FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

3世代でなく3時代オヤジドラマ集結 田村正和の引退を巡る3大オヤジたち




ドラマ界も世の中と同様に目まぐるしくならぬ、もめまぐるしく動いています。今回は田村正和の引退情報をモチーフに独自展開をしていきます。題して「3世代でなく3時代オヤジドラマ集結 田村正和の引退を巡る3大オヤジたち」として公開させていただきます。



前回の記事テレビドラマ界のシークレット厳守 東宝と東映の公武合体の証拠を紐解くからすると大きな落差を展開させていただいております。




田村正和の引退激写公開 関してのマメ公開『オヤジぃ。』とオヤジたち





田村正和が事実上の引退宣言を行ったようで、録画の2018年4月24日分のミヤネ屋を見ました。彼は映画でデビューしましたが、あまり活躍できずにドラマ中心の活動に身を移し、特に1980年代から多くの現代劇ヒットドラマに主演してきました。2000年代の前半くらい『オヤジぃ。』というテレビドラマに主演して以降からヒット作への出演が切れてしまいましたから、ある種の潮時なのかもしれませんね。


*『オヤジぃ。』 最高視聴率28.0%(最終回) 平均視聴率24.2%(全11話のすべて20パーセント越え) 放送はTBS系列
オヤジぃ。 DVD BOX
オヤジぃ。 DVD BOX
画質が荒すぎる写真が残念です。
オヤジぃ。』は娘役の広末涼子との父と娘の微妙な関係に重点を置いていたところが印象に残ります。




映画で活躍できなかったことは心残りだとは思いますが、特に1980年代の中盤くらいから2000年までは日本のテレビドラマ界の一翼を代表しました。このドラマは田村正和風な頑固親父を演じた点は印象に残りました。

色々あるんですが、多くの中でも個人的には『うちの子にかぎって…』というドラマが印象に残りますね。このドラマから田村正和はコメディやその要素の路線の流れに入ったのではないかと考えています。またの機会に詳しく迫ることがあるでしょう。

*『うちの子にかぎって…』(TBS系列)は1984~1987年で製作され、連続は2シリーズ、単発長篇(スペシャルドラマ)が3作作られました。

実は父の阪東妻三郎も現代劇の代表作のひとつ、後の巨匠の木下恵介監督『破れ太鼓』(1949)で頑固おやじを演じています。映画やドラマ好きはやっていますが、見比べてみるとさらに面白い部分が発見できます。さらに『破れ太鼓』は『おやじ太鼓』として内容をモチーフにして東映映画で大活躍した名優の進藤英太郎主演で30分のテレビドラマが作られています。こちらも木下恵介が製作などで関与していますが良いドラマでした。



田村正和風な頑固親父を語る上で価値がある比較作品群




映画『破れ太鼓』       1949年 阪東妻三郎 松竹
テレビドラマ『おやじ太鼓』  1968~1969年 進藤英太郎 TBS系列
テレビドラマ『オヤジぃ。』   2000年 田村正和 TBS系列

*『破れ太鼓』は映画ですが一応のちへのドラマ要素があるので含めてみました。







『オヤジぃ。』のオヤジ登場 『オヤジぃ。』はこのオヤジがいなければ存在せず





木下惠介生誕100年 「破れ太鼓」 [DVD]
木下惠介生誕100年 「破れ太鼓」 [DVD]
*映画『破れ太鼓』1949年 阪東妻三郎 
阪妻と同時に写っているのはおそらくは森雅之と桂木洋子??でしょう。個人的な見解では小林トシ子ではないようです。


長男は、東宝で異色名役柄でひどい男や情けない男を演じて独特な印象を残した名優の森雅之、次男は木下惠介の弟であり、映画やドラマで数多くの名作の音楽を担当した日本を代表する大音楽家の木下忠司、三男は喜劇人であり俳優の大泉滉、長女役の小林トシ子と次女の桂木洋子は松竹の現代劇でヒロイン女優として1950年代を中心に活動、同じ若手スターの佐田啓二や鶴田浩二(東映前の松竹時代)、高橋貞二などと共演しました。


木下忠司は映画400作以上の音楽を担当する世界記録を残しています。



少しそれますが、阪東妻三郎は言うまでも無く数多くの実積を残していますが、現存版などを含めて180作ほどの主演映画が存在しています。片岡千恵蔵にように多くの世界記録はありませんし、確認している限りではゼロですが、日本映画歴代ベスト10にランクインする主演映画記録を残しています。ちなみに片岡千恵蔵の主演映画数は現存版などを含めて350作を越しています。






トリは『オヤジぃ。』のオヤジではないオヤジの登場




木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「おやじ太鼓」DVD-BOX<8枚組>
木下恵介生誕100年 木下恵介アワー「おやじ太鼓」DVD-BOX<8枚組>
*テレビドラマ『おやじ太鼓』  1968~1969年 進藤英太郎
進藤英太郎と同時に移りこんでいるのは母親役女優としても有名な風見章子です。彼女は多くのテレビドラマで母親役を演じ、印象を定着されました。



今回取り上げました映画『破れ太鼓』、テレビドラマ『おやじ太鼓』、テレビドラマ『オヤジぃ。』 の3つを比べてみると田村正和の『オヤジぃ。』に関しても面白さが倍増できるかと思います。





姉妹サイトの最新記事  ↓   ↓
【生涯無職映画監督伝説】無職を生涯貫く行き生き天国 森紅

*生涯無職映画監督伝説と書いていますが、リスペクトしていますw

映画240作の歴代大脚本家の八住利雄の知られざる扉を取り払う

*日本映画歴代3位と考えられる240作を越す映画の大脚本家はドラマへの影響も






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 田村正和, オヤジぃ。, うちの子にかぎって…, 破れ太鼓, おやじ太鼓, 広末涼子, 木下忠司, 木下惠介, 進藤英太郎, 阪東妻三郎,

関連記事
[ 2018/04/25 00:00 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)

天皇の渡辺邦男と松本常保 映画とドラマと 時代と運命と



今回は”天皇の渡辺邦男松本常保 映画とドラマと 時代と運命と”と題して展開していきます。テレビドラマ中心の映像制作会社の日本電波映画はその後、衰退の道をたどります。

関連の前回記事⇒【テレビドラマ貢献】松本常保と映画の通産42作とテレビドラマ22作の謎






天皇の渡辺と松本 映画とドラマと 時代と運命と




映画の製作者時代から渡辺邦男と縁があった松本常保は映画の『明治天皇と日露大戦争』をテレビドラマとして再映像化した『明治天皇』を映画と同様に多額の費用で製作し、これに苦しんだといわれています。1966年の第1期はテレビ映画として製作していましたが、第2期は当時のNHKや他の放送局が製作していたドラマのように比較的に予算が安く済むVTR撮影で製作するという路線変更を余儀なくされましたが、最終的に折り合わず打ち切られました。

時間をさかのぼりますが、渡辺邦男はテレビがあまり普及していない頃の1955年に『エノケン ホームラン王』というテレビドラマの単発作品の監督をしていますが、このときは本格的なテレビドラマの参加はそませんでした。本格的な参加は1963年の松本常保の日本電波映画のテレビドラマまで待つことになります。



エノケンのホームラン王 [DVD]
EMIミュージック・ジャパン (2003-09-18)
売り上げランキング: 208,409


1948年に公開された新東宝とエノケンプロの制作による 『エノケンのホームラン王』は大喜劇人&映画スター榎本健一の商品化されたエノケン×渡辺邦男(監督)の名コンビの代表作の一つであり、サトウハチローが原作です。1955年に放送されたテレビドラマの『エノケン ホームラン王』もこの映画の 『エノケンのホームラン王』のリメイクの可能性が疑われます。







両雄のテレビドラマのために避けては通れない”映画の功績”





渡辺邦男松本常保はテレビドラマで関わりを持つ前の映画時代から縁がありました。そうです。渡辺邦男と松本常保の関係に迫る前に渡辺邦男の映画の大まかな功績に光を当てることが大切だと考えています。テレビドラマのブログですが、彼の映画の功績を取上げることでいかに功績がある人物がテレビドラマに挑戦したのかを少しでも知っていただくためです。

渡辺邦男はテレビドラマに進出する前には、娯楽映画の巨匠スター映画の巨匠早撮りの巨匠オールスター監督映画界の天皇などの異名を持っていました。当時、これだけの異名を持つ映画監督は彼だけでした。

渡辺邦男は日活映画の池田富保(戦前の最多オールスター監督数、娯楽時代劇の巨匠)の助監督を6作以上勤め、1928年に監督デビューし、通産で約230作、現存の縮濃版などを含めると240作ほどの映画作品を監督しました。しかもそのほとんどが長編映画です。


アメリカの映画監督はショートムービー(アメリカのサイレント時代に多い)を含めれば200作は何名か存在していますが、長編だけでは存在していません。代表作はいくつかの理由から東映のナンバーワン監督としても知られる松田定次とほぼ近い100作、またはそれ以上の本数が存在しています。

松田定次については以前の記事にも書いています。
テレビドラマの松田定次、海江田譲二、松山容子 豪華3競演録実現など

いずれは映画ブログの方で機会を設けて大々的に取上げたいと思いますが、松田定次と渡辺邦男の大きな違いの一つは戦前の代表作は渡辺邦男の方が多いところも挙げられるでしょう。また、小規模オールスターの本数は渡辺邦男の本数が上です。例えばオールスター映画は大と小があるという捉え方をすると大規模は松田定次といえますが、小規模のオールスター映画は渡辺邦男が世界で歴代でトップの本数を監督しています。さらにテレビドラマでも200本(作数ではない)以上の監督をこなした大人物です。



忠臣蔵赤垣源蔵 討入り前夜 [VHS]
上記は現存題『忠臣蔵赤垣源蔵 討入り前夜』、公開時は『赤垣源蔵』の説も有り。渡辺邦男の師匠の池田富保は尾上松之助や山本嘉一、阪東妻三郎や片岡千恵蔵、大河内傳次郎(左から映画デビュー順)の歴代大スターが出演した日活映画を二桁10作以上も残しており、5大スターだけでも50作以上にのぼります。これも池田富保の功績を語る上で大きな実積の一つです。





渡辺邦男 公開順の戦前から戦後の主な代表作





渡辺邦男の戦前の主な代表的作品群(表ブログバージョン)

『さくら音頭(日活版)』  五月潤子、市川春代、夏川大二郎  現代劇 マキノ正博と共同監督  大ヒットと記録有
「丹下左膳」4作(1933~1938)  大河内傳次郎  時代劇  日活オールスターは内1作
『検事とその妹』(1937)  岡譲二と原節子 現代劇
『源九郎義経』(1937)  長谷川一夫(源義経)と大河内傳次郎(武蔵坊弁慶) 時代劇
「白蘭の歌」前後篇(1939)  長谷川一夫  現代劇 東宝オールスター2部作 大ヒットと記録有
5  9(前後や他含む)
「熱砂の誓ひ」前後篇(1940)  長谷川一夫、李香蘭  現代劇
6 10

渡辺邦男の戦後の主な代表的作品群

『麗人』(1946) 原節子  現代劇
「誰か夢なき」前後篇(1947)  藤田進  現代劇 大ヒットと記録有
エノケンのホームラン王』(1948)  榎本健一  現代劇
『向う三軒両隣り 白百合の巻』(1948)   柳家金語楼  現代劇 向う三軒両隣りの1作目
10  15
『続向う三軒両隣り スタコラ人生の巻』(1948) 柳家金語楼  現代劇 向う三軒両隣りの2作目
『いれずみ判官 桜花乱舞の巻』(1950)  片岡千恵蔵   時代劇 遠山の金さん1作目 東横オールスター
『いれずみ判官 落花対決の巻』(1950)  片岡千恵蔵   時代劇 遠山の金さん2作目 東横オールスター
『水戸黄門漫遊記 第一部 地獄の豪賊』(1952)  市川右太衛門 時代劇 東映オールスター
『水戸黄門漫遊記 第二部 伏魔殿の妖賊』(1952)  市川右太衛門 時代劇 東映オールスター
15  20
『飛びっちょ判官』(1952)  片岡千恵蔵 時代劇 遠山の金さん5作目  東映オールスター
『大菩薩峠』3部作(1953)  片岡千恵蔵 時代劇 東映オールスター3部作
『犬神家の謎 悪魔は踊る』(1954)   片岡千恵蔵 現代劇  片岡千恵蔵の金田一耕助5作目 東映オールスター *1
『はりきり社長』(1956)   森繁久彌  現代劇 森繁久彌の社長シリーズ3作目
明治天皇と日露大戦争』(1957)   嵐寛寿郎 時代劇 新東宝大オールスター 超大ヒットと記録有
20  27
『ひばりの三役 競艶雪之丞変化』前後篇(1957)  美空ひばり 時代劇 新東宝中心オールスター  大ヒットと記録有
『忠臣蔵(1958)』   長谷川一夫 時代劇  大映大オールスター 超大ヒットと記録有
『銭形平次捕物控 夜のえんま帖』(1961) 長谷川一夫  時代劇 銭形平次捕物控17作目
『水戸黄門海を渡る』(1961) 長谷川一夫  時代劇


水戸黄門海を渡る [DVD]
大手映像会社のKADOKAWA(大映映画の権利を持つ)は本当にハイスピードで商品化をしています。一方、東映はDVDの商品化があまり進んでいませんが大映作品は商品化が多い。渡辺邦男と長谷川一夫の10作を越す名コンビの晩年作『水戸黄門海を渡る』(1961)、この映画はもちろん豪華キャストですが、オールスターの判断はしていません。3大スター以外の出演俳優が弱めの作品だからです。


『ひばり民謡の旅 べらんめえ芸者佐渡へ行く』(1961)  美空ひばり  現代劇 べらんめえシリーズ7作目など *2
25  32
『べらんめえ芸者と大阪娘』 美空ひばり  現代劇 べらんめえシリーズ9作目など *3
『民謡の旅 桜島 おてもやん』 美空ひばり  現代劇 ひばりの民謡シリーズ3作目
『べらんめえ芸者と丁稚社長』(1963)  美空ひばり  現代劇  べらんめえシリーズ10作目 *4
『民謡の旅 秋田おばこ』(1963)   美空ひばり  現代劇  ひばりの民謡シリーズ4作目
『「明治の風雪」より 柔旋風』(1965) 倉丘伸太郎 現代劇
30  37



*1=片岡千恵蔵の金田一耕助5作目の『犬神家の謎 悪魔は踊る』は前後や総集編などを含めると10作目、再公開含めると13作目の説あり

*2=『ひばり民謡の旅 べらんめえ芸者佐渡へ行く』は、べらんめえ芸者シリーズ7作目、べらんめえ芸者シリーズ5作目、ひばりの民謡シリーズ1作目の3つに同時該当
*3=『べらんめえ芸者と大阪娘』は、べらんめえシリーズ9作目、べらんめえ芸者シリーズ6作目
*4=『べらんめえ芸者と丁稚社長』はべらんめえ芸者シリーズ10作目、べらんめえ芸者シリーズ7作目





上記の渡辺邦男の戦前から戦後にかけての作品群(表ブログバージョン)は厳選した代表的な部分のみを載せています。
下記のリンク先の裏ブログは他の映画タイトル(裏ブログバージョン)やこちらで公開できない要素も公開しています。

リンク⇒テレビドラマの形成に関与 大巨匠渡辺邦男の主な代表的作品群



後日談=今回は膨大な情報量のため映画が中心になってしまいましたが、これは必要なことだと考えて断行させていただきました。ドラマブログなのに申し訳ないところです。この流れはへ続く



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 明治天皇と日露大戦争, , 明治天皇, 渡辺邦男, 松本常保, 『エノケン, ホームラン王』, エノケンのホームラン王, 松田定次, 阪東妻三郎,

関連記事
[ 2017/09/28 00:02 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)

多くのスターや時代の荒波とともにありけり、名脇役「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」


団徳麿と代表作・丹下左膳への布石>


丹下左膳というと団徳麿(だんとくまろ)という俳優も存在しています。この俳優も丹下左膳と大岡越前に関与した俳優です。丹下左膳や大岡政談というと大河内伝次郎の名前が一番に有名ですが、この有名になるまでには他の俳優との競合の事実がありました。

団徳麿は戦後の黄金期に活躍し、”東映の時代劇映画”で数多くの作品に出演したことでも知られていますが、(個人的にも東映時代の出演作を多く確認済み)戦前のデビューを日本映画の父・牧野省三が関与した映画会社で、助演から主演に昇進しましたが、長くは続きませんでした。


団徳麿と個人プロダクションで成功を収めていた3大映画スター>



主演から遠ざかる中、日活の時代劇映画時代、(1937~1942)の時代劇時代にも活躍しました。このとき個人プロを持たずに専属だったトップスターの大河内伝次郎は東宝へ移籍してしまったことが、日活の危機感を煽り、個人プロダクションで成功を収めていた下記の3名を日活に移籍させることにつながったともいえます。

個人プロ(個人プロダクション・映画制作会社)
片岡千恵蔵=通称・千恵プロ(片岡千恵蔵プロダクション)
嵐寛寿郎=寛プロ(嵐寛寿郎プロダクション)
阪東妻三郎=阪妻プロ(阪東妻三郎プロダクション)

このときの日活のトップスターといわれていたのが、片岡千恵蔵嵐寛寿郎阪東妻三郎のいわゆる日活3大スターでした。団徳麿日活3大スターや日活の2番手スターらを支える脇役俳優としての活動を本格的としていました。主演スターとしての活動期間は短期間でした。

大映が創立した初期(1942~1948)は大映4大スターが事実上の形成、日活3大スターに市川右太衛門を加えた体制を形成、このときも団徳麿は、日活から飛び出した日活3大スターの後を追いかけて大映で脇役俳優として活動をしていきます。

嵐寛寿郎は新東宝へ移籍し、戦前からの当たり役で人気はある程度維持したものの、新たな活躍はできず、阪東妻三郎は1950年代前半から松竹の事実上の時代劇トップ俳優に位置づけられますが、大きな活躍に至る前の1953年に残念ながら死去。


一方、大映4大スターの4名のうちの残りの2名・片岡千恵蔵、市川右太衛門は、”東映の創立”と”2大スター体制”を確立、1954年以降の若手スターが登場すると”両御大”とも言われ、絶大な権力と活躍を残していきます。現在も存在する数多くの後輩も輩出しました。団徳麿は片岡千恵蔵、市川右太衛門に付いて行ったことが大きな幸いとなり、東映でも脇役や端役を多くこなすことに実現しました。



<団徳麿・映画出演250作の主演の頂点脇役人生>




団徳麿の主演のピークは1928年から1930年の短期間でした。その後も1936年までは脇役がほとんどとなり、時折の主演作が数本ほどあります。また、団徳麿は通産で250作以上の映画に出演しており、主演数は30作強です。

・団徳麿の新版大岡政談(1928年の5月から7月)製作・東亜キネマ
「新版大岡政談 前篇 鈴川源十郎の巻」
「新版大岡政談 中篇」
「新版大岡政談 後篇」
丹下左膳・団徳麿、・片岡時次郎、大岡越前守・片岡左衛門


上記の「新版大岡政談」3部作は、事実上のブレイク的な作品といえる数少ない代表作でした。何故ならこの作品の出演を転機に主演数が急激に伸びている部分からも評価されていたことが考えられます。



<のちにテレビドラマで丹下左膳を演じた中村竹弥



丹下左膳(3巻組) [DVD]
丹下左膳(3巻組) [DVD]
posted with amazlet at 16.09.26
ビクターエンタテインメント (2016-03-18)
売り上げランキング: 51,906
テレビドラマではTBS専属の時代劇スター、テレビ初の専属の時代劇スターとしても知られる、中村竹弥が丹下左膳を演じています。個人的にもCS放送で録画したDVDを10年ほど前に視聴していますが、30分ドラマでした。「月光仮面」や「怪傑ハリマオ」、「隠密剣士」など、1950年代から1960年代前半の30分ヒット作を作り出した、船床定男も監督で参加しています。


裏通りブログ↓3プロや映画評論家、電通の不正も登場↓
多くのスターや時代の荒波とともにありけり、名脇役「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」の裏通りエピソードのトリプル
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 月光仮面, 中村竹弥, 船床定男, 団徳麿, 丹下左膳, 片岡千恵蔵, 嵐寛寿郎, 阪東妻三郎, 日活3大スター, 大映4大スター,

関連記事
[ 2016/09/26 19:36 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)

テレビ時代劇・大岡越前の形成に埋もれた芸能史「奥底の深い部分の大人物たち」



1970年代を代表するテレビ時代劇・大岡越前と映画時代の関係は、奥底の深い部分にまで至ります。前回に取り上げた日本映画のサイレント期から時代劇の形成期、最大の黄金期を支えた月形龍之介のほかにも、大岡越前への形成に関与した人物ととある題材があります。


形成に関与した人物の1人が大河内伝次郎です。時代劇を形成し戦前の時代劇黄金期を主演スターで支えた1人が彼でした。映画における時代劇の黄金期は、1930年代の戦前の時代劇6大スターなどの活躍や時代劇4大巨匠などによる大きな繁栄期、1950年代の東映や大映を中心による爆発的な興行を生み出した最盛期の二つに分かれる考え方があります


最初の小説家・林不忘(はやしふぼう)による原作として名高い”大岡政談”の映像化は、反逆のヒーロー・丹下左膳が登場する
大岡政談の物語の一つとして、映画化されていました。大岡政談大岡越前は脇役でした。

最初の映画化は、丹下左膳=嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)の主演でしたが、最初の林不忘による大岡政談もの映画は、阪東妻三郎をの才能を開花させたことでも知られる名匠・二川文太郎という映画監督による映画でした。

ちなみに1928年の「新版大岡政談」の総指揮は、日本映画の父・日本初の巨匠・日本の映像芸能の父、日本最初の映画大スター・尾上松之助との名コンビなどの数多くの功績を持つ超大物の牧野省三でした。



その後、原作有の大岡政談として大きな転機となるのが大河内伝次郎による大岡政談ものの存在です。のちの巨匠・伊藤大輔と歴代上位の映画スター・大河内伝次郎大岡越前の形成に関与していました。


 大河内伝次郎による当初の大岡政談もの
 1928「新版大岡政談 第一篇」  日活
 1928「新版大岡政談 第二篇」  日活
 1928「新版大岡政談 第三篇 解決篇」  日活


 日活=日活太奏
 監督は全て伊藤大輔が担当で、サイレント映画


名作映画サイレント劇場 DVD10枚組 BCP-051
株式会社 コスミック出版 (2007-01-01)
売り上げランキング: 38,045
いろいろ無理があるセレクトですが、↑↑伊井蓉峰(いい ようほう)は、生涯で映画にほとんど出ておらず、時代劇の映画スターではなく、映画に出演しただけであり、ほぼ舞台のスター俳優でした。


伊藤大輔大河内伝次郎のコンビによる大岡政談は評価やヒットして、登場人物の丹下左膳も受け入れられましたが、丹下左膳は映画初期ののアウトローヒーローの一つでもあり、のちのアウトローヒーローともいえる「座頭市」(勝新太郎や北野  武など)へ長年にわたってつながっていきます。


その後の大岡政談の幅を広げるため、大岡越前が引き続き登場しながら、丹下左膳が登場せずに別の主人公を作り出す作品が作られました。それが”神尾喬之助、茨右近”を登場する大岡政談の「魔像」の存在でした。

当ブログの裏通りブログはじめました⇒ 完全版 テレビ時代劇・大岡越前の形成に埋もれた芸能史「奥底の深い部分の大人物たち」←お時間あれば気軽にご覧ください。 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 大岡越前, 大河内伝次郎, 伊藤大輔, 嵐寛寿郎, 阪東妻三郎, 尾上松之助, 座頭市, 勝新太郎, 北野武, 大岡政談,

関連記事
[ 2016/08/27 07:19 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)

映画とドラマに身を沈めたある名優の生涯(映画時代編)


伊沢一郎という俳優。今回、「特別機動捜査隊」の流れがきっかけで、この俳優について自分なりの解釈も加えて製作してしまいましたのでご紹介したいと思います。こんな俳優もいるのだと思ってもらたら幸いです。映画ブログの「映画道を極める一直線女子」の方で公開しようか悩みました。なぜならドラマよりも映画のことについての方が多いからです。テレビでも活躍したため、ドラマブログの方で取り上げます。

1931年のサイレント時期に日活太奏で現代劇路線の映画でデビューするが、伊沢二郎の名義であるが数作目で伊沢一郎の名義に変更し、1934年に日活の系列である日活多摩川に移籍、スター俳優として売り出すが軌道に乗らず、1935年から1941年まで約12作ほどの主演映画あります。戦前の映画出演の60本ほどは大半は脇役です。

1942年から誕生したばかりの大映の脇役俳優として時代劇にも出演を始めてている。戦後もしばらくは大映の映画に出演する時期が1950年まで続き、この時期の主演は2作のみが確認できます。

1935年の「明治一代女」日活=入江プロの作品で時代もの作品に出演、戦前の映画スター女優・入江たか子の代表作の一つで弟役を務める。1938年の日活時代劇オールスターキャスト「続水戸黄門廻国記」で片岡千恵蔵阪東妻三郎などのトップスターと初共演し、時代劇初出演を果たす。1942年の大映1回作品のオールスターキャスト「維新の曲」で再び二人とも共演している。

維新の曲について、映画ブログの記事①⇒海外はゼロ!主演映画100作以上の4大スターが豪華競演を配役、戦時下のオールスターに集結す
維新の曲について、映画ブログの記事②⇒「激震の映画秘話」戦火に身を投じた現代劇の名匠と歴代1位のオールスター映画の交差

映画時代は、主演俳優としての明確な代表作に恵まれてはいないものに、戦前の日活多摩川に在籍していたのちの巨匠・内田吐夢の監督作の1936年「生命の冠」1940年「歴史 第一部」と「歴史 第二部、第三部」の3作に助演で出演。これも後からすればそこそこな痕跡になります。

くちづけ [DVD]↓で話に出している名女優・三益愛子と作家・川口松太郎との息子の川口浩伊沢一郎の共演作、のちの三益愛子の義理の娘となる野添ひとみとも共演しています。

1935~1948年の戦前から戦後にかけ、1935年「緑の地平線 (前後篇)」などで、原節子と8作にわたり映画で共演、また、戦後に身では三益愛子の映画の代表作シリーズであるいわゆる”大映・母物シリーズ”に1948~1958年にかけて計5作に出演して映画の脇役として評価される。このころ戦前から活動しているベテランスターになりつつあった現代劇スター俳優の若原雅夫と通算14作で共演しています。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 伊沢一郎, 特別機動捜査隊, 入江たか子, 片岡千恵蔵, 阪東妻三郎, 内田吐夢, 三益愛子, 刑事ドラマ, 原節子, 川口浩,

関連記事
[ 2015/10/22 20:56 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち