ドラのいつどこでも ドラマ思想展開

 「おはよう~こんにちわ!こんばんわ!おやすなさい~」なチワワなドラ10年以上前くらいからCS(スカパー)でドラマ見てます。かなりの作品500タイトル以上観てきました。1960年代~70年代のドラマが特に好きです。

さらば、2014!!レアドラマ探検隊が歴代”日曜劇場”と大接触

数多くのドラマを見てきているとたびたび脳裏に蘇るドラマってあります。6,7年前に録画して数年前に見たとあるドラマが今も忘れられません。個人的に名作ドラマに認定をしているドラマです。レアドラマでもあります。その前に、この事を話さなければなりません。”日曜劇場”というキーワードです。

TBS系列で放送された”東芝日曜劇場”は形を変えて、今も”連続ドラマの時代”として続いています。単独のスポンサーであった東芝が降板して、正式に”日曜劇場”と名称が変更されました。変更以後の最近は2013年に「半沢直樹」がヒット作したことも記憶に新しい限りです。しかし、今のような連続ドラマ形式ではない時代がありました。

それは1993年代までの”東芝日曜劇場”が”1話完結式の時代”です。数多くの秀作や名作がある中でも、主な代表作でいうと、池内淳子が主演した名作ドラマの「女の味噌汁」や吉永小百合杉村春子のダブルメインによる「下町の女」、杉村春子が主演の「女の家」など、定期的に単発で放送されたシリーズ作品も有名です。1956年から1993年まで、37年間にわかって1話完結式の時代が続きました。今回取り上げるのは定期的に単発で放送された「女の味噌汁」などのシリーズ作品ではない。純粋な単発作品になります。

テレビドラマ全盛期の「ありがとうシリーズ」や「肝っ玉かあさんシリーズ」、「女の味噌汁」などで知られ、時代小説家でも「御宿かわせみ」などの代表作がある名脚本家の時代を持つ平岩弓枝が脚本を勤め、
岸辺のアルバム」「ふぞろいの林檎たち」(1から3シリーズ)や「高校教師(1993)」などで知られる名演出家の鴨下信一が演出を担当。1970年代の有名な名作です。鴨下信一だけではなく、八千草薫のドラマの代表作でもあり、山田太一の代表作の一つでもあります。ここで取り上げてる数多くの作品は、ドラはほとんど見ています。見れなきゃ書けないですw岸辺のアルバム DVD-BOX


平岩弓枝とのコンビで同じく「ありがとうシリーズ」や「肝っ玉かあさんシリーズ」、「女の味噌汁」、名脚本家である橋田壽賀子とのコンビでは「渡る世間は鬼ばかりシリーズ」なども手がけた石井ふく子。大プロデューサーであり、日本の歴代のテレビドラマを代表するプロデューサーです。
そして、「新選組血風録(1965)」や「俺は用心棒」から始まる”用心棒全4シリーズ”や”昭和の大奥3部作の「大奥(1968)」、「大坂城の女」「徳川おんな絵巻」、「眠狂四郎(1972・ドラマ版)」「子連れ狼(ドラマ版・1972~76)」 全3シリーズ、「非情のライセンス」全3シリーズなどドラマだけでも数多くの代表作がある名音楽家の渡辺岳夫、この日本のドラマの全盛期に活躍した”名人物の4名”が揃ったドラマが存在しています。

今回が2014年の最後の公開となります。来年も他の人が取り上げないような、独自なドラマブログを形成していけたらと思います。2015年も応援、よろしくお願いします。ドラ、より~。

励みに↓のクリックもよろしく。 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2014/12/25 23:45 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)

潰れたはらわたの中に秘められた光~佐々木昭一郎の今

芸術的なドラマって世の中にあまり多くありません。ドラマは基本、娯楽作であるからです。その基本とさん然と立ち向かった男の背中を感じることができます。その果てには光があった。

佐々木昭一郎はNHKのディレクター時代は多くのドラマの演出を手がけ、ギャラクシー賞を1度受賞するだけでも大きな出来事なんですが、多数のドラマに関わる賞を受賞しました。日本よりは特に、ヨーロッパで評価されていることがわかります。ヨーロッパというえば芸術を高く評価してくれる国、日本では大衆的な評価は受けなくてもヨーロッパは高く評価してくれるケースでもあるんです。また日本のドラマのディレクター、演出家、監督に属する人の中ではもっとも評価されてる人になります。そんな大人物です。ただの平ディレクターでないので、NHKを”はらわた”からぶち壊した偉大なるテレビドラマディレクターともいえるでしょう。

特徴はドラなりな解釈で書かせていただきます。
・基本は幻想的で詩的作風である。
・詩的なセリフや展開を多くする。
・俳優は主に素人である。
・ドキュメンタリータッチである
・音楽はクラシック系を多用する傾向がある。



佐々木作品を見て知り合いになった韓国人女性を主人公にした「ミンヨン 倍音の法則」にて佐々木昭一郎監督は2014年に78歳にて映画監督デビューしました。NHKBSプレミアムでドキュメンタリー番組「“伝説”の映像作家 佐々木昭一郎 創る現場」が放送され、ドラは見ました。内容は普通なドキュメンタリーでした。いわゆる処女作となる「ミンヨン 倍音の法則」の撮影を追う内容が中心となっています。素人で女優として佐々木作品に出演していた中尾幸世のちょっとだけ出演していて、最近の彼女の映像を見るだけでも価値はあったのではないかと思います。ほんと変わらない。年は誰しも取るものですが、 「夢の島少女」(1974年)などに代表される、あの頃の映像の中の彼女のまま年を重ねていたのです。興味がある方はNHKのアーカイブで見れるかもしれないので探してみると良いと思います。

内容は下のリンクの映画の方にも映画をメインに書いています。
映画ブログへは「佐々木昭一郎と吉田喜重「多数ある共通点の謎」(1)」のページへ続く(←リンクで飛べます) にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2014/12/05 18:19 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
タグクラウド

過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

ドラの最近記事
ドラの生き様(全記事)
旅立ち