FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

大俳優・宇津井健の真実。ようやくパンドラの箱が開かれる!

宇津井健という人は長年にわたり活躍しました。大俳優の中に入れて良いとは思います。亡くなってから早1ヶ月以上経過して、最近にようやく整理がつきました。亡くなった数日間は放心状態でした。ほんと、こういうときにドラマファンなんだと自負します。

2012年のドラマランキングがめちゃくちゃ遅れ気味ですが、その痕跡をたたえて”宇津井健の特集”していこうと思います。ちなみに今回は第1回目として、ドラと宇津井健との関わりから入りたいと思います。

ドラと宇津井健は長い付き合いです。ドラがスカパーに加入した14年前から宇津井健は見ていました。最初は時間軸的には、ザ・ガードマンですねースカパーでは現存する全ての話数を長年掛けてスカパーのTBSチャンネルで数年前までは放送していました。週1話ずつ放送していたんです。当時のTBSチャンネルは今のように2チャンネルではなくて、1チャンネルの時代でした。ザ・ガードマンは全350話ありますが、欠番の話数以外はほとんど見ています。しかし、記憶は薄れてきます。
DVD出ていたんですね。知りませんでした!

外部話で恐縮ですが、”宇津井健の映画”については、こちらでしばらくしたら書こうと思います。⇒映画道を極める一直線女子←ドラマのドラの方とコラボさせるのも面白いかと思っています。ドラマのこともたまに出てきますんで、独自でDEEPにやっています。勉強になると思いますよ、よければご覧になってください⇒映画道を極める一直線女子

1番印象に残るのはやっぱり日本歴代のナンバーワン歌手であり、女優でもかなり活躍した美空ひばりのゲストの回になってしまいます。すでに、カラーになっていた頃で、1970年の美空ひばりがゲストの回は、史上歴代3位となる39.9%を記録していたようです。実は、美空ひばりでさえも、1位ではないんです。1位や2位はどんな回なんでしょうか?未だ謎のままで闇の中をさまよう不明です。言い換えれば、今やドラマ史に残る伝説のエピソードです。
宇津井健といえば日本B級映画の巨匠とも名監督とも言われる石井輝男との映画時代(新東宝)のコンビ作。地帯 (ライン)シリーズ。宇津井健は4作中で1作だけですが、面白い作品ですよ。

美空ひばりと仲が良かった中村メイコも同時にゲストに出ていました。美空ひばりが出ていただけでも、印象の残る名回です。美空ひばりはドラマ主演は、連続ドラマではなかったのですが、単発ではいくつかありました。ゲストは、映画の時代に東映に在籍していたこともあって、東映の時代劇ドラマには、1969~1972年の範囲で多く出ています。
あれ・・宇津井健の話があんまり出てこない・・

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
関連記事
[ 2014/04/28 14:18 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち