FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

鉄道刑事ドラマ形成 定着していた概念と異なる新しい概念








何処まで深く迫れるかはチワワドラそのものも不透明、不透明でもヒトは常に一筋の光という名の何らかの答えの可能性を求めていくものだと、わたくしは考え、今回の「鉄道刑事ドラマ形成 定着していた概念と異なる新しい概念」の開城です。右の開城は間違えていません。この記事のスタートの意味です。開城=スタート。




前回記事⇒2大視聴率30パーセント 刑事ドラマの形成貢献のTV名匠と映画巨匠チーフとそのセカンド






特別機動捜査隊』と『鉄道公安36号』は日本の刑事ドラマ形成に貢献したタイトル








東映刑事ドラマ特別機動捜査隊』と『鉄道公安36号』は日本の刑事ドラマそのものの形成に貢献したタイトルです。『特別機動捜査隊』(1961~1977)は全801話中、序盤1960年代前半のモノクロ時代の欠番が多いものの、500話以上が現存していますが、『鉄道公安36号』は全198話中、ほぼ現存していないと考えられています。





前回記事でも取り上げているテレビドラマの名監督の永野靖忠は、東映最初の刑事ドラマ『特別機動捜査隊』(1961~1977、東映と現テレビ朝日系)に多く参加し、『特別機動捜査隊』の刑事ドラマの正当派の王道路線と異なる内容を定着させヒットした『鉄道公安36号』(1963~1967、東映と現テレビ朝日系)にも多く参加しました。『鉄道公安36号』は鉄道の部分だけでもわかりますが、鉄道の専門の公安官=(Gメン)の活躍を描いた刑事ドラマです。


鉄道公安36号』は『特別機動捜査隊』と共に視聴率30パーセントの大ヒットを記録、『鉄道公安36号』は大きな内容の違いとして日本全国の地方ロケを数多く展開した最初の刑事ドラマの位置付けであり、この新しい路線が話題となって多くの視聴者を獲得しましたこの時点だけでも刑事ドラマのジャンルの枠だけでなく、テレビドラマそのもの発展にも貢献したといえるでしょう。







以前から定着していた概念と以前と異なる新しい概念が刑事ドラマをさらに成長させた







これまでの基本の正当派として定着していた以前からの刑事ドラマの概念(『特別機動捜査隊』など)と以前と異なる新しい概念(『鉄道公安36号』は鉄道や毎回ロケの刑事ドラマ)を明確に取り入れてドラマとして上手に定着させ、互いがライバル的に競り合ってヒット、質を維持した例ともいえるでしょう。

どのコンテンツにも通じる部分がありますが、以前からの概念と以前と異なる新しい概念の戦いと共存の繰り返しであり、映画もドラマもアニメも基本同じです。『特別機動捜査隊』と『鉄道公安36号』にもこうした形成と共存があり、これの変化に成功を収めていました。







『鉄道公安36号』の再評価 のちの西武警察も大きな影響






『鉄道公安36号』はロケが一つの魅力でしたが、のちの「西武警察シリーズ」(パートⅠ~パートⅢ、1979~1984)よりも20年近く前に多数のロケを実現、結果的に影響を与えています。「西武警察シリーズ」のロケの多くは1980年代に地方ロケを多く断行した刑事ドラマとしても話題になりましたが、これよりもだいぶ前に『鉄道公安36号』も話題になっていました。

しかも「西武警察シリーズ」(テレビ朝日系列)と『鉄道公安36号』(テレビ朝日の前身のNET)は互いの東映の関与はありませんが、現在のテレビ朝日系列で同じであり、血縁関係でいえば親戚ともいえるつながりがあります。『鉄道公安36号』がなければロケがないことはないでしょうが、違うことになっていたのかもしれません。


さらに『鉄道公安36号』(1963~1967)と『特別機動捜査隊』は1963~1967年の約4年間はこのヒット2本が同じ週にしかも同じ現テレビ朝日系で放送されていました。両方とも東映と現テレビ朝日系の製作と現テレビ朝日系の放映です





放送開始35周年記念 西部警察 アルティメット コレクターズエディション コンプリート ブルーレイBOX (完全数量限定商品) [Blu-ray]

放送開始35周年記念 西部警察 アルティメット コレクターズエディション コンプリート ブルーレイBOX (完全数量限定商品) [Blu-ray]

登場する多くの刑事がDISCにプリントされている完全数量限定商品の超豪華ブルーレイBOX、ディスク数50枚50枚の収録時間は10987分、何時間なんでしょうか。作品の定着した個性らしく大規模です。





 姉妹ブログの新記事 ↓  ↓
戦前を代表する名映画脚本家の戦地に消えた本音と大センセーショナル


新元号を彩る世界映画俳優史上歴代最多10つ目の当たり役





関連記事
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 鉄道公安36号, 刑事ドラマ, 地方ロケ, 特別機動捜査隊, テレビ朝日, 東映, 西武警察, 永野靖忠, Gメン, 視聴率30パーセント,

[ 2019/02/26 19:17 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(7)
平成ビックラスト イチロー引退か。安室に後に彼がいた
平成最後の大物の引退はイチローになるのか、安室に後には彼がいた。果たしてこの数時間後の会見がどんな内容になるのか。

これは憶測ですが平成の最後も年や日本でマリナーズの開幕戦が行われることから、打つ打たない関係なく、これを最後にやめることを前から決めていたのかもしれない。彼らしいといえば彼らしいのかもしれない
[ 2019/03/21 21:12 ] [ 編集 ]
「言論弾圧とすでにバーチャルYouTuberの衰退、ピエール瀧が逮捕のNHKテレビ、及びラジオの飽きれた報道の内容」数箇所
「言論弾圧とすでにバーチャルYouTuberの衰退、ピエール瀧が逮捕のNHKテレビ、及びラジオの飽きれた報道の内容」数箇所文字の間違えています.申し訳ありません、FC2はあとから編集ができないので、なんとなく意味が伝われば幸いです。
[ 2019/03/16 23:42 ] [ 編集 ]
言論弾圧とすでにバーチャルYouTuberの衰退、ピエール瀧が逮捕のNHKテレビ、及びラジオの飽きれた報道
世の中の言論弾圧が進んでいる。先ほど「大手有名配信者の生配信がユーチューブに当然削除の真相」でもコメントしたが、

ユーチューブライブ(生配信)の3万人ほどの視聴者を定期的に集める某4文字の有名大手配信者の生放送が20分ほどで「いじめなどを理由」に途中で削除されました。

バーチャルYouTuber(Vtuber:Vチューバー)も2018年の人気も1年ほどで影を潜めているように思えます。初音ミクのようなもので全盛期は何年も前ですが、人気が落ちてから企業が売り出すようなやり方になります。

最近。ピエール瀧が逮捕された際、撮ることに問題を感じました。NHKテレビ、及びラジオが「電気グルーヴがヒット曲を連発した」という事実ではないことをやたらと正当のほうに報道していたことにはほんと呆れました。事実はほとんどヒットしていません。また俳優としても数出ているだけが事実、現実です。1,2作程度は数出ていれば数度は評価されることgはあるので、特に大きな評価は受けていません。


こういうあきれた報道は文章を書いている人間が問題あるのでしょう。きちんちお何十名以上の意見を経てから報道するべきだと考えています。


[ 2019/03/16 23:38 ] [ 編集 ]
某若手女性声優へ「舞台が大好きならもう声優なんてやらなくてもええんやで」
名前は伏せますが、声優に詳しい人ならこれだけでわかる、舞台子役出身の某若手女性声優が毎週のように「1時間の顔出し生放送で舞台話」を繰り返している。見ている人やアニメや声優が好きなだけ、なのに一部のみみしか見ていない舞台話ばかり、以前から異常だと感じている人が多い。前から長く疑問があったが今日は言わせて貰いましょう。

舞台が好きなら何故一応の声優メインなんだ。舞台だけだと仕事が安定しないのが現実、舞台好きなら声優事務所から舞台の事務所いっちゃえ。声優なんてやらなくてええんやでw難しいでしょうがこれからは舞台一筋の活動でよろしくお願い致します。
[ 2019/03/11 20:18 ] [ 編集 ]
アニメファンの2019年の13回声優アワード 個別篇2
1は壮絶映画愛子ドキュ「第91回アカデミー賞」 プレゼンター大量発生見送りトラブルに黒い仮面ライダー(3の1)のコメント欄です。



主演男優は個人的には石川界人(高評価作の青ブタ、盾の勇者~の主演)なんですが、文化放送とも縁があるキングレコードで歌手活動の内田弟(出演作品の評価がイマイチ)でした。

演技は東山奈央が個人的に高く評価、逸れ路線と王道路線と同時に独自な演技ができる20代の若手です。もっとも妥当だと思いました。

古谷徹はまだ若いのでいずれ功労賞ももらうでしょう、個人的には「きまぐれオレンジ☆ロード」の春日恭介があまり演じない感じで好きですね。

林原めぐみでいうと「BLUE SEED」の藤宮紅葉役に通じ、林原めぐみに中でもっとも評価しているキャラはこの紅葉と「魔神英雄伝ワタルシリーズ」のヒミコです。

[ 2019/03/09 21:00 ] [ 編集 ]
12回は「東宝とセブンイレブン」の作品や番組の声優を過大評価非道
去年の声優アワードは最悪でした。主催メインのカドカワと文化放送が「東宝とセブンイレブン」の作品や番組に出演した声優を過大評価するという、個人ではなく事実上の企業の評価をした賞であり、演技の貢献や作品の評価が高くないのに賞を与えていたのです。

「声優という個人」ではなく「評価したい企業」を評価するという実に非道なものでした。2019年の13回はどんなものになるのでしょうか。
[ 2019/03/09 18:11 ] [ 編集 ]
ショールームで韓国人ぶってハングル語うつ日本人大量発生
ショールームという配信サイトで韓国人にこびうる
日本人タレント大量発生中

韓国人ぶってハングル語のコメント打つ視聴者は日本人が多い現実ww
海外でも人気、知られているあるように装うでっちあげ行為
何アピールなんだ、本当に最悪な状況
[ 2019/03/02 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち