ドラのいつどこでも ドラマ思想展開

 「おはよう~こんにちわ!こんばんわ!おやすなさい~」なチワワなドラ10年以上前くらいからCS(スカパー)でドラマ見てます。かなりの作品500タイトル以上観てきました。1960年代~70年代のドラマが特に好きです。

2012視聴ドラドラマアワード ノミネート作公表。

ドラマまとめ

去年見た連続ドラマまとめて見た。単発もランキングやると思う。

~2012ノミネート作~「2012視聴ドラ・ドラマアワード(仮)」
2013のもはいっているので改めてみます。
・タイトル          ・主演     ・副系   (*)  ・放送年数 ・HDかSD
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・軍兵衛目安箱      片岡千恵蔵 大坂志郎     71年     H
・清水の次郎長(71)   竹脇無我  大木実      71年      H
・女・その愛のシリーズ  佐久間良子 林与一 (1)  73年      S
・三男三女婿一匹(第1) 森繁久彌  山岡久乃     78年     S
・徳川の女たち(1部)   松尾嘉代 久保菜穂子     80年     H
・江戸巷談 花の日本橋  藤純子  片岡千恵蔵(1)  71年     S
・半七捕物帳 (79)   尾上菊五郎 名取裕子    79年     H
・熱中時代(先生編第2) 水谷豊   船越英二     80年      S
・シャツの店        鶴田浩二  八千草薫     86年      S
・不毛地帯(79)     平幹二朗  山本陽子     79年      S
・編笠十兵衛        高橋英樹  片岡千恵蔵    74年     H
・お命頂戴         片岡孝夫  ハナ肇       81年      H
・眠狂四郎 無頼控     片岡孝夫  火野正平     83年     S
・徳川三国志        松方弘樹  中村敦夫     75年      S
・一心太助(71)     杉良太郎  音無美紀子     71年     H
・赤かぶ検事奮闘記Ⅱ  フランキー堺 春川ますみ   81年     S
・家族熟          浅丘ルリ子 三國連太郎    78年      S
・日本の戦後       佐分利信  嵐寛寿郞(1)  77年      S
・草燃える        岩下志麻  石坂浩二     79年      S
・光る崖          田宮二郎  吉永小百合    77年      S
・ジャンケンケンちゃん  宮脇康之  上田吉二郎    69年      H


計21作こんなかんじで、もちろん話数途中もあります。
もちろんどれもリアルタイムには見ていません。

並べて見るとそのころ全盛期俳優や生涯の良い俳優ばかりで改めて芸能界今終了したと思うw
このメンバーなんで言うのまでもないですが俳優だけでも、
今のよりはおもしろかったのはいうまでもありません。
(今=一番と思う方やテレビドラマの一番の全盛期を分からない方もいると思うので一応)

・タイトルの(1)は第1シリーズ
・例 清水の次郎長(71)の「71年」などは、他にも映像化がある場合のみで、年数区別。
・(*)の(1)は、オムニバスドラマでの1話意味。
・HDかSDは、視聴したのがハイビジョン版かスタンダード版かの意味
・副系は福演系の意味で「2番手俳優的意味」または作品の「トリ扱いの重要俳優」。
 2番手俳優例 清水の次郎長(71)の映画時代の方が活躍した大木実
 トリ扱い例 編笠十兵衛の超大物俳優、片岡千恵蔵
 「光る崖」だけは出番扱い的にも唯一のWキャストといえそうです。


この中から部門部門についてや説明もしていこうかと思います。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

ドラマや企画番組でいらないもの”と”いるもの

時代劇専門チャンネル」のホームページひさびさに見てきた。

放送は5年以上前にはSD版をやっていた秀作時代劇ドラマ「江戸の旋風(かぜ)」シリーズがHDでスタートします。加山雄三のドラマの代表作でもあり、第2シリーズから合流する小林桂樹露口茂的にも代表作(本家・江戸シリーズから合流の意味)録画はもちろんします。新(第4)も含むと200話以上あるけどね!
*BS版では省かれてるシーンや無駄なダメCMなどもあるのでやはりCSになります。

近衛十四郞品川隆二の名作「素浪人 花山大吉」もHD版も5月スタート予定に涙モノです!今も「右門捕物帳」(杉良太郎版)などが初HD版で放送され、あの名音楽家渡辺岳夫の名曲もよみがえっています。


 「時代劇専門チャンネル」といえば、映画時代劇ですが、「ハイビジョンで蘇る 市川雷蔵時代劇全仕事」*<ひとこと説明・大映時代劇&時代劇全盛期の大スター&演技派俳優>(計133本)という良い企画をやってくれてるスカパーの放送局です。それは評価しています。

「時代劇専門チャンネル」はフジテレビのチャンネルなんです。
日本映画専門チャンネル」もそうで子会社的な立場でしょう。

フジテレビのCS放送は「フジテレビONE」「フジテレビTWO」「フジテレビNEXT」と含めると5チャンネルがあることになる。

【夜系のお手伝い】


岩井俊二映画祭」という企画を「日本映画専門チャンネル」でやっているのですが疑問に思うことがあります。
若手の無名女優候補(女優レベルじゃない)の二人はいらないと思うwとりあえず岩井俊二に罪はない

会社フジテレビのお家の都合上で事務所との付き合いもあって無名女優候補使わされてる感じが”ありあり”で見ててつらいです。企画・番組をさらに悪くしててむちゃくちゃ無理がありそれがつらいんです。

こちらはわざわざ契約料を払い、地上波のつまらないドラマや映画やつまらないタレント俳優から逃避しているのにCSにまでこんなつまらない若手が出てる時点で萎えてしまいました。地上波と違うからCS放送の良さがあるのですファンは喜ぶのがCS放送であってほしいこれは映画専門の「日本映画専門チャンネル」だけではなく「時代劇専門チャンネル」にも言えることかも知れません。その辺を今後気をつけてほしいものです。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2013/04/20 00:00 ] 思想持論 | TB(0) | CM(1)

10部門ランキングと視聴率

去年の見たドラマランキングなる物を恥ずかしながらやっ手見ようかと思います。


ランキング考えるのが好きでもあります。
主演俳優助演俳優脚本家監督(演出家)作品部門 音楽部門 単回部門
OPテーマ EDテーマ 作品部門
 の計10部門を決めてみようと思います。

「+仕様(●^o^●)」



下書きをせず、話題作のことで松嶋菜々子のことなども書いたのですが消えてしまいましたW
簡単に書くと
視聴率高い=内容のよいはNOです。それは視聴率獲得作でも、あるからです。
わたしも10年くらい前に全300強みましたが「おしん」もそうでした。
50パーセント越えという脅威的な数字ほどではない内容のドラマ。
松嶋菜々子家政婦のミタもそうです。あれは市原悦子の「家政婦はみた!」シリーズのタイトルぱくり作という面から注目を集め、日本テレビが必死に宣伝をしまくり、宣伝にまんまと乗せられた人がみたため視聴率が異常でしたね。
広報の仕事はできたとは思いますW松嶋菜々子はいままでNHKの朝の連続テレビ小説の「ひまわり」後にご主人となる反町隆史の主演のヒロイン役で出演した「GTO」ある意味「月9」最後のヒット作(内容的に)ともいわれている「やなまとなでしこ」 そして家政婦のミタも代表作のひとつとはいえるでしょう。(ドラはやまなでが一番好きです。)
映画は代表作はゼロの松嶋菜々子です。(大河に出た物はもちろんw入りません)


本線話に戻りますが、単回部門というものの意味はわかりますか?
たとえば70年代に多い東映などの連続26話のドラマだとしたら
その中でよかった回1話なら1話がランキング入りするということになります。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

今のドラマは9割が中身がない映像だけ音声だけで偽者贅肉ドラマ

最近のドラマ観覧情報。


現在メインの映画ブログ「すとりーまーを目指して」でも書こうと思いますが
こちらも2013 4 の新年度ということでたまに書くことにしました。

見てくださる方よろしくコアなことを書きたいと思います。


4月中に2012のドラマランキングなるものを公開しようとおもいます。

現在ドラが見ているメインのドラマは

ータイトル ー 主な出演 ー 年数 -
軍兵衛目安箱 片岡千恵蔵 1971年

清水の次郎長 竹脇無我 71年

女・その愛シリーズ オムニバス 73年

三男三女婿一匹 第1シリーズ 森繁久彌 78年

徳川の女たち  松尾嘉代 80年

江戸巷談 花の日本橋 オムニバス 71年

半七捕物帳 尾上菊五郎 79年

が主です。
この辺(80年代前半まで)が純度があって一番面白いです。
90年代は内容の良さより、視聴率だけになってます。
今のドラマは9割が中身がない映像だけ音声だけで偽者贅肉ドラマです。






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  
[ 2013/04/02 18:08 ] ドラマ自体 | TB(0) | CM(0)
タグクラウド

過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

ドラの最近記事
ドラの生き様(全記事)
旅立ち