ドラのいつどこでも ドラマ思想展開

 「おはよう~こんにちわ!こんばんわ!おやすなさい~」なチワワなドラ10年以上前くらいからCS(スカパー)でドラマ見てます。かなりの作品500タイトル以上観てきました。1960年代~70年代のドラマが特に好きです。

THE刑事俳優の存在と「特別機動捜査隊」「七人の刑事」への激震影響

映画「警視庁物語シリーズ」には長田刑事という役名の刑事が作品には登場しています。この役柄を全24作を通してシリーズを兼任した俳優が堀雄二です。「警視庁物語シリーズ」の出演を特に大きな代表作にしている名優です。全24作に唯一出演していますが、3作目から昇進によって長田部長刑事に役柄が変わります。

24作についてはこちらをご覧ください⇒ 大ヒット作「特別機動捜査隊」と東映の歴代最多の刑事映画や奥深き脇役俳優の良縁

堀雄二は映画時代は新東宝でデビューして、一時的に大映に在籍していましたが、1954年に東映に移籍して、ついに大きな代表作や役柄に恵まれます。「警視庁物語シリーズ」などの刑事役です。堀雄二東映の映画だけでも、ドラの確認では最低でも30作ほどの刑事役(主演、助演)を演じており、歴代の東映の映画では最多数といえます。ドラが確認してる限りでは”堀雄二が歴代の日本映画の中で、一番多くの刑事役を演じている”ものと考えています。(*端役は除く)

堀雄二は映画に関していえば、数を多く演じているという意味ではTHE刑事俳優ともいえるでしょう。

堀雄二は映画だけではなく、テレビドラマでも刑事と縁がありました。「七人の刑事」シリーズの赤木係長を演じ、芦田伸介と共に長年にわたって出演し、テレビドラマの代表作にしています。また、時代劇ドラマでは「大岡越前」の初期シリーズの1部と2部に大岡忠相(大岡越前)の妻となる、雪絵の父親役・吉本作左ヱ門で出演しており、これも印象に残っています。

東映・NET(現テレビ朝日)の制作の「特別機動捜査隊」とTBSの制作の「七人の刑事」シリーズは、1961年から70年代にかけて10年以上の期間で同時期に放送されていた刑事ドラマのライバル同士でした。堀雄二は映画時代に世話になった東映に背を向けて彼は、TBS制作の「七人の刑事」シリーズに出演を続けました。ある意味、ライバルがライバルを育てた部分もあったのではないでしょうか。

大岡越前 第一部 [DVD]
大岡越前 第一部 [DVD]
posted with amazlet at 16.04.27
竹書房 (2006-03-24)
売り上げランキング: 51,817
堀雄二を見ることができる、数少ない商品化されているドラマ

この二作は互いに高視聴率を獲得した刑事ドラマですが、「特別機動捜査隊」の出演者やスタッフは、「七人の刑事」の出演者やスタッフを意識して、より良いものを作ろうと尽力した。「七人の刑事」側も「特別機動捜査隊」を意識して、長くなるのでここでは説明は避けますが、、さまざまな内容的な違いを工夫した刑事ドラマに仕上げていきました。

つまり堀雄二は、刑事映画「警視庁物語シリーズ」で刑事ドラマ特別機動捜査隊」への流れに関与しただけではなく、刑事ドラマ七人の刑事」シリーズに出演して、ライバルとして、「特別機動捜査隊」も影響を与え続けたということもいえるかと考えられます。ダブルで「特別機動捜査隊」の形成に関与していた事実が判明しています。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : THE刑事俳優, 特別機動捜査隊, 七人の刑事, 堀雄二, 警視庁物語, 大岡越前, , 刑事ドラマ, 高視聴率, 東映,

[ 2016/04/27 18:59 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)

大ヒット作「特別機動捜査隊」と東映の歴代最多の刑事映画や奥深き脇役俳優の良縁

特別機動捜査隊」は最盛期には30パーセント以上の視聴率を何度も記録した作品といわれていますが、このテレビドラマは主役という概念が薄めである点も特徴です。

特別機動捜査隊」は映画「警視庁物語シリーズ」の影響を作風に色濃く残しています。カラー制作や放送になってからはモノクロの頃よりはその影響は薄れつつありますが、300話付近までのモノクロの時期の「特別機動捜査隊」に影響を与えたのが東映が映画の全盛時代に製作したのが「警視庁物語シリーズ」です。

警視庁物語シリーズ」は1950年代にスマシュヒットして、話題となり1956年から1964年までの8年間で通算24作が制作されています。”同じ俳優が出演している東映の歴代映画の中の実写作の最多数”です。同じ俳優とは堀雄二のことです。戦後の10年以内における最多公開本数がこのシリーズであり、「警視庁物語シリーズ」は小さめな記録ですが世界記録を持っています。

警視庁物語シリーズ」(全24作・1956~1964年)
1956「警視庁物語 逃亡五分前」
1956「警視庁物語 魔の最終列車」
1956「警視庁物語 追跡七十三時間」
1957「警視庁物語 白昼魔」
1957「警視庁物語 上野発五時三十五分」
5
1957「警視庁物語 夜の野獣」
1958「警視庁物語 七人の追跡者」
1958「警視庁物語 魔の伝言板」
1959「警視庁物語 顔のない女」
1959「警視庁物語 一〇八号車」
10
1959「警視庁物語 遺留品なし」
1960「警視庁物語 深夜の130列車」
1960「警視庁物語 血液型の秘密」
1960「警視庁物語 聞き込み」
1961「警視庁物語 不在証明」
15
1961「警視庁物語 十五才の女」
1961「警視庁物語 十二人の刑事」
1962「警視庁物語 謎の赤電話」
1962「警視庁物語 19号埋立地」
1963「警視庁物語 ウラ付け捜査」
20
1963「警視庁物語 全国縦断捜査」
1963「警視庁物語 十代の足どり」
1964「警視庁物語 自供」
1964「警視庁物語 行方不明」
24

23作が東映東京の製作であり、17作目のみがニュー東映東京が製作。ドラは24作のうちのほとんどの作品を録画していますが、24作のうち数作がCS放送が行われずに映画ファンでもあるドラとしては悩みの種です。

「警視庁物語シリーズ」は中篇映画(約1時間ほどの上映時間の映画)です。今は中編という”編”の漢字を活用しますが、当時はまだ中篇も”篇”と書いているのが基本でした。当時の映画やドラマを見ているといくつかの漢字が時代の経過によって変化してきたことも知ることができます。

映画の「警視庁物語シリーズ」は2作ごとに監督が変更されています。これは2作を続けて撮影しているからであり、2作ごとに出演している刑事やゲストが交代する場合があります。たとえば、初期は今井俊二(のちの今井健二)が序盤のみ、千葉真一が終盤のシリーズのみに出演していたりなど、刑事ドラマの刑事が一定の話数から話数まで出演するという概念に関しても、「警視庁物語シリーズ」から「特別機動捜査隊」に引き継がれています。その後の東映の数多くの刑事ドラマにや他の刑事ドラマなどのも引き継がれていきます。



特別機動捜査隊」には同じゲスト俳優が何度も出演しています。東映だけではなく当時の多くの1話完結ドラマの全般的な特徴ですが、たとえば、林寛という俳優が300話に出演したとしたら、315話にも出演するなどです。ローテーション的な要素があります。1度出演していると比較的に近くの話数で、もう一度出演するというケースが存在しており、2話数分を同期間に撮影していることも考えられます。林寛は「特別機動捜査隊」に何度も出演しておりここでは例に挙げています。

林寛(はやしひろし)は戦前から活動はしていますが戦後の印象が強く、1950年代から1960年代前半の日本映画黄金期の日活、松竹、東宝、大映、東映の大手5社(左から創立順)に次ぐ、6社目の映画会社といわれた新東宝という映画会社で活躍した脇役が中心の名俳優でした。

新東宝時代はスターもの、娯楽映画の巨匠・渡辺邦男、時代劇・怪談映画の中川信夫やアクション、異色映画などの石井輝男などの監督作、丸根賛太郎や並木鏡太郎などの時代劇映画が中心の名監督の作品にも出演しています。映画出演本数はそれほど多くはなく60本ほどが確認できます。出演数以上に異色作が多く、異様に濃い印象を残しています。

巨匠・渡辺邦男に関して、興味ある方はご覧ください⇒歴代映画8大スターと10作以上のコンビを組み、多大な貢献した稀代の娯楽の巨匠

林寛という名俳優は「特別機動捜査隊」では脇役で多く出演しています。映画の実積を知って、脇役目線で視聴する刑事ドラマは別な面白さを生み出してくれます。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 警視庁物語, 特別機動捜査隊, 林寛, 東映, 新東宝, 堀雄二, 千葉真一, 刑事ドラマ, 中川信夫, 石井輝男,

[ 2016/03/27 22:11 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
タグクラウド

過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

ドラの最近記事
ドラの生き様(全記事)
旅立ち