FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【パクリ疑惑】隠れた秀作『剣と風と子守唄』と有名作『子連れ狼』の交差点


【パクリ疑惑】隠れた秀作『剣と風と子守唄』と有名作『子連れ狼』の交差点と題して今回は展開していきます。どんな作品でも影響はある、それが真似になるのかの判断もさまざまです。テレビドラマに関してはどこからどの範囲からがパクリ含まれるのでしょうか。




ナンバーワンが『剣と風と子守唄』で『大忠臣蔵(1971)』じゃないワケ




チワワドラとしては三船敏郎のドラマの中では『剣と風と子守唄』が一番かもしれません。『大忠臣蔵(1971)』は豪華キャスト、内容的にも部分的には良いのですが、話数ごとの良し悪しのムラが激しい、無駄な話数も多いと感じてしまい、バランスの悪さも評価できず、個人的にはトップには挙げられません。ちなみに『大忠臣蔵(1971)』は民放初の大河形式のテレビドラマではありません。とある再放送をしていたBSの放送局が嘘をついていて衝撃を受けました。ドラマのことを理解できていない方々なのでしょう。

ちなみに『大忠臣蔵』は戦後の松竹時代劇映画のトップ巨匠の大曾根辰夫により、1957年の松竹映画のオールスターなどの同タイトルが作られており、『大忠臣蔵(1957)』、『大忠臣蔵(1971)』のように年数で区別化しています。


*大曾根辰夫(別名は大曾根辰保)は、1934~1962にかけて、100作近い映画を監督し、特に戦後は多額な制作費を投じた松竹の時代劇映画で多くのオールスター映画を監督したことでも知られています。




  ↓  映画のことが多いので別リンク  ↓
【映画残念物語】テレビが無視する松竹時代劇映画の巨匠たちの秘め蜜をつっつけ
・現在ではきちんとメディアが伝えていないため、忘れさられた時代劇映画の巨匠・大曾根辰夫が登場






剣と風と子守唄』と『子連れ狼』それから『長崎犯科帳』の奇跡のトリプル




剣と風と子守唄』は三船プロの製作のテレビドラマの中ではどちらかといえば知名度は低めなワケですが、三船敏郎の映画時代のライバルであり、東映映画の大スター萬屋錦之介のテレビドラマの最大の代表作とされることが多い『子連れ狼』の影響を受けた子役をレギュラーで登場させる設定も印象に残ります。萬屋錦之介というと『子連れ狼』のほうが作品全体としては優れているとは考えていますが、俳優としては1976『長崎犯科帳』のほうが萬屋錦之介の明朗さや活発さ、時々見せる異常な凄みのギャップなど、個性と魅力が十分に出ている気がして好きだったりします。


長崎犯科帳 [レンタル落ち] 全7巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
長崎犯科帳 全7巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]








【パクリ疑惑】隠れた秀作『剣と風と子守唄』と有名作『子連れ狼』の交差点





<両作の放送順>
・『子連れ狼』 テレビドラマの最初の萬屋錦之介版は1973年から1976年まで全3シリーズに分けて放送
・『剣と風と子守唄』 1975年に放送


『子連れ狼』は男の子でしたが、『剣と風と子守唄』は女の子、1970年代に子役で輝いた斉藤こずえを起用、子供のことは大切に考えながらも自分の生き方を模索する男性的な無骨で無口、破天荒な父親と、幼いながら健気に父親を一番に気遣う少女とのギャップの引き立ても魅力の一つでした。『子連れ狼』は父と子が一緒なことが全体的に多いですが、『剣と風と子守唄』はバラバラに旅をしていることも多いのが特徴でもあり、中村敦夫の演じる三船敏郎のお庭番時代の元部下が事実上の子守りをしているのも特徴的です。

三船敏郎の公儀を裏切って旅を続ける姿勢に疑問を持ちながらも、共感を持って付いて行く、矛盾のある互いの関係もありました。
また、毎話のように三船敏郎の父と子が再会することも特徴です。


人魚亭異聞 無法街の素浪人 DVD-BOX 第1巻
人魚亭異聞 無法街の素浪人 DVD-BOX 第1巻




このドラマ『人魚亭異聞 無法街の素浪人』も昔視聴しています。いわゆる三船敏郎の主演のテレビドラマの代表作といわれる『荒野の素浪人』からスタートした「素浪人シリーズ」に含まれる一つです。西部劇要素を取り入れ、主人公と張り合いながらも協力することが多い拳銃を使うガンマンの若林豪とヒロイン的存在の踊り子の小川真由美、喜劇演技を求められた大村崑などが出演。チワワドラは10年ほど前にCS放送で全話視聴しています。



『剣と風と子守唄』の3名優の共演 三船敏郎と伊藤雄之助沢村貞子






『剣と風と子守唄』のゲストでは三船敏郎の映画時代に共演の多く、怪優ともいわれる個性的な演技を追求した伊藤雄之助と歴代助演女優の代表作の沢村貞子が夫婦役で出演していた話数は特に印象の残ります。三船敏郎と伊藤雄之助沢村貞子の3名優の共演シーンは映像は迫力の厚みがありました。

他のテレビドラマにも多くあることですが、内容が良いのみの話数は忘れてしまうことが多いですが、ゲストで覚えていることは多いものです。モノクロの『月影兵庫』や初期の『大岡越前』、第1~第2シリーズの『非情のライセンス』の初期も印象に残るゲストで覚えていることがあります。(第3は大きなゲストはいない)



『剣と風と子守唄』の最終回のゲストの志村喬はそれまでも登場していますが、セミレギュラーほどの登場回数ではなく、ゲストと考えて良いと思います。この志村喬は三船敏郎の”元上司と元部下の関係”であり、現在は対立関係の”命を狙われる側と狙う側”設定も印象の残る部分です。この志村喬と三船敏郎の共演というのは映画時代でも多く共演している盟友同士でもあり、東宝映画の先輩と後輩、それも回想しながらこの『剣と風と子守唄』の互いが視聴できます。



小林亜星・TVサントラ・アンソロジー
テレビ主題歌 岡本南 高倉健 ダ・カーポ 小林亜星 いけだももこ
テイチクエンタテインメント (2003-06-25)
売り上げランキング: 240,932

『剣と風と子守唄』はCSで何度か再放送され、チワワドラはDVDに全話数を録画しています。残安ながら商品化されていないようです。ですが、小林亜星・TVサントラ・アンソロジーで聴くことができ、雰囲気をすることが可能です。



今回の裏通り⇒『剣と風と子守唄』と『子連れ狼』を彩るハードボイルドと純真さの大ギャップ




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 剣と風と子守唄, 大忠臣蔵(1971), 長崎犯科帳, 萬屋錦之介, 斉藤こずえ, 子連れ狼, 伊藤雄之助, 沢村貞子, 志村喬, 三船敏郎,

関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/02/28 00:00 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。