FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前3代の大河ドラマに迫る最大の魔の手を切り裂く刃

大河は始まりましたね。もう少ししてから書く予定でしたが、2話の時点でのなんとなくか部分書いちゃいます。
一言で言うと「意外と悪くない」というのが印象です。
大河ドラマというと近年内容も視聴率も低迷しています。

2013の綾瀬はるか主演の「八重の桜」の平均視聴率が全50話で14.6%(歴代ワースト4)
2012の松山ケンイチ主演の平均視聴率が全50話で「平清盛」は12.0%(歴代ワースト1)


2013ナンバーワンの「半沢直樹」からすると10%以上の落ち込みよう。年間の作品でも上位には来ません。
「平清盛」は松山ケンイチもたの俳優も空回りが目立ち芝居も無理でした。松山ケンイチの仕事も激減。駄作への1年主演は恥さらし的で大河ドラマのネーム力・ブランド力さえ落としてしまいました。

伊東四朗松田聖子も空回りしていた印象も残る。12月に終了した伊東四朗の「リーガル・ハイ」のゲスト芝居はよかったんですけど、ベテランでも外すケースもあります。「リーガル・ハイ」についても書こうか悩んだのですがタイミングがつかめずにかけませんでした。ごめんなさい。それなりによかったというのが事実です。「リーガル・ハイ」の最終回はわたし的にはNOです。

話は戻しますが「平清盛」と「八重の桜」は俳優の機能という意味で、近いところはありましたが周りの俳優がそれなりな機能を見せたけど、主役が会わない幹事が1年続くという異例な内容でした。「平清盛」は回りも主役の空回りは多々ありました、しかし綾瀬はるかと松山ケンイチはぜんぜん違う。

去年の「八重の桜」の影響を受けても綾瀬はるかの好感度はそれほど変わらないでしょう。企業的には使用価値は変わらないだからCM女優としても今後もやれそう。紅白でもその天然さでミスを連発でも、評価もされました。私も見ていましたが相変わらずですね。悪く思わせない性格は同姓からの人気が物語るものです。まさにイメージ女優。タレントだと安く見られるため女優をやっている感じです。女優としては評価できるレベルではないですが、綾瀬はるか自体はわたしも嫌いではありません。

1994年の三田佳子主演の「花の乱」も見ていますが、内容はそれほど悪いわけではありませんでした。
1968年の北大路欣也主演の「竜馬がゆく」もアーカイブスで現存回を見ていますが、内容は「八重の桜」や「平清盛」よりも断然上だと思います。当時はSNSで視聴率を上げるというテレビ局の戦略もない時代。ケータイもパソコンやブログでも発信もない。だから数字が低い=内容ではないのです。しかし今は数字=内容は大きいと思う。

1968年の北大路欣也主演の全52話で「竜馬がゆく」14.5(歴代ワースト3)
1994年の三田佳子主演の全37話で「花の乱」平均視聴率14.1(歴代ワースト2)

わたしは大河ドラマは時代劇ではないと思うのです。大河ドラマというジャンルなんです。だから現代や近代がもっとあってもよい。今回の「軍師官兵衛」は18.9%という前作「八重の桜」の21.4%からすると落ちましたが、内容はけしてそうでもない。確かに地味ではある。それは否みない。オープニング映像と曲が地味です。前作のオープニング映像はわたし的にはだめでした。最後の傘いらないと思う。視聴者への変な媚売りのように見えて、ちゃめっけが空回りでした。

「八重の桜」はただ好感度が高い綾瀬はるかという話題性で初回が最高視聴率。
「軍師官兵衛」はV6の岡田准一ですが、はたしてどうなるのでしょうか?

次回記事でさらに迫ります。


関連記事
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2014/01/12 22:51 ] 大河解釈 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。