地獄に落とす電通の伝説プロデューサー」平成最後の会見(=記事公開のこと)です。






強制的に奈落地獄へ突き落とされるわれわれ一般国民たち





東京五輪開催をテレビはCMや番組で幅広く良い部分ばかり取り上げるが現実は大嘘だ。五輪は放送局や一部の金持ちのための遊び、遊戯や優遇された人物のみの金儲け過ぎない。ほとんどの国民はいつも通りの生活に精一杯、競技の高額な入場料(最高30万円ともいわれる)を払う余裕もないからだ。



電通巨大利権: 東京五輪で搾取される国民
電通巨大利権: 東京五輪で搾取される国民


しかも国民の背負うべき借金は今でも膨大な上に東京五輪開催のおかげでさらに膨大と化し、日本を背負う未来の子供たちはさらに事実上の生まれながらのさらなる借金を背負いながらずっと生きていくことになる。こんなの酷すぎる。いつも苦しむのは振り回されるどうにか毎日生きている一般国民だからだ。高給の芸能人や著名人は除外。

映画愛子はスポーツは好きですが、非常におかしいと感じるし、五輪は民衆の国民のためのスポーツではなく、数パーセントの優遇された金持ちが得をするスポーツの実態真実が存在しています。現実に出かけても雰囲気だけしかわからないような、しかも、テロの可能性もあるような場所の試合ならたとえ数万レベルでも高い。日本人のメダルが狙えない競技は安いらしいですが・・

ドラマブログで何故、五輪が登場するのかと思われる方もいるかもしれませんが、下記でも取り上げます。東京五輪とテレビドラマも関与しています。






鉄道公安36号』と影山泉と日真名氏飛び出す





鉄道公安36号』は前身の『JNR公安36号』(1962~1963、全43話)の後継ドラマです。2作を共通して主演的に描かれた北村主任(俳優=影山泉)は1962~1967までの5年間、43話プラス198話の主導的役割をこなしました。男性俳優の影山泉(かげやまいずみ)は主演としてはこの2作のみで大きく知られており、助演で印象を残した記録は少ない俳優です。



JNR公安36号』(1962~1963、全43話)
鉄道公安36号』(1963~1967、全198話)



影山泉は創生期(真の初期)の有名な推理要素のテレビドラマ『日真名氏飛び出す』(1955~1962、全382話、ラジオ東京テレビ=現TBS系列)に多数出演していた記録が残されています。数度のゲストだったのか部分的話数範囲のみのレギュラー、準レギュラーだったのか不明ですが、少なくても自分の影山泉の姓を使用した影山主任役を演じていたことは確かのようです。







視聴率70パーセンドラマの電通伝説プロデューサーと影山の「影の癒着」か?






このテレビドラマ『日真名氏飛び出す』は映画で1940年代後半からヒットしていた多羅尾伴内(主演=片岡千恵蔵)、1940年代後半からスタートした金田一耕助(初代主演=片岡千恵蔵)などの映画の探偵(推理、刑事、拳銃、アクション、サスペンスなどの要素も)や推理小説ブームのあおりを受け、推理要素のアクションやサスペンスのある作品を考えたといわれています。


テレビドラマ『日真名氏飛び出す』の最高時は視聴率70パーセントを記録したとも言われ、電通の岡田三郎(テレビ初期のプロデューサー)が関与した作品です。多羅尾伴内や千恵蔵版の金田一耕助などの映画の流れをテレビ風に昇華しようとスタートさせた娯楽作品の形成ともいえる一本です。過剰にいうと映画のパクリ(のれんわけ)を取り入れているわけです。こうして広告のあるテレビドラマがスタートしました。


テレビドラマの成功により電通の利益はさらに膨大、さまざまな分野に関与を広げ、スポーツ(五輪)はもちろんですが、自動車、芸能や映画など多岐にわたり、総資産、連結3兆660億75百万円、単体1兆6,139億50百万円(2015年12月31日時点)に至り、現在のテレビドラマにつながっています。



電通の岡田三郎は日本のテレビドラマに初のスポンサー(提供、広告)を定着させ、後世の作品に大きな影響を与えている先駆的作品ですが、『日真名氏飛び出す』の視聴率は70パーセントといっても、この頃、特にスタート時の1955年のテレビ視聴率調査の正確性、信用性は現在よりもはるかに薄いものであり、テレビ利用者自体が少ない状況でしたが、のちの1960年代『特別機動捜査隊』や『鉄道公安36号』の頃に全国規模、利用者が大多数になりました。

これは事実上の電通やスポンサーのあるテレビドラマや現在につながるテレビドラマに関しても映画大俳優の片岡千恵蔵(現代劇においては『日真名氏飛び出す』につながる事件や探偵概念ドラマなど多数を形成した俳優)の流れや影響が大きかった一つの証拠ともいえるでしょう。







800話強が連続放送された東映の伝説の刑事ドラマ 『特別機動捜査隊』の劇中車を再現、ナンバープレートの数字も劇中のままに1965年式130Sをベース、スチールホイールやハブキャップ、アンテナやサイレンの無い黒塗りボディの出来映えも素晴らしい






平成最後と「チワワドラのテレビドラマ愛好世界」の一区切りはドンピシャか?






今回は2020年の東京五輪を迎える意味、テレビドラマの進化に大俳優やとある伝説プロデューサーや一時的に活躍した影がつく俳優も関与したことを取り上げました。平成の最後にふさわしい、疑問定義や独自性、テレビドラマの歴史、芸能を称える良い意味の一区切りになる記事になりました。わたくしチワワドラは感無量の涙です。




裏通りの新元号初の最新公開  ↓  ↓
記念碑的Gメン題材『にっぽんGメン』と各代表作の流れ 超御大と大物後輩



こちらも平成最後の公開姉妹ブログ↓ 独自な切り口の映画愛 この記事とも大きく関与している映画監督のA・K、またはK・Aも登場 ↓ 平成最後にふさわしい痛烈巨編、独自巨弾となりました。

平成完結股旅祭 股旅二大ナンバー2から浮上ナンバー1より真の映画愛を問う






関連記事
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 電通, 影山泉, 東京五輪, 安倍晋三, 国民栄誉賞, イチロー, JNR公安36号, 鉄道公安36号, 特別機動捜査隊, 岡田三郎,

[ 2019/04/29 23:01 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(5)
NGT事件の秋本康乃木坂の番組ごり押しと昭和偉人伝、ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~は大嘘
「阿澄佳奈のキミまち!」は19時台に移動してからヘンテコな箱番組があるのが特に大問題だ、ツイッターでも批判的なものが多い。

アニメに関わりのない男性二人と乃木坂の番組が4月からスタートしているが、乃木坂(NGT問題でもだんまりの秋本康グループの一つ)は全盛期より人気が低迷しているからアニメ番組にむりやり擦り寄ってきたわけだが、毎回ひどい。

番組タイトルがトップギアとは自分がトップだと自画自賛したいのかだとしたら最悪すぎる。せめてもう少し聞き手を馬鹿にしないタイトルにしてほしいものだ。

BS朝日の昭和偉人伝(偉人はほぼなし)やBS朝日「ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~」(トップの人間ほぼなし)なども同様だが、自分、自画自賛でトップ、偉人だと自画自賛する番組や連中、番組にはろくなのがいない。
[ 2019/05/25 20:34 ] [ 編集 ]
大女優京マチ子95歳で死去 マスゴミの狂乱報道に釘を刺す2
「令和元年生誕101年 北海道最古映画館が生んだキュメンタリー『小さな町の小さな映画館』独自眼光線」のコメントの続きです。

京マチ子はテレビドラマでも一定の活躍し、特に必殺シリーズ「必殺仕舞人」(時代劇)の印象が強いです。ホームドラマ「まんまる四角」と「かあさん堂々」の印象も強めです。


個人的にも深く理解している女優の一人の京マチ子は戦後の黄金期の短期間10年ほどのピーク(ここは評価低め)でしたが、質が高い作品に多く出演した優れた女優ではありましたが、グランプリ女優という言葉は同時に「偶然女優」(たまたま受賞作に出演した)という意味も含まれているからです。

グランプリ女優=一部の評価と同時に批判的な皮肉りも含まれていることを忘れないでいただきたい。

映画に詳しくない方々を都合よく騙すような都合の良い報道は映画ファンとしては非常に許せません。


NHKは夜7時のニュースで彼女の死を取り上げるのか、無視するのか、個人には無視してもいいと考えています。変に誤解を生みそうなら取り上げずそっとして置いたほうがいいからです。


[ 2019/05/15 16:38 ] [ 編集 ]
アイドルのSHOWROOM(ショールーム)配信で何故か映画ネタをふる視聴者の闇
映画のほうでコメントしようと思っ多がこちらも似たようなものなのでこちらでコメントする。

アイドルのSHOWROOM(ショールーム)配信を見ているとたまにおかしいと気になることがある。

コメントで必ずといっていいほど映画ネタをふる視聴者がいる、これは映画関係者や広告会社のサクラなのだろうか。純粋な視聴者、ファンとは思えない。

また、アイドルの初心者の映画話の何が面白いのだろうか。どうせ流行りという名の広告作しか観ていないからだ。

現実にこうした配信を多く観ているからわかるが、都合の良い同じような話にしかならず配信の雰囲気を崩すし、視聴者も盛り下がっている事実だけが存在している。

[ 2019/05/14 00:07 ] [ 編集 ]
映画のほうでコメントしようと思っ多がこちらも似たようなものなのでコメントする。

アイドルのSHOWROOM(ショールーム)配信を見ているとたまに気になることがある。

コメントで必ずといっていいほど映画ネタをふる視聴者がいる、これは映画関係者や広告会社のサクラなのだろうか。純粋な視聴者と思えない。

また、アイドルのニワカで初心者の映画話の何が面白いのだろうか。どうせ流行りという名の広告作しか観ていないからだ。現実に同じような話で雰囲気も視聴者も望まない方向に飛び、配信さえも盛り下がるだけだ。

[ 2019/05/14 00:04 ] [ 編集 ]
うまる田中あいみ ラブライブ逢田梨香子 堀江由衣 田村ゆかり 令和元年激風
当たり役ともいえるアニメ「干物妹!うまるちゃん」のうまる役で知られる声優の田中あいみの自身名義の歌手デビュー、しかしウェーブマスターというレーベルを聞いたことがない。最初は東宝レコードでデビューするのだと考えていたがやはり違った。東宝も表上のアニソン歌手のレーベルを作り、角川もキャラソンをメインのレーベルを立ち上げているが専属の声優歌手はいない。

そのそも何故東宝だと感じたか、代表作の「干物妹!うまるちゃん」は東宝アニメーションのアニメだからだ。


田中あいみデビューのウェーブマスターはメガドライブやセがサターン、ソニックシリーズなどで知られるセガの関連企業だった。以前には山寺宏一と離婚した2000年代に活躍した美人声優の田中理恵も所属していたらしい、認識できないほど売れていない

特に2000年代に活躍したスター声優の田村ゆかりはキングレコードに移籍前はゲーム会社のコナミだった。コナミがレーベルをたたむため、高いセールスの実積の破格の待遇を受けてキングレコードへ移籍した。これを思い出した。

ウェーブマスター=セガがこれまで以上にアニメへ進出する未来を物語るのだろうか。今回はこのマーケティングの一巻でもあるのか、2019は他にも声優がデビューする。

キングレコードの罠にはめられたとも言われる、自分の歌を数年かんださせてもらえない飼い殺し状態の堀江由衣(2000年代のゼロ年代を代表するスター声優)の処遇はどうなる。

声優の写真集歴代最多ともいえる驚異的なセールスを記録した「ラブライブ!サンシャイン!!」の声優の逢田梨香子はDMMのDMM music/Astro Voiceレーベルからデビューを控えている。果たして歌は売れるのか・・2019の令和元年は声優業界に新しい風が吹く。はずである。


[ 2019/05/04 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち