FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

『遠山の金さん』と『宮本武蔵』で再浮上 時代劇形成千両役者と長年続く奇妙因縁





テレビ時代劇『旗本退屈男(1973)』に参加した稲垣浩、渡辺邦男、佐々木康、伊賀山正光、佐伯清、山崎大助、龍伸之介の中から今回は佐伯清監督に迫りたいと思います。彼の実積を知ることで低迷しているテレビドラマ界の再起や飛躍のヒントが隠されているかもしれません。

今回は『遠山の金さん』と『宮本武蔵』で再浮上 時代劇形成千両役者と長年続く奇妙因縁ち題して独自列車が走ります。




前回記事⇒テレビドラマで実現した通産43年の終着駅 主演俳優の苦悩苦闘の前に欧米人



名音楽家の牧野由多可とテレビ時代劇『旗本退屈男(1973)』






東映チャンネルは2018年6月から7月にかけてテレビ時代劇『旗本退屈男(1973)』をハイビジョン版で再放送をしています。チワワドラマはアニメも好きですが、特に東映時代劇のファンでもあり、東映チャンネルに長年加入しています。『旗本退屈男(1973)』は以前に時代劇専門チャンネルでCS初放送されたときにハイビジョン版で初めて録画していますが、今回も新たに2018録画版として再録画しています。

部分的に少し見直しましたが、『旗本退屈男(1973)』の牧野由多可は現在聴いても曲が良いですよね。彼は作曲を山田耕筰に師事して邦楽合奏も得意としており、手がけたテレビドラマ音楽にも独特な個性を残しています。ですが、テレビドラマの音楽の数がすごく少ない部分が難点です。


牧野由多可は『旗本退屈男(1973)』のほかに刑事ドラマの大ヒット作『特別機動捜査隊』の1961~1966年まで初代の音楽やテレビ時代劇『お命頂戴!』(1981)は印象的です。『特別機動捜査隊』も独特でセンスが良いわけですが、片岡孝夫(現在の片岡仁左衛門)が主演した秀作時代劇『お命頂戴!』のテーマ曲だけでなく、劇中曲の数々が作品の中で異彩な光を放っており、個人的に名曲です。邦楽の要素を映像音楽としてかみ合うように上手に仕上げ取り入れています。彼なりの和の表現が感じられ、ドラマの中で曲が聞けますが劇中曲のサントラがないのが非常に残念です。


現在の日本の音楽家も欧米音楽だけではなく、この邦楽の要素を映像音楽をぜひ行ってほしいものです。


牧野由多可 作曲 尺八譜 三曲 落葉松 (送料など込)
牧野由多可 作曲 尺八譜 三曲 落葉松 (送料など込)






テレビドラマ『旗本退屈男(1973)』に行き着くまで 佐伯清の存在





『旗本退屈男(1973)』の参加話数
佐伯清 9、10、22話



チワワドラは下記の内容をドラマブログで全面に出していいのか、正直悩みましたが、彼もテレビドラマでも監督を担当したため、映画のことも登場させています。佐伯清はテレビドラマの監督としても活動しましたが、9割が映画で活躍した人物だからです。

この『旗本退屈男(1973)』を独自な形で取り上げるためには重要なことだと考えて今回も挑戦させていただいています。





佐伯清 離れても引きつく磁石を白日の下に晒す 歴代超大物スターと長年続いた奇妙な因縁





佐伯清は片岡千恵蔵の映画会社の千恵プロ(時代劇形成貢献と戦後の黄金期を牽引した歴代映画スター片岡千恵蔵の映画製作会社、全体は戦前の時代劇映画の最王手の日活映画が配給)で、伊丹万作の代表作の2本、1935『戦国気譚 気まぐれ冠者』、1936『赤西蠣太』の助監督デビュー、その後、伊丹万作は東宝に引き抜かれてしまい、移籍に伴って佐伯清も東宝へ移籍、1938年『巨人伝』などの東宝の製作担当を経て、1940年代後半に監督デビュー、長谷川一夫の好評価の現代劇『ぼんぼん』を手がけ、同俳優の「銭形平次捕物控シリーズ」の事実上の1作目の1949年『銭形平次捕物控 平次八百八町』(配給・新東宝)を監督、のちの10作以上となるシリーズの形成に大きく貢献します。


その後は新東宝時代に1951年に片岡千恵蔵がトップスターとしてスタートの映画会社の東映の創立直後の千恵蔵の「ギャングシリーズ」&「にっぽんGメン」の3作目1951『にっぽんGメン 不敵なる逆襲』を手がけるも東映へ移籍せず、新東宝映画中心に、東宝で大河内傳次郎の最後の主演・大石内藏助の『四十八人目の男』(1952)を手掛け、ようやく1953年に東映へ正式移籍、東映映画1作目は山田五十鈴と大友柳太朗による1953『加賀騒動』でした。


赤西蠣太 [VHS]
赤西蠣太 [VHS]

MANSAKU ITAMIの英大文字が印象的、実は赤西蠣太や国士無双は近年に欧州で上映されて評価されています。当時、これを製作したことが凄い事です。


上記の画像の通りにっかつ名作映画館の扱いでリリースされていますが、製作は千恵プロ、配給は日活なので日活作品にも該当します。原作の文豪・志賀直哉が名作映画「赤西蠣太」の撮影中に片岡千恵蔵伊丹万作のエスコートとを受けて、千恵プロの撮影所を接対、案内されたというエピソードが残されています。「赤西蠣太」の助監督だった佐伯清もそこにいたのかも知れません。

志賀直哉は撮影所の経験が生涯嬉しかったようで、チワワドラはこの音源を聞いていますが、志賀直哉が存命中に出演したNHKのラジオ番組でこのエピソードを嬉しそうに語っています。志賀直哉の映画化作品はたとえば、映画200作の吉川英治などと大衆大作家などと比べると極端に少なく、この「赤西蠣太」だけ映画化作品の中でも”突き抜けて当たった”ことも本人が嬉しいがる部分に大きく影響していることでしょう。







『遠山の金さん』と『宮本武蔵』 時代劇形成千両役者との再びの再縁に恵まれる






佐伯清の東映時代は再び片岡千恵蔵との奇妙な因縁が再開します。千恵蔵の当たり役の一つ「遠山の金さんシリーズ」とオールスター要素の1955『勢ぞろい喧嘩若衆』を監督、東千代之介の初の現代劇映画主演作の1956『夕日と拳銃 日本篇 大陸篇』、東千代之介(佐々木小次郎役)と千恵蔵(宮本武蔵役)の2大スターによる1957『佐々木小次郎(1957)』、『佐々木小次郎 後篇』も実積、ここからさらに流れに乗っていきます。


片岡千恵蔵とは1935年に佐伯清が助監督時代に知り合い、1950年代からの移籍や東映時代の活躍の流れに導いたわけであり、監督の師匠の伊丹万作だけでなく、ある種の影の恩師だったともいえるかもしれません。片岡千恵蔵は歴代主演映画俳優の中で戦前からもっとも数多くの映画監督に幅広い良い影響を直接与えています。前回記事の丸根賛太郎も同様ですが、佐伯清も数多くの一人といえるでしょう。



夕日と拳銃 上巻 (角川文庫)
夕日と拳銃 上巻 (角川文庫)

1950年代を代表する時代劇映画スターの一人の東千代之介が現代劇の主演を務め、檀一雄の原作の「夕日と拳銃」を佐伯清が『夕日と拳銃 日本篇 大陸篇』として映画化しました。『夕日と拳銃 日本篇 大陸篇』はCS放送で再放送されており、個人的にも録画しています。




*今回の裏通り記事  ↓    ↓
名匠の霧の小次郎と昭和残侠伝 高倉健が片岡千恵蔵から引き受けた大影響

ウラの前回記事⇒当たり役と時代の荒波の飲み込まれてから10年後の奇跡


関連記事
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 佐伯清, 牧野由多可, 旗本退屈男, 赤西蠣太, 志賀直哉, 遠山の金さんシリーズ, 佐々木小次郎, 宮本武蔵, 伊丹万作, 片岡千恵蔵,

[ 2018/06/28 07:25 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(7)
名優・加藤剛の死VS台風の災害情報の途方のない勝負
連日の報道で感じるが加藤剛の死はやはり台風の災害情報には遠く及ばない。死んだ人間よりは生きている国民生活に大きな影響がある災害情報は最優先だからだ。加藤剛は1960年代からテレビドラマの黄金期に主演でいくつかの代表作があった名優だが、台風情報で死の情報の多くが吹き飛んでしまった。運が悪い時期に公表された。
[ 2018/07/11 11:00 ] [ 編集 ]
セーラームーンの初代ちびうさが登場
文化放送のラジオに美少女戦士セーラームーンのちびうさ(初代)が当たり役の荒木香衣(旧名荒木香恵)が出てた。あまりラジオに出ていない人なので地声しゃべりは初めて聞いた。声優養成所で後身を指導の仕事も多いようで、旧芸名の荒木香恵の印象が強いです。初期にはセーラームーンの主人公の月野うさぎ(全体は三石琴乃)の代役もやっていました。


良くも悪くもすっかりベテランさんのお声でした。
[ 2018/07/08 20:37 ] [ 編集 ]
タイの少年のニュースに隠された電通と松井珠理奈騒動の闇
タイの少年たちが閉じ込められたニュースをテレビなどのマスコミが過剰に報道。なぜと思う。日本人に関係ない話からである。もちろんかわいそうであるが関係ない話。こんな少年たちがかわいそうニュースは海外にはいくらでもある。なのにどうしてマスコミはとうまわしmこんな暴走をしたのだろう。

遠まわしの五輪の高揚やサッカーワールドカップの盛り上げだろうか。、そう少年たちはサッカーをやっていたというのだ。ワールドカップと関連がある。それとタイと日本というと松井珠理奈の騒動がある。松井珠理奈がタイのAKBの姉妹グループの子に日本語でしゃべれなどの強要の非道行為をしたというのだ、電通の秋元やAKB広告の擁護で日本ではほぼ報じられていない。

これはタイ国内で批判されて大きな騒ぎになったという。タイのことを日本で取り上げることで注目させることで、あちらに投資家や企業など日本からお金が落ちやすくさせ、事実上の「勘弁してねアピール」のようにも感じる。


松井珠理奈の騒動の電通なりのタイへの謝罪とWCの高揚、五輪の盛り上げが隠されているように感じた。
[ 2018/07/08 10:45 ] [ 編集 ]
2ー0の奇跡のリードからの生き地獄 大人になれない日本代表の幼稚さと健闘の事実
対ベルギー戦 奇跡の2ー0のリードを守りきれなかった日本、やはり大人になって守備に特化すべきだったのかもしれないが、それができない幼稚なサッカーが今の日本の限界だったのかもしれない。

日本はベスト8の夢はもくずと消えたが、これまでの中で代表チームでナンバーワンであり、明らかな成長を見せたのは事実である。この健闘を称えて今後に期待したい。
[ 2018/07/03 05:03 ] [ 編集 ]
文化放送エジソンでフジテレビドラマ主題歌が流れていたイカたワケ 違和感ばねえ
文化放送のエジソンという番組でフジテレビのドラマ主題歌が流れていた。違和感ばねえ、この番組はアニメ、声優番組なのにそこまで宣伝したいのか、フジテレビ!!

文化放送はフジサンケイグループなのです。なのでたまに勘違い企画が多いです。しかも実写映画のスター・ウォーズの宣伝とか、アニメというよりは実写ですからねwこれも場違い企画です。さらに箱番組のライブミーは中国の配信サイトです。素人出演と大西SEがひどいw

文化放送=フジテレビジョンと共に、フジサンケイグループに属する。なので秋元康関連のアイドルの番組が多くやっている所もあります。もちろんニッポン放送もフジサンケイグループに属します。
[ 2018/07/01 06:24 ] [ 編集 ]
日本としてはこれで良い 致し方ない負けの2位通過
善否分かれる試合。監督のスタメン起用には疑問でした。

ベスト16がかかる状況なので、日本の最後の消極的な負けてのままで良いもう責めないパス回しは個人的には致し方ないと感じています。サッカーに詳しくない人は批判するでしょうが、これもサッカーの奥深さであり、これも確実な戦略なのです。

カード差ポイントでセネガルを上回って2位通過できるので、コロンビアの勝利を確信して逃げ試合しましたから、日本は格上のポーランドの固いガードの前に同点の可能性は低い状況だったし、日本としての終盤はこれで良い、致し方ない負けの2位通過です。
[ 2018/06/29 01:02 ] [ 編集 ]
フジテレビは何もできない視聴者をガンガン煽りまくる演出の伝統芸
3戦目、直前コメント。フジテレビは何もできない視聴者をガンガン煽りまくるなあ。めちゃくちゃやりすぎ、正確には応援はできるわけですが、やたら煽りまくる。ここまでテレビが煽ってなにがしたいと聞きたくなる。もちろんカウントダウン演出も平気で断行、

CMはなぜか綾瀬はるかも連続登場wお前は女優の方が評価される殻の理由の皮を被ったCMタレント、果たして電通サッカー部の茶番で終るのか、それともベスト16に滑り込めるのか、2連敗のチームはこの前の韓国などのように異様にふっきれて切るケースが多い。そこで実力どうりに力を出されると・・・そこが怖さですね。
[ 2018/06/28 22:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち