ドラのいつどこでも ドラマ思想展開

 「おはよう~こんにちわ!こんばんわ!おやすなさい~」なチワワなドラ10年以上前くらいからCS(スカパー)でドラマ見てます。かなりの作品500タイトル以上観てきました。1960年代~70年代のドラマが特に好きです。

浮気がうまい名脚本家 一筋かと思いきや、やってた!やってた!

本題は後編へ続くからの続編
前回の記事


「浮気がうまい名脚本家 一筋かと思いきや、やってた!やってた!」と題して書いてみます。

葉村彰子のことを書いたので、結束信二のことも書きます。
結束信二が1965年名作「新撰組血風録」を書き、「素浪人 月影兵庫」全2シリーズ(重要な1-1話などに時々参加)1966~69年の名作「俺は用心棒」全4シリーズ、1969年の名作「ああ忠臣蔵」(これはチーフ参加)1970年の名作「燃えよ剣」1971年「軍兵衛目安箱」他、が主な作品にあります。全話脚本も多い それが特徴とも言えるでしょう。

結束信二は東映の時代劇映画メインで160本弱の作品を書き(映画の代表作に近衛十四郎の「柳生武芸帳シリーズ(全部でないが1作目など含むメイン)」市川右太衛門の「旗本退屈男シリーズ(戦後シリーズの終盤のみ)」や若山富三郎の「人形佐七捕物帳シリーズ(東映移行後作のみ)」や片岡千恵東千代之介中村錦之助の主演作など多数)そして映画時代に多くコンビを組んでいた河野寿一(じゅいち)監督とテレビドラマ界へ進出。65~73年までをメインに活躍した日本を代表する時代劇ドラマや時代劇映画の脚本家の一人。73年以降は後進の指導やん内容一番よいころの松平健の「暴れん坊将軍シリーズ」初期のゲスト脚本家として度々参加。ずっと東映一筋かと思いきや松竹・歌舞伎座テレビ製作の1980年「斬り捨て御免」(中村吉右衛門の主演の秀作時代劇ドラマ)の第1シリ-ズのみにも、1,2話などのチーフで参加していました。あまりきづかれないことに生涯”東映一筋”だけではなく、歌舞伎座テレビへ浮気していたんですw
慶応四年新選組

結束信二は葉村彰子のように大衆受けというよりは、時代劇ファン向けの時代劇ドラマで大成功を収めました。今観ると映画の経験が大きいのか引き出しの多さに驚きます。今でも根強いファンが多い人です。
知名度はマスゴミに売名されていなくてありがたい限りです。70年代から80年代に続くテレビ時代劇のスタイルと創った脚本家(特に東映の)でもあります。影響は東映以外へもあります。
「新選組血風録」シナリオ集


お分かりでしょうか?ドラマを語るには映画のことそれなりに知らなきゃならないんです。
やっとのことで、葉村彰子の「徳川三国志」の戻ります。源作は柴田錬三郎で「徳川三国志」は基本1話完結中心で全話通しての流れもつづくというスタイルで「江戸を斬る」シリーズと近い癖や設定やパターンがあります。娯楽要素がある大道な東映の時代劇ドラマらしくでところどころに大きな見せ場を毎回設けています。「徳川三国志」1話はやはり力を感じました。幕府を守る側の松平伊豆守松方弘樹)と幕府転覆させたい由比正雪中村敦夫)の闘いの日々を豪華なキャストやサブの話を交えて力から強くテンポよく描いています。

中村敦夫は「木枯らし紋次郎」2シリーズ消化後で勢いがあるときでした。

ちなみに葉村彰子は脚本家団体のペンネームですが、結束信二は個人名です。
ドラ的には「大岡越前」は1部~4部までが一番です。正直4部以降は繰り返しやマンネリ化や俳優の全体レベルなどの多くの要素が落ちてきてきついですw
内容的の1番は一部,2位は二部,3位は四と三部同じくらい。



徳川三国志 (文春文庫)
ドラマの「徳川三国志」は未レンタル&未商品化作品です。
関連記事
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
早めに帰宅。ちょくちょくブログいじりましたー。しばらくしたら記事公開します。
[ 2013/09/03 16:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

タグクラウド

過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

ドラの最近記事
ドラの生き様(全記事)
旅立ち