チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

名脚本家と宇津井健のシークレット部隊に隠された秘密

「たんぽぽ」の前に大映ドラマに出演したのが「シークレット部隊」というドラマです。これはもちろん全話を見ています。宇津井健の主演、主演には主演的な立場(リーダー)も継承し「ザ・ガードマン」の流れを受けたドラマでスタッフやキャストも多くを引き継いでいます。舞台となる仕事は、「ザ・ガードマン」の犯罪などの警備業から、「シークレット部隊」の犯罪などの調査機関という似てるような違うような、ややこしいのですが、「ザ・ガードマン」との違いを付けたいからこうしたのです。

「ザ・ガードマン」が1971年12月末に終了して「シークレット部隊」は1972年4月にスタートしました。3ヶ月の休養気にかかる。音楽が名音楽家の渡辺岳夫だったことは正直忘れていました。そういえば「ザ・ガードマン」といえば音楽は山内正、作品の終了の間際は渡辺岳夫でした。

注目したトータル的「ザ・ガードマン」から「シークレット部隊」大きな変更点
音楽・山内正⇒渡辺岳夫(1)
ナレーター・芥川隆行⇒城達也(2)

(1)細かくは、山内正、大塩潤⇒渡辺岳夫
(2)オープニングは城達也に交代したものの、予告ナレーションは芥川隆行のままです。

「シークレット部隊」は山浦弘靖という脚本家が重要な関わりを持ッています。「ザ・ガードマン」への参加は50話以降からですが少なめです。作品の終了間際は山浦弘靖がちょくちょく脚本で参加しています。参加自体もある意味「シークレット部隊」への引継ぎといえます。
こういうものも手がけていたんです。
1975年からスタートする同じく大映ドラマ(=大映テレビ室)の「夜明けの刑事」などの坂上二郎が主演の刑事ドラマシリーズ。特に「夜明けの刑事」のチーフ脚本でも知られる山浦弘靖が「シークレット部隊」チーフ的な脚本家の役割を果たしています。チーフなどは、表記には出ませんがいろいろな作品で存在しています。それを探るのもドラマの面白さだと思います。

山浦弘靖は「シークレット部隊」の全26話中、計8話を担当して1話以外も26話(最終回)も手がけています。数字からしてもチーフ的な役割を果たしていることがわかります。この人は、東映のテレビアニメの大ヒット作「マジンガーZ」の脚本にも途中から携わっていて、ドラマやアニメなど当時ではマルチな脚本家の顔も持ち合わせています。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
関連記事
[ 2014/09/26 18:35 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)

宇津井健の両手に花!火花を散らす2大女優の行方は今いずこ

ドラマの「たんぽぽ」は、日本テレビ系で放送され、橋田壽賀子が脚本です。橋田壽賀子がザ・ガードマンでアクション的路線のイメージが着いた宇津井健に別な方向でのイメージを提案し、橋田壽賀子=ホームドラマ路線(当時はそこまでホームドラマのイメージは出来上がっていませんでした)であったため、その起用が決まったようです。宇津井健の側も路線変更への挑戦に応じて作品が作られだしました。

「たんぽぽ」は1973~1978年までの5年間に5シリーズ作られ、計126話という放送期間と総話数で、5シリーズとも杉村春子と共演しています。
・第1シリーズ 1973~74年 22話
・第2シリーズ 1975 29話
・第3シリーズ 1976 23話
・第4シリーズ 1977 26話
・第5シリーズ 1978 26話


126話かなりなの話数量です。日本テレビは全盛期のドラマ作品を残していないため問題があるテレビ局です。今回のことでもその問題点が浮き彫りになってしまったと思わないわけにはいきません。
この中で一番気になるのは、山田五十鈴杉村春子が共演してる点です。映画の歴代の大女優と舞台のナンバーワン女優の共演は考えるだけでもくらげの毒のようにしびれます。珍しいのでぜひ見たくなるもんです。
今回の山田五十鈴に関わることは、偶然ながら映画のほうでも書いています。興味がある方はよければ⇒雷鳴のようにとどろいた伝説の俳優の隠された秘密を紐解く独自解釈
宝塚の俳優のような顔立ち。デビュー当時の山田五十鈴は日活の時代劇に多く出ていて、若き日の映画の大スター・大河内傳次郎片岡千恵蔵の脇役として共演していました。


共演者は1~5 音無美紀子、杉村春子、長山藍子
2~5 林隆三 3、5 松原智恵子
1 藤岡琢也、ミヤコ蝶々、中原ひとみ、松山英太郎
3 金田龍之介
4 和泉雅子、浜木綿子
5 山田五十鈴 など

当時、人気が出た若手系の俳優なども起用しています。
たとえば、1 あおい輝彦 2 田中健、柴俊夫 3 小倉一郎、桜木健一、5 坂口良子、
子役・2~3 斎藤こず恵、3 坂上忍

この「たんぽぽ」でも、のちにマスメディアによりいわれだした、いわゆる橋田ファミリーが出演しています。杉村春子も橋田作品にはいくつか出ていますが、長山藍子や藤岡琢也などでしょう。作品が残っているならCSチャンネルの日本テレプラスで放送してほしいものです。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
関連記事
[ 2014/09/01 21:32 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(歴代トップ6の意味、時代劇形成の戦前1930年代に活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映の片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、大映の長谷川一夫は各社のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、テレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち