ドラのいつどこでも ドラマ思想展開

 「おはよう~こんにちわ!こんばんわ!おやすなさい~」なチワワなドラ10年以上前くらいからCS(スカパー)でドラマ見てます。かなりの作品500タイトル以上観てきました。1960年代~70年代のドラマが特に好きです。

今だから「怪談モノ」に親しむ。何度でも見れる深き味わい。

怪談ものの味わい。


去年から1972年製作の怪談モノドラマを見ています。
今前でも怪談モノのドラマシリーズいくつか見ています。

たとえば、1971年の「日本怪談劇場」と、この「怪談(1972)」以前も見ています。「恐怖劇場アンバランス」という円谷プロ製作のホラーモノもハイビジョン版で数年前に見ました。「怪談(1972)」は以前では、9話の「新撰組 呪いの血しぶき」という回が一番印象に残ります。創作で新撰組と怪談を絡めた話数で、怪談映画の巨匠・中川信夫が監督を担当しまさに名作の回です。終盤のどうしようもなさが今でも覚えています。1960年代ドラマではトップクラスの活躍をした大瀬康一がストーリーテラーを勤めています。

今回10年ぶりくらいに観ています。以前見たものをなぜ・・・。なぜかというとハイビジョン版で最近放送されたからです。ブルーレイに録画したモノを観ています。DVDだと画質が悪いですからね。以前は9話と最終回の印象しかありませんでしたが、ドラマってまた見直すと面白いです。内容は、今のドラマでは作り出せない域に達っしる回が数話あります。今回は1話と2話ですね。今回1話と2話を見直してみて、以前の記憶が消えていたのがわかり衝撃でした。

1話は天知茂で四谷怪談、2話は高田美和で牡丹燈籠。1話は天知茂の空気感を軸の形成された内容。脇役の名優・殿山泰司がすばらしい機能を果たしていました。2話は田村亮がどちらかといえば主役で進行していくのですが味わいはなく、高田美和へ寄りで、内容の空気感を形成しています。2話の脚本は映画監督の冬島泰三(松竹や大映などで長谷川一夫(林長二郎時代もあり)高田浩吉、尾上菊太郎など、大スター主演の映画や脚本を手がけた名監督に近い方です)


田村亮に田村正和と阪妻感じちゃいました。(阪東妻三郎)声がところどころ田村正和のようで阪妻の面影も感じつつ、田村高広にも似てるような不思議な感覚。
DVDはわかりやすくするためか、怪談シリーズ扱いされています。ちなみにDVDはハイビジョン版ではありません

怪談というのはホラーよりも好きです。ホラーはエンタメだからです。視聴者を驚かせるを主に作られてるのがホラー。仕掛けや一時的衝撃など、怪談はというと、幽霊や人間の基にある精神的部分に踏み込み、不透明な美学を追求する明確にしすぎず考えさせ、なおかつ満足させ、さらに時代に左右されない普遍的である。。世界に誇る作品群が怪談だと思います。ホラーで満足してる人は、失礼ながらお子ちゃまなわけです。

高田美和がすばらしいです。芝居の気持ちの入れ具合や感情の投入指し加減、なおかつ姿が定着する。今の女優では無理なレベルです。ドラマでは久々に感動しちゃいました。とあるドラマの杉村春子以来です。今の女優とは数段レベルが違います。

2話は恨みで主人公を殺す内容ではない。生前に恋焦がれた男に会う寸前に辱めを受け命を自ら落としたお露に悲恋を描く。主人公は死んでしまいます。もう未来永劫世に生まれ変わることができないせつなさを伝えられ幽霊だとわかり、拒んだ気持ちも薄くなり、仕舞には共にお盆の最後の日に互いにあちらへ旅立つのです。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2014/03/29 21:46 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)

日本のテレビドラマを”ナンバーワン”で背負った大俳優の死。

衝撃です。日本のテレビドラマの歴史において、視聴率などの数字においても印象においても、

かなり大きい・・いや、テレビドラマの歴史上、ナンバーワンとも言える候補の俳優さんが亡くなりました。
その人の名前は宇津井健!!・・頭がからっぽになるとはまさに、

こういうことをいうんですね。

あの人はドラにも数多くの感動や衝撃を教えてくれた人です。数多くの作品の記憶が蘇り頭を苦しめます。
数多くの名作に、大ヒット作。

徐々に落ち着いたら痕跡や実積をドラなりな視点で書いていきたいと思います。もちろん映画時代から活躍はしていたのですが、映画スターとしては、数いる中のただ一人。

しかしドラマへと出演し始め60年中盤から70年代、80年代前半において、特に現代劇においてはこの人は石立鉄男と共にナンバーワンだと思う部分が多くあります。

本当のドラマファンならわかると思いますが、宇津井健。この人はほんとにすごい人でした。心からのご冥福願います!今も心で号泣中です。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2014/03/14 23:25 ] ドラマ自体 | TB(0) | CM(0)

テレビドラマを形成した”二人の父親”に迫る①初期のドラマと映画

テレビドラマを形成した”二人の父親”に迫る。と題してたまにやっていこうと思います。


2012のドラマランキングなるものをちょくちょく書いていますが、簡単に済ますのが苦手です。なのでじっくり時間かけながらになります。たまにしか更新で来ていないのもつらい。だからしばらくお休みしていたんですが、映画の方でドラマのこと書くのも良くないですよね。ドラこと映画愛子の映画ブログです⇒映画道を極める一直線女子

歴代レベルでドラマを見る。これは大事なことです。今の作品だけ見てもドラマは理解できないからです。ドラマと映画というのは兄弟のようなものかもしれません・いえ、親戚でしょうか!そう思われます。血のつながりがある媒体であると自負しています。だからドラマのことを書くと映画のことに触れるのは必然と言えば必然です。

昔からドラマが当たると映画も作られてきました。でも、なんでも作られたわけでもないです。たとえば例を出しますと、1962年からの「穏密剣士」というドラマが大ヒット。これは一言で書くと江戸時代に忍者要素のある敵と戦う秘密の命を受けた剣士の話で、あくまで敵側が忍者なのです。全10部で128話以上作られました。1964年に「穏密剣士」「続・隠密剣士」 は東映で映画化されました。CSで放送されたこともありDVDに録画してあります。月光仮面も大ヒットしましたが「穏密剣士」よりも少し前です。「穏密剣士」よりも前の1858年からテレビ放映された「月光仮面」も大村文武主演で、映画版「月光仮面」シリーズが(1958~1959年)計6作に渡り製作させています。同じく東映です。

船床定男という監督がいてこの人が「月光仮面」「怪傑ハリマオ」そして「穏密剣士」などの1960年代を代表する大ヒット作のメイン監督を勤めていました。3本とも30分ドラマです。3本に主演した人物は大瀬康一です。テレビドラマ大スターを生み出しました。どちらかといえば子供向けドラマですが、大人が見ても面白いです。純粋な面白さの探求をしてるんです。今のドラマのような変なかっこうつけや変なエンタメもない、テレビ局や事務所やタレントにこびたつくりもしていない。

少し前に製作会社の産みの親だった宣弘社プロダクションの西村俊一やプロデューサーや社長だった小林利雄も亡くなったようです。船床定男という人は映画監督ではない人でした。初期のテレビ時代劇ドラマは特に多くが映画の巨匠監督が担当していたのです。特にTBSは映画に関係がないドラマ演出家が黎明期活躍していた例外は強くあります。

CSチャンネルのファミリー劇場で穏密剣士のHDマスター版がここ数年、今も放送されています。これも映画化されています。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2014/03/10 23:12 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
タグクラウド

過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

ドラの最近記事
ドラの生き様(全記事)
旅立ち