FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

「俺は天下の御意見番」 月形龍之介と進藤英太郎の稀代俳優の彦左








「俺は天下の御意見番月形龍之介進藤英太郎の稀代俳優の彦左










2020年のラスト「俺は天下の御意見番」 !!



メインキャスト中心で。映画520本以上に出演し続けてきた日本映画を代表する、世界的にも例がない大名優の月形龍之介大久保彦左衛門を取りあげてきましたが、日本映画最盛期に7年連続1位を記録し、時代劇王国(時代劇映画の年間最多観客動員を長期間記録など)とも言われた東映の、忠臣蔵の吉良上野介と一心太助の大久保を演じた俳優は彼ともう一人います。




前回記事⇒有名ドラマ「大久保彦左衛門」に下敷きされた世界記録 親子揃って映画300本大名優の「ありがとう」御大







それが進藤英太郎です。彼の大久保彦左衛門も製作されています。

進藤は日本映画を代表する歴代上位の超名優で、超大御所俳優、同時に東映の時代劇映画の黄金期を代表する助演俳優、時代劇と現代劇、娯楽や文芸、前衛、実に多彩なジャンルの出演履歴です。個人的な評価も高く、歴代ベスト10含まれる映画の助演俳優という非常に高い評価です。






月形龍之介 大久保彦左衛門 日本映画最盛期 忠臣蔵 一心太助 吉良上野介







進藤英太郎という歴代ベスト10含まれる映画助演俳優







進藤英太郎の映画出演の主な流れは、1936年の日活から1938年の東宝を経て、1949年の東映の前身の東横、1951年からの東横の流れで東映と出演し、1975年が現行の最後の出演作です。過去の出演シーンがある『ちゃんばらグラフィティー 斬る!』を含めると、1981年まで出演しています。


通産で440本以上の映画に出演し、有名単発、有名シリーズを含めて、100本以上の有名作品に出演しています。特に東映時代に、悪役や顔芸の多用し、喜劇的なアクが濃い演技を強めに、助演メインで大きな存在感を残しました。テレビドラマにおいても、映画の大きな功績の流れを受けて、出演のオファーが多く、多数の作品で印象を残しています。


代表作は膨大数ですが、特に大友柳太朗が主演した東映の『右門捕物帖シリーズ』(1959~1963)の十手持ちのあばたの敬四郎(村上敬四郎)を自身最多の7本で演じ、大きくシリーズの印象を左右する貢献しており、自身のもっとも大きな当たり役だと考えています。しかもこの映画シリーズは、日本映画の最盛期です。




東映の映画の月形や進藤が演じた役の流れはテレビ時代劇、時代劇ドラマに持ち込んでいます。月形は前回の記事でも触れていますが、進藤の場合もこれが実現しています。





進藤英太郎 ちゃんばらグラフィティー 斬る! 大友柳太朗 右門捕物帖シリーズ 村上敬四郎








ブラザー劇場と『彦左と一心太助』 進藤英太郎のテレビドラマの大久保彦左衛門





テレビドラマの進藤の大久保にも迫ります。






彦左と一心太助』 1969~1970 全52話  TBS系 東映とTBS 30分枠
彦左こと大久保彦左衛門=進藤英太郎、一心太助=山田太郎、太助の妻お仲=小野恵子





彦左と一心太助』はブラザー劇場(全体の製作は東映が大半の放送枠、枠組名、ブランド名)で放送されました。ブラザー劇場月形龍之介の「水戸黄門」、田村正和の『新吾十番勝負』(大川橋蔵の映画のテレビドラマへのリメイク)、『コメットさん』(九重佑三子版)、桜木健一の『刑事くん』(第1シリーズ~第3シリーズ)、『刑事犬カール』、『コメットさん』(大場久美子版)などが放送されたTBS系列の有名なテレビドラマ枠です。名作を多数残しました。

小野恵子は東映の時代劇のテレビドラマに印象が強い女優、東映の時代劇や現代劇の有名作に多数出演しました。大川橋蔵の『銭形平次』の出演の印象が強く、さらに映画から遠ざかり、家業がメイン、俳優をサブの活動時期の東千代之介がゲストとあります。

「仮面ライダーシリーズ」など多数の名作の生みの親でもある、東映のテレビドラマを代表する名プロデューサーの平山亨も制作に参加しています。彼は映画時代は観客動員1000万人を越した千恵蔵映画の次郎長4本目の巨匠松田定次の助監督の経験があります。時代劇の経験がテレビのテレビ制作の柔軟性に多大な影響を与えています。

東映のアニメや現代劇、時代劇、映画の数十の名作で知られる日本を代表する名音楽家の菊池俊輔が音楽です。





天下のご意見番より一部抜粋 外様大名/万国以下の旗本の将軍との年始の挨拶の違い「Sub Eng」


1962『天下の御意見番(1962)』
字幕で映画のシーンから抜粋しています。映画全体や部分的にいくつも似関してもアップロードするのはマナー違反、これは数分のみに留まっているため、まだ許せます。アップロードしている人間が創作したものではないので、著作権のみを受け入れるのではなく、ユーチューブ側も映画などに関しては、さらに制限を強化してほしいものです。

北大路欣也の徳川家光から月形龍之介の当たり役の一つの天下の御意見番こと、大久保彦左衛門も登場しています。個人的にもこの映画録画してしています。






彦左と一心太助 ブラザー劇場 仮面ライダーシリーズ


彦左 大久保彦左衛門 進藤英太郎 山田太郎 お仲 小野恵子 大川橋蔵 銭形平次


東千代之介 平山亨 千恵蔵映画 次郎長 松田定次 菊池俊輔 北大路欣也 徳川家光


水戸黄門 田村正和 新吾十番勝負 大川橋蔵 コメットさん 九重佑三子 桜木健一 刑事くん 刑事犬カール 大場久美子





『一心太助 男一匹道中記』のスチル写真(スチール写真)ですが、上位キャストの月形龍之介は映っていません。スチル写真は映画の宣伝や広報の素材の写真であり、和にもよりますが、本来貴重なものです。



映画スチール 一心太助 男一匹道中記 1963年東映株式会社 中村錦之助 十朱幸代 渡辺美佐子 2Lサイズ 4枚

上記の画像リンクは、下記にある月形の大久保8本目で、錦之助の一心太助の5作目です。


錦之助の一心太助の恋人や妻として描かれるお仲は、1~3の中原ひとみ、4の北沢典子、この5本目は、日活とも縁がある女優の渡辺美佐子に変更されたことのキャスティングの特徴です。渡辺美佐子は日活の現代劇のイメージが強いj方も多いかもしれませんが、デビューは東映の1953の巨匠の今井正が監督したドキュメンタリータッチの大ヒット戦争映画の名作『ひめゆりの塔』、これで途中で悲劇に見舞われる富安良子役を演じています。デビューでいきなり苦しむ役柄でした。


東映に出演した後、しばらく日活,その後に、1962年から2本の東映に出演し、時代劇映画の初の出演とメインキャストがこの1963『一心太助 男一匹道中記』です。渡辺自身のとっても活動の転機といえる、意味がある作品といえるでしょう。




月形龍之介の大久保彦左衛門の映画 全て東映、東映京都映画 8本の全て主要、上位3選圏内

1953『風雲八萬騎』 主演  
1955『彦佐と太助 俺は天下の御意見番』 =片岡栄二郎とダブル主演 
1955『彦佐と太助 殴り込み吉田御殿』 =と片岡栄二郎ダブル主演  
1958『江戸の名物男 一心太助』  2番手  
1958『一心太助 天下の一大事』  2番手 
1959『一心太助 男の中の男一匹』  2番手  
1962『天下の御意見番(1962)』  主演 
1963『一心太助 男一匹道中記』 2番手 



1955『彦佐と太助 俺は天下の御意見番』 の、俺は天下の御意見番、これが良いタイトル、フレーズだと感じています。






一心太助 男一匹道中記 片岡栄二郎 スチル写真 中原ひとみ 北沢典子 渡辺美佐子 今井正ひめゆりの塔 富安良子 風雲八萬騎





『大久保彦左衛門』 進藤英太郎のテレビドラマの大久保彦左衛門






『大久保彦左衛門』 1973~1974 全39話 フジテレビ系のKTVこと関西テレビ 1時間枠

大久保彦左衛門=進藤英太郎版、一心太助=関口宏、太助の妻お仲=市毛良枝 将軍の徳川家光=中尾彬




白雪劇場とい枠組み、有名どころではTBSの日曜劇場のようなブランド的、枠組みの中で放送されていたドラマ、一心太助は関口宏だったと考えられます。脚本に東映を代表する映画150本と数十のテレビドラマの名脚本家の結束信二とあるため、東映が製作に関わっていたとも考えられます。記録が残るこの人の関与したテレビドラマはほぼ東映です。ですが大きな疑問があります。

演出の名前がある内海佑治は、関西テレビの演出家だったと考えられ、東映との関与はこちら目線では違いと言えます。当時の東映の時代劇の特徴ですが、制作ドラマの監督はほぼ映画関係者を起用しています。この2名をみると五分五分ともいえます。


ゲストだと考えられる木暮実千代、左右田一平、原健策、坂口徹(坂口徹郎、坂口祐三郎)、有川博、河津清三郎、伊吹吾郎、田口計、加藤嘉、島田順司、遠藤太津朗(遠藤辰雄)、小田部通麿は東映の作品に強く縁がある俳優たちです。


結束信二の脚本作、いわゆる結束作品の常連の3名が揃っている、左右田一平、島田順司、小田部通麿が出演している点も東映制作関与の可能性を示唆しています。中尾彬は日活系ですが、進藤英太郎や市毛良枝も東映に多く出演していることもその可能性が高め、特に進藤英太郎は東映映画黄金期そのものを代表する名優だからです。


進藤英太郎は30分枠と1時間枠の両方で主演の大久保彦左衛門を演じているのが非常に価値があることといえます。




フジテレビ KTV 関西テレビ 関口宏 市毛良枝 中尾彬


白雪劇場 日曜劇場 結束信二 内海佑治 木暮実千代 左右田一平 原健策 原健作 

坂口徹 坂口祐三郎 有川博 河津清三郎 伊吹吾郎 田口計 加藤嘉 島田順司 遠藤太津朗 遠藤辰雄 小田部通麿








進藤英太郎が大久保彦左衛門を演じた映画









テレビドラマにつながるので重要な映画、進藤の大久保にも少し迫ります。



前記事の月形の部分でも少し取り上げていますが、進藤英太郎は映画でも大久保を演じています。



進藤英太郎の大久保彦左衛門映画

1954『番町皿屋敷 お菊と播磨』 大映 7番手圏内 青山播磨=長谷川一夫 お菊=津島恵子 監督=伊藤大輔 『お菊と播磨』の題名も有
1961『家光と彦左と一心太助』  東映 2番手 錦之助の一心太助の4作目 一心太助と将軍家光=中村錦之助 大久保彦左衛門忠教=進藤英太郎 お仲=北沢典子 徳川忠長=中村賀津雄  徳川秀忠=北龍二 笹尾喜内=田中春男 監督=沢島忠
1961『剣豪天狗まつり』  東映 助演 仏子四郎五郎=大友柳太朗が主演で、一心太助が登場しない 神尾主馬=岡田英次 里美=大川恵子 磯姫=丘さとみ 将軍家光=山城新伍 松平伊豆守=北龍二 柳生飛騨守=原健策 笹尾喜内杉狂児 監督=小沢茂弘





『家光と彦左と一心太助』は、徳川忠長が登場する特色を押し出し、中村賀津雄と笹尾喜内は喜劇系の演技を得意とした名優の田中春男、色々書きたいところですが、彼も素晴らしい俳優です、

戦前から戦後の千恵蔵映画の助演や脇役としても知られる名優の杉狂児は、上記で笹尾喜内を3度と書いていますが、『剣豪天狗まつり』を含めると笹尾喜内を4度演じています。『剣豪天狗まつり』は一心太助と大久保が同時に登場しない映画のため、含んでいませんでした。これにより、杉狂児笹尾喜内を演じた回数は、堺俊二を上回っていました。その結果的に回数を競っていた堺駿二は、岩猿という役で登場しています。

実は月形が演じた錦之助の一心太助の5作目中の1作目に進藤は川勝丹波守役で出演しています。



1958『一心太助 天下の一大事』  川勝丹波守役 脇役5番低下の出演 錦之助の一心太助2作目  一心太助と将軍家光=中村錦之助 大久保彦左衛門=月形龍之介 お仲=中原ひとみ 笹尾喜内=堺駿二 監督=沢島忠




月形龍之介を巡る大久保彦左衛門は進藤英太郎を巻き込みました。その映画とテレビドラマには大きな関連があります。互いが映画とテレビドラマで演じ、代表的な役の一つにしていました。





姉妹ブログの新記事 毎回、考えて攻めてます。
四十七士の赤穂浪士と47都道府県の共通勝利日来たる 忠臣蔵映画とコロナウィルスの類同


裏の姉妹ブログの新記事 方向展開の時期 マスコミが取り上げない映画の真実
日本映画史上初の実兄弟制作ヒット映画『初祝鼠小僧』 W次郎吉の謎ペンネームを暴け




番町皿屋敷 お菊と播磨 青山播磨 長谷川一夫 お菊 津島恵子 伊藤大輔

剣豪天狗まつり 徳川忠長 中村賀津雄 徳川秀忠 北龍二 

笹尾喜内 田中春男 岡田英次 大川恵子 丘さとみ 山城新伍 松平伊豆守 柳生飛騨守 小沢茂弘 堺俊二 沢島忠




標準画質版 SD画質版 水戸黄門(1960) 富永三郎 両御大







1962『天下の御意見番(1962)』標準画質版(SD画質版)の高揚感





天下の御意見番 [DVD]

上記のリンク画像は1962『天下の御意見番(1962)』です。超名優の月形よりも、ダブル主演映画300本以上のの国民的2大大御所俳優の両御大の千恵蔵、右太衛門のほうが写真が大きい特徴が目に入ります。

個人的にも標準画質版(SD画質版)を録画しています。ハイビジョンの時代だからこそ、この標準画質版も非常に味、魅力があります。サブスクやCDの時代に、アナログのレコードの魅力にも通じるかもしれませんが、オープニングは月形の主演映画の中では『水戸黄門(1960)』に次いで、個人的には2番目に良いものだと感じています。

世の中も同様、なんでも変化すれば良いわけではない。変化するものから、変化しない良さも感じる。最盛期の独特なワクワクや不思議な高揚感を封じ込めていて、今では不可能、今これをマネでやるとただの茶番の嘘になってしまいます。


たまに気分の高揚にも良く、東映映画の最盛期を代表する音楽家の一人の富永三郎のオープニングの良さと金箔、俳優のテロップの流れも魅力です。








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 天下の御意見番, 月形龍之介, 大久保彦左衛門, 進藤英太郎, 彦左と一心太助, , ブラザー劇場, 杉狂児, 笹尾喜内, 結束信二,

関連記事
[ 2020/12/27 16:31 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(7)

【大進撃】映画界の天皇 渡辺邦男が参加した主なテレビドラマたちを公開





前回に引き続き、映画界とテレビドラマに大きな功績を残した渡辺邦男の功績の一端に迫っています。渡辺邦男は確認できるだけで、映画240作以上、17作のテレビドラマに参加しました。


前回記事リンク⇒天皇の渡辺邦男と松本常保 映画とドラマと 時代と運命と




渡辺の映画とテレビドラマ





渡辺邦男は映画とテレビドラマを合わせると戦前の映画黄金期からテレビドラマ黄金期の1928~1974で約47年間で実働があり、世界に誇る大巨匠のマキノ雅弘に次ぐレベルで上位の年数を記録しました。下記の渡辺邦男の”渡辺邦男の映画とテレビドラマ”に関しても触れていきます。




<渡辺邦男の映画とテレビドラマ>
 監督期間と総年数       参加数など

映画 1928~1970 約43年間 映画230作強、オリジナルと分数の異なる現存作を含むと240作強
ドラマ 1955~1974 約20年間 テレビドラマ17作以上、監督担当回数は220本以上




渡辺邦男の実働47年は1974年の最後のテレビドラマ参加作の時期としては、1926年から監督を続行中のマキノ雅弘に次ぐ年数でした。(映画とテレビドラマの参加監督の対象)つまり、渡辺邦男は映画とドラマで代表作を残した人物の事実上の最初であり、草分けでした。この時点だけでも大きく評価してよい部分だと考えられます。


テレビドラマ史―人と映像 (1978年)
テレビドラマ史―人と映像 (1978年)




渡辺邦男が参加した主なテレビドラマ





<渡辺邦男が参加した主なテレビドラマ>
『ドラマタイトル』 放送年数 放送期間 #渡辺の担当 ・その他

『エノケン ホームラン王』 1955 単発   #監督 ・脚本はサトウハチロー
姿三四郎(1963)』 1963~1964 半年間  #チーフ監督と脚本 ・全体的に参加
柔(1964)』 1964~1965 半年間  #チーフ監督と脚本 ・全体的に参加
『王将物語』 1965 1クール  #監修のみ ・監督は西山正輝ら 脚本は藤本義一ら
『人生劇場(1965)』 1965 1クール  #監修のみ 
  ・監督は内出好吉ら、脚本は映画とドラマの名脚本家の結束信二

『柔一筋』 1965 1クール  #監督と脚本で数回のみ参加、・監督は1話を担当していると考えられる。
『続 柔』 1965~1966 半年間  #監修のみ ・監督は西山正輝ら 脚本は真弓典正ら
『明治天皇(1966)』 1966~1967 半年間以上  #監督と脚本で参加と原作 ・全体的に参加、2期に分けて放送
『若さま侍捕物帖(1967)』 1967 4ヶ月  #監督で参加 ・全体は不明 脚本は津田幸夫(津田幸於)ら
遠山の金さん(1967)』 1967 1クール  #監督と脚本で参加 ・全体は不明
10
『愛の珊瑚礁』 1968 2ヶ月  #監督と脚本と原作 ・監督と脚本は重要な序盤に参加
『右門捕物帖(1969)』 1969~1970 半年間  #一人目の監督と脚本 ・監督を離れた途中の話数から監修表記
姿三四郎(1970)』 1970 話数は半年  #監督と脚本で参加  ・竹脇無我の主演版
『闘魂』 1970~1971 話数は18話だが5ヶ月  #監督と脚本で参加 
  ・全体は不明、昔に録画視聴したがチェックできず
『黒帯風雲録 柔』 1972 1クール  #監督と脚本で参加 ・全体は不明
15
『月形半平太(1973)』 1973 単発  #監督  ・脚本は東映や松竹の時代劇映画で活躍した鈴木兵吾
旗本退屈男(1973)』 1973~1974  半年間  #監督と脚本で中盤から参加  
  ・豪華な監督と脚本陣、全話数の視聴と録画済
17




*『ドラマタイトル』 放送年数 放送期間 #渡辺の担当 は確認、または確認できたもの
*1クール=約3ヶ月の放送回数の意味
*( )があるものはそのままのタイトルで他に複重があるもの、たとえば『柔(1964)』は年数を省くと同名の歌があります。
姿三四郎(1963)』は他にも同名でテレビドラマが作られていますし、『人生劇場(1965)』は1930年代から同名の映画も作られています。


愛と青春のドラマスペシャル 姿三四郎 [DVD]
東宝 (2008-05-23)
売り上げランキング: 80,150

・2008年の12月に放送されたテレビドラマの『愛と青春のドラマスペシャル 姿三四郎
主演はジャニーズのNEWSの加藤シゲアキ(放送当時の芸名が加藤成亮)


<姉妹の映画ブログ>
・ニュージーランド映画に隠された謎のベールを剥ぐ
ニュージーランド映画と日本映画の歴史の極秘共通点【救急浮上若大将】

・『ロード・オブ・ザ・リング』の三部作のピーター・ジャクソンとニュージーランド映画の形成に貢献したある人物
ピーター・ジャクソン降臨 ニュージーランド映画と日本映画の歴史の極秘共通点【救急浮上若大将】裏側




渡辺邦男が参加したテレビドラマの特色





渡辺邦男のテレビドラマの特色はやはり現代劇と時代劇の製作に参加した部分です。現代劇と時代劇の両方を起用に対応し、上手に仕上げられて、大きな実積を持っている人間は現代ではさらに困難ですが、当時でもなかなかいませんでした。

渡辺邦男は現存作などを含めると240作以上の映画も同様に現代劇と時代劇を半数に近いほど残していますし、テレビドラマもその両方に通じていた器用な渡辺邦男らしさが残された作品に感じられます。





裏側の公開記事リンク
  ↓   ↓
永遠の最大ライバルがテレビドラマで終止符 渡辺邦男とマキノ雅弘の娯楽映画2大巨匠
冒頭で触れた2名の巨匠の激戦の一端と渡辺邦男のテレビドラマに迫りまります。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 映画界の天皇, 渡辺邦男, 加藤シゲアキ, マキノ雅弘, 姿三四郎, 柔(1964), 竹脇無我, 結束信二, 旗本退屈男, 遠山の金さん,

チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2021年 01月 【1件】
2020年 12月 【1件】
2020年 11月 【1件】
2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち