チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

化け物兄弟。日本の世界に知られた映画監督の名作ドラマたちはまだ存在する。

6月のドラマ。正直特集多すぎる。全部取り上げたいけど時間もない・・
その中でもドラが選んだのはこれです。

今年で生誕100年の巨匠・映画監督木下恵介

日本の世界に知られた映画監督は 小津・溝口・成瀬・黒澤・市川・木下といわれています。大島もその次にくるのかも知れません。(世界で受けても、日本だけの巨匠でも内容よさは大差在りません。)その木下恵介監督の映画の代表作は「二十四の瞳」「喜びも悲しみも幾歳月」「カルメン純情す」「楢山節考」「永遠の人」「破れ太鼓」などももろもろ在る、ドラマと木下恵介というのも、きっても切り離せないのはドラマファンならご存知でしょう?!

DSC08423.jpg


木下恵介劇場木下恵介アワー(計25シリーズ)をまとめると、まとめても木下恵介アワーというそうです。<1964~74年放映>ドラもスカパーで放送されたものは全部見ていますがその中で一番内容良いとおもうのが1966年に放送されたのが木下恵介劇場の9作目に該当する「記念樹」です。この前亡くなった馬渕晴子が主演、「二十四の瞳」など代表作が10以上在る大女優・高峰秀子の先生のように悲しみを内に秘めた役をベースにしたような役回りで、保母さんの先生と元生徒たちの過去と今を交えて悲しみ、つらさや哀愁描いた今では作れない、もうありえない本当の名作ドラマでした・・いまだにところどころの話数が忘れられません。俳優してもとしても活躍した小坂一也が歌うOPを木下恵介の実の弟でもある大音楽家・木下忠司が音楽・編曲した劇中歌が数バージョンあって回想シーンや芝居とめちゃくちゃかみ合う。以前に録画したのたまに見返したくなるw

*木下忠司は大音楽家で400以上の映画音楽を担当し(数歴代1位)、木下恵介やほか監督で多数、ドラマ音楽では「桃太郎侍」や「水戸黄門シリーズ」、「木下恵介アワー」、「木下恵介劇場」、「木下恵介・人間の歌シリーズ」、「長谷川伸シリーズ」などが主な代表作。


2番目にすきなのが木下恵介アワー3作目計13作目に該当する「おやじ太鼓」というドラマでこれはガラリ変わりホームドラマ喜劇なんです。映画「破れ太鼓」をドラマ置き換えた内容でも在ります。「破れ太鼓」は時代劇の大俳優・阪東妻三郎がすぐ怒る一家のかみなりおやじ役を演じましたが、時代劇の印象が強い脇の大名優・進藤英太郎がかみなりおやじを演じ家族や知り合いの人たちとの日々の日常を面白くうまく描いています。これも今見ても面白いというか今のドラマより内容は余裕で上です。この二つとも木下恵介自身も脚本参加しています。

なわけで、数年ぶりに「おやじ太鼓」の第1シリーズ(1は全39話)も衛星劇場で放送されていました。ひさびさでした。今回も残念ながら全て(他のドラマも)SD版でした・・HD版期待していたんだけどちょい悲しいです。

ほかにも映画では岡田茉莉子など主演で映像化した恋愛ドラマ「今年の恋」のドラマ版「今年の恋」1967年(木下恵介劇場第十作目) <加藤剛栗原小巻主演>少ない話数で全8話です。DSC08443.jpg写真だれでしょうか?第三者の所有権・著作権・プライバシー・肖像権などを侵害するため今後はおおやけ顔写真控えめにします。


中原ひとみの主演。封建的な地主の家に生まれた気性の激しい女の波乱の生涯を~明治~大正~昭和と描く一代時代物「女と刀」 1967年(木下恵介アワー1作・計11作目)なども今回も(記憶では7年ぶりくらいに)放送されます。これも今からすれば地味ですが、感覚の極まりがあってかなり印象には残ります。今ではもう作れない良いドラマでした。

*本放送の当時でも「今年の恋」(木下恵介劇場第十作目)次に放映されたのが「女と刀」 1967年(木下恵介アワー1作・計11作目)です。

ほかにも書きたいこと多く在るんですよ。
なので次回も書いちゃいます。今月は録画がドラマ異常に忙しいww




化け物兄弟は当然ながら、最上級のほめ言葉です。それだけすごいんです! にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
関連記事
[ 2013/06/19 22:42 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち