FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

「鬼滅の刃」 の鬼たち『あばれはっちゃく』『半沢直樹』 『SUITS/スーツ』3国製作から垣間見る日ドラ崩壊と再生一手



鬼滅の刃」 の鬼たち『あばれはっちゃく』『半沢直樹』 『SUITS/スーツ』3国製作から垣間見る日ドラ崩壊と再生一手





今回はテレビが目指す外国かぶれ路線は、果たして本当のドラマの進化なのか、退化を進化という言葉で隠しているのかもしれません。

鬼滅の刃」 の鬼たちが顔を出し、『あばれはっちゃく』、『半沢直樹』、『SUITS/スーツ』からたどる、テレビドラマ愛(良い意味での未来のドラマ)の可能性を探ります。現代と過去、年代や時間空間や次元を飛び越えた、独自な展開です。



前回記事⇒宝蔵院流から天下三本槍を駆け巡る児童名作『あばれはっちゃく』につながる歴代通り名愛憎劇






劇場版「鬼滅の刃」 に見る コロナ渦だから多方面へ金を落とさせたい電波各社の思惑と集英社親子2代の思惑と家族動員の強さ





ドラマにも関りを持つテレビにも関わる2020年10月の世間話、今回のドラマ記事と大きく関わるフジテレビも登場します。東宝やソニー、フジテレビや電通(表記なし)の『鬼滅の刃』の劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編は、とある映画館で1日34回上映(ワイドショーなどで放送、公開1週目時点)は前代未聞の掟破りであり、大きく善否がありそうです。取り上げるため仕事とはいえ、小倉智昭が見た発言は驚きました。


こんなことをやれば客は入るのは、ある程度は当たり前だからです。お住まいの地域にも寄りますが、一日15回上映の場所が多く、20回上映も多々あります。一概に批判ではありませんが、これは広告会社やその製作企業の利益のために仕組んだ前例がないことともいえるでしょう。

一言書きますが、チワワドラも電通の全てを批判しているわけではありません。ある種の優秀さも有りますが、やり方に問題があることも事実です。



鬼滅の刃』はBS11(アニメファンご用達のBSの放送局)で本放送されていましたが、『ドラゴンボール』や『ワンピース』など、比較的に原作の集英社とも縁がある放送局のフジテレビが総集編や特別番組、ワイドショー、ニュースなどで膨大な広告を打ちました。コロナで大打撃を受けた日本の映画館や企業のためだから、掟破りも全てが良いということになるのでしょうか。



あくまでテレビアニメの映画なので、テレビアニメの2クールの強固な広告で、観客が動員しやすい強固な土台があり、ある程度の観客は基本、映画1本としてではないので、そこまで凄くはありません。


未成年のホテルお持ち帰りや未成年飲酒で謹慎したジャニーズタレントが主演した、2018年『劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』も連続のテレビドラマの強固な広告で、映画の大きな観客動員を記録しました。これは鬼滅も近い部分があり、鬼滅はフジの2回の総集編やメイキング番組、電波各社の過剰なニュースやワイドショーの連日の広告で視聴者を煽り、しかもコード・ブルーも鬼滅も、同じあのフジテレビも関与しています。


コロナ渦で苦しんでいる多方面にお金を落とすため、経済的な理由はあるにしても、ニュースやワイドショーが連日で過剰に報道をやってしまいました。興行収入、つまり金を強く過剰に報道、報道はもうこれをやめていただきたい。金を稼げば偉い、つまり庶民を無視した既得権益(鬼たち)が偉いということになってしまう。令和の新時代になっても、未だにこれをやるマスコミ(鬼たち)のいかれ具合、個人的にこの行為はあまり評価できません。これだと競う茶番以上に完全茶番(さらに客が入るのは当たり前)になるためです。



話題になればさらに客は入る、これは戦前の100年以上前も同じですが、異なるのは当時は新聞があるにしても自然に話題になる要素が強め、現代のようにマスコミが過剰な話題作りをしていないところです。現代のほうが国民をコントロールしており、劣悪に思えます。ちなみに鬼滅が悪いといっているというわけではありません。



いわゆるファン向けアニメだと家族連れで興行はほぼ望めず、最近だと200万人~300万人ほどが限界値ですが、『鬼滅の刃』はアニメファンだけではなく、子供が大きく、

さらに親の世代も『ドラゴンボール』や『ワンピース』などの集英社のアニメで育った世代がおり、親が子供に共鳴しやすく、ジブリアニメのように家族連れ効果で大幅に動員数を伸ばしやすい部分があります。多くで親子3人以上が見込めてしまい、自然と人数は増えやすくなります。



つまり何がいいかですが、半沢直樹の場合は上手にやりましたが、マスコミの過剰報道が横は入りすることで、競うということを排除においやっていることに問題を感じました。もちろん元からある程度の観客は予想できていたにしても、ブームに釘を刺すようで残念なところです。





あばれはっちゃく 半沢直樹 SUITS/スーツ 小倉智昭

鬼滅の刃 劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編 BS11

集英社 フジテレビ 東宝 ソニー フジテレビ 電通

劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-




あばれはっちゃくが伝える日本のテレビドラマがなくしたものを持つドラマ








あばれはっちゃくは、学校のガキ大将的な気持ちが先行して行動を起こす、何らかのトラブルにつながる、そのトラブルを解決する話が多くあります。破天荒な少年としても描かれることがありますが、弱いものがいると助けたり、優しくふる舞う人情味がある2面性の強弱があるドラマとしては非常に分かりやすく、伝わりやすい性格として描かれています。



現代だからこそ、名作の基本に立ち返るチャンスと回帰の価値を伝えてくれています。




栗又厚は子役として身体の横広がりがあって、子供力士のようにも思えましたが、これは良い意味で力強い印象、それに反して初代の吉田友紀は身体が小さめでしたが、これも逆手に取って、しゃべり方や体格のイメージなど、異なる風に演技が役柄とかみ合うものがありました。

また、マドンナ的なヒロインの塩沢いずみのみゆき役が非常に良い味だしていました。お嬢さん的な育ちの良い設定にも合い、大人になれば美人になりそうな品がある笑顔の良い少女、長太郎に基本は優しく、たまにトラブルメーカーの長太郎にきつく当たる感じも共感がある範囲に抑え、Sっ気も無理やり差がなく好印象を受けました。





通産の「あばれはっちゃくシリーズ」 全5シリーズの中からシリーズ中の代表格の第1シリーズと第2シリーズについて少し触れていきます。


『俺はあばれはっちゃく』 全56話 第1シリーズ
吉田友紀(初代の通称あばれはっちゃく役=桜間長太郎役)、東野英心(父親役)、久里千春(母親役)、早瀬優香子(好きなガールフレンドのひとみ役)、島田歌穂(姉役)、山内賢(担任の先生役)、犬名不明の犬(愛犬のドン平役)

『男!あばれはっちゃく』 全102話 第2シリーズ

栗又厚(2代目の通称あばれはっちゃく役=桜庭長太郎役)、東野英心(父親役)、久里千春(母親役)、山内賢(担任の先生役)、塩沢いずみ(はっちゃくが好きなガールフレンドのみゆき役)、須田庄治(主人公の兄役)、鈴木輝江(ガールフレンド役)、犬名不明の犬(愛犬のドン平役)など




児童物なので基本的に主人公と年齢の近い小学生を対象に作られた30分枠のドラマ、放送は土曜日の19時30~20時ですが、大人が見ても非常に明るい気持ちになれる作品です。父親役は東野英心は視聴率40パーセントを記録した『水戸黄門』が当たり役の東野英治郎の実の息子で、母親役は久里千春は1958年からの大ヒット30分ドラマ『月光仮面』に出演していた元少女名子役です。先生役の山内賢はあまり当たりませんでしたが、1960年代の元日活映画の青春、若者路線の現代劇の映画スターでした。


録画を見直しても感じたことですが、これだけシンプルで面白いテレビドラマは現代はなくなりました。話を練りすぎた展開や気難しい人間関係や自称俳優を肩書きにしたタレントの姿をさらすような演技が中心で、残念ながら外国風がほとんどです。



栗又厚 吉田友紀 マドンナ 塩沢いずみ 桜庭長太郎

東野英心 水戸黄門 久里千春 月光仮面 少女名子役 山内賢 東野英治郎






日本のドラマは崩壊の危機か 日本、アメリカ、韓国の3国の『SUITS/スーツ






あのフジテレビではアメリカのドラマの日本版の『SUITS/スーツ』(2018年放送、最高視聴率はシーズン1の14.2%、2020にシーズン2)をやるほどです。批判はしませんし、肯定もしませんが、これを真に日本人の視聴者がどのくらいの割合で求めているのでしょうか。もちろん『半沢直樹』くらいまで当たれば認めるわけですが、放送局の自己満足があるのかもしれません。

外国ばかりを取り上げれば多様性だと簡易に考えているメディアに時々問題を感じることがありますが、チワワドラも今回は少し取り上げます。



織田裕二に思わずタメ口!? 仲良しバディ中島裕翔


俳優の織田裕二とジャニーズタレントの中島裕翔が登場、たくさん存在するジャニーズが苦手な人は無視してください。ジャニーズ事務所はジャニー喜多川のこともありますが、日本風にアレンジした部分もありますが、アメリカの芸能の影響が大きいことをご存知でしょうか。本当の日本の芸能の良さか、非常に疑問を感じます。

織田裕二 ジャニーズタレント 中島裕翔

ジャニー喜多川 ジャニーズ事務所



8分でわかる「SUITS/スーツ」のココがスゴい!


アメリカの「SUITS/スーツ」、元からアメリカのために作られたドラマなのでアメリカが基本です。



第1回を特別公開!「SUITS/スーツ~運命の選択~」2019.3.2 Blu-ray&DVDリリース!

韓国版 韓国は元から隆盛の歴史が浅いため、アメリカや日本のよく言えば影響が大きな芸能界です。ある種、元からアメリカ的です。

3国の違いがなんとなくは分かるかと思います。それぞれのやり方があるので一概に良し悪しはいえません。観て判断していただきたいところです。



日本版「SUITS/スーツ」 アメリカ版「SUITS/スーツ」 韓国版「SUITS/スーツ」






日本が日本の個性を失う原因に外国勢力やテレビ局そのもの劣化や政治の影






できるだけ政治のことは取り上げたくないのですが、政治と芸能の結びつきを強く否定する人がいますが、いつの時代も一定の影響は存在すると考えています。2020年は現実にコロナの影響で政治の政府の対策などの影響を受け、多くの芸能に多大な影響が生まれています。もちろんテレビドラマも撮影に影響が生まれるなど例外ではありません。この時点で大影響は否定できません。


姉妹ブログでチャップリンこと、チャールズ・チャップリンについて取り上げていますが、彼も政治に翻弄されました。

姉妹ブログの新記事⇒日の丸戦勝と共産売国奴 チャールズ・チャップリンVS映画超大国大日本の世界ベスト3サイレント超名優



戦後の1950年代から1960年代前半の日本映画の最大黄金期や、1960年代から1970年代をそのまま見てきた世代は比較的知るところですが、残念ながら日本らしさをアニメの風刺でしか知らない世代が50代以下に多く広がっています。



残念ながらここ20年ほどの日本のテレビドラマはNHKのドラマも含めて、視聴者にとってはどうでもいいものが大半を占め、日本の日本人のための放送局でありながら、白人や中共や在日韓国人に気を使い、放送局やスポンサー、製作者の自己満足に走りがちであり、ドラマの内容も細かいことを気にする作品ばかりが急激に増えてしまいました。


『あばれはっちゃく』のように良い意味のシンプルに戻ることは難しいでしょう。


もちろん昔の外国を気にしている時代がありました。特に戦中と戦後です。戦中(特に第二次世界大戦)下の日本国が関与した国策映画や戦後のアメリカのGHQ統制下の検閲による1952年までの自由製作の禁止など、その後は白人を気にしながらも日本らしい作品や文化の映像作品は花開いてきました。ですが、2000年くらいからの20年ほどのテレビメディアは日本らしさをさらに失い、全般的に価値を低迷させていきました。


チャップリン チャールズ・チャップリン




第二次世界大戦 GHQ統制下





NHKや民放テレビやテレビドラマの危機を伝える、一般人ではない二人のおじさん登場






たとえば、下のユーチューブの見栄えの残念ながらいいとはいえない裏方中心のおじさん二人が話している低予算の番組のほうが、きとんと日本のことを考えていて不思議とほっとします。


【NHK vs 民放】身内で揉め出したテレビ界!放送局の未来とは?222



現代のテレビに対する問題点にも多く触れている動画、これはドラマへも影響が大、左の人が時々回りくどい言い回しはありますが、過激になりすぎない雰囲気を最後まで維持している動画です。テレビではありえない1時間51分の大ボリュームの2名のみのおじさんトークが展開、細かくは触れません。記事公開日時点で12万強の再生です。

本当は今すぐにスクランブル放送化をお願いしたいところです。NHKの関係者が自宅に何度も訪ねられたり、観ていなくても支払わない人を相手に、裁判を起こすなどの騒動は非常に迷惑です。

チワワドラ的には、NHKは観たい人のみが観る、支払うスクランブル放送化のため、まずは、現在の年間24000円から1万円以下、5000円以下を下回る、年間受信料の低価格化を求めたいところです。


NHK スクランブル放送 年間受信料



時代劇を現代劇に風刺した2020年最大のヒットドラマ『半沢直樹』の第2シリーズの近年稀に見る高視聴率をきっかけに、日本人が、大衆が本当に好きだった、日本人のテレビドラマはよみがえるのでしょうか。残念ながら極めて難しいことと考えざる得ません。







姉妹ブログの新記事⇒日の丸戦勝と共産売国奴 チャールズ・チャップリンVS映画超大国大日本の世界ベスト3サイレント超名優 今回はメリハリもかねて過激ですが、創作の自由として、ご了承ください





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : あばれはっちゃく, 半沢直樹, SUITS/スーツ, 小倉智昭, 栗又厚, 鬼滅の刃, チャールズ・チャップリン, 織田裕二, 中島裕翔, ジャニー喜多川,

関連記事
[ 2020/10/26 06:40 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(2)

【動画有】長五郎から長太郎へ「あばれはっちゃく」誕生裏を取れ 時代を飛び越えた国民的侠客から名作児童ドラマ




【動画有】長五郎から長太郎へ「あばれはっちゃく」誕生裏を取れ 時代を飛び越えた国民的侠客から名作児童ドラマ








前回の三浦春馬の記事にユーチューブ動画を添付しました。ユーチューブの占い師やスピリチュアル関連の人物は。今回の彼の自殺で登録人数や視聴者数を非常に伸ばしている人がいます。



前回の記事
三浦春馬の自殺を肯定しているように平気で報道するテレビ各社の悪事と占い動画結論



彼の考察もいくらでもできますが、それがメインではないのでテレビドラマ側に戻ります。日本や外国でも幅広く知られる、テレビ音楽そのものに多大な貢献をした大音楽家、巨匠の渡辺岳夫のことに戻ります。2020年はドコモのスマホの広告でナベタケの「キューティーハニー」のオープニング主題歌の曲が再び使われていました。



それと公開記事数はこの記事が通産300です。初期は最悪な記事ばかりで、非常にご迷惑をおかけしましたが、今ではサルが人間になりました。これも生暖かい目で見守ってくれていたかもしれない、皆様のおかげです。






前々回の記事
怒鳴り演技と顔芸の名手の父親役とよもやの「暴力」再婚美人妻リレー




渡辺岳夫 三浦春馬 ナベタケ キューティーハニー 





渡辺岳夫(通称ナベタケ)は、1980年代は下の「1970年代よりも急激減少 1980年代のナベタケ音楽担当作品の主な作品群」ような主な代表的の映像番組の音楽を手掛けました。1970年代をピークに急激に代表的な担当作品が減少したことも彼の特徴です。1970年代がテレビ番組そのものの最大の黄金期とも言われるとおり、純粋にその黄金期が終焉したことが彼の活躍も自然と下降させたという考え方もあります。

映画のピーク時の1960年代の前半に時とも一部分以上は通じています。そして2000年代から時間を積み上げながら、現代はテレビからネットが中心になりつつあります。才能や流れだけではなく、時代の変化に当てはまる活躍ができることが音楽家の活躍にとって重要です。








1970年代よりも急激減少 1980年代のナベタケ音楽担当作品の主な作品群






以前の記事でも出していますが、分かりやすく伝えるためにもう一度「1980年代 映画(時代劇、現代劇、アニメ)、テレビ(時代劇、現代劇、アニメ)の代表作」を出します。





1980年代 映画(時代劇、現代劇、アニメ)、テレビ(時代劇、現代劇、アニメ)の代表作

<1970年代からの80年代の継続作>
花の子ルンルン(テレビアニメ 1979~1980) 機動戦士ガンダム(テレビアニメ 1979~1980)、騎馬奉行(テレビ時代劇 1979~1980)、あばれはっちゃく 第1シリーズ(テレビ現代劇 1979~1980 30分)、

<1980年代のその1 10本ずつ+1>
あばれはっちゃく 第2シリーズ~第5シリーズ(テレビ現代劇 1980~1985、30分 4カウント)、斬り捨て御免!(テレビ時代劇の全3シリーズ 1980~1982)、非情のライセンス第3シリーズ<1980) 機動戦士ガンダム(映画版の3部作 1981~1983) 11

<1980年代のその1 10本ずつ+2>
同心暁蘭之介(テレビ時代劇 1981~1982)、 大奥(1983)=(テレビ時代劇 1983~1984) わが子よシリーズ(テレビ現代劇 月~金の30分 1、3~6シーズン 1981~1986 5作カウント)、仕掛人・藤枝梅安シリーズ(小林桂樹版 テレビ時代劇の単発長編7作 1982~1983 1作カウント) 赤かぶ検事奮戦記(テレビ現代劇 フランキー堺版 通算5シリーズの1~4 1980~1985) 12 1980年代は通算23 継続含めると27

1980年代は通算23 継続含めると27








ナベタケ1980年代の音楽担当作の代表的4選






1980年代の中で大きいと考えられるのが、あばれはっちゃく 第2シリーズ~第5シリーズ(テレビ現代劇 1980~1985、30分 4カウント)、機動戦士ガンダム(映画版の3部作 1981~1983)、大奥(1983)=(テレビ時代劇 1983~1984)、赤かぶ検事奮戦記(テレビ現代劇 フランキー堺版 通算5シリーズの1~4 1980~1985) の4つです。



もちろん全て視聴しています。1980年代の渡辺岳夫の上位の4選の担当作の中から、特にファーストガンダムとも称される初のガンダムアニメの『機動戦士ガンダム』は多くの人が観ているのであえて触れませんが、個人的にはCS放送の再放送で録画もしていた「あばれはっちゃくの第2シリーズ」の『男!あばれはっちゃく』(全4シリーズ最長の全102話)を選んでみました。


「あばれはっちゃくシリーズ」は、解釈にもよりますが、ざっくりいうと、いわゆる「サザエさん」の1970年代後半から1980年代風な少年主人公版的な内容で、劇中音楽や主題歌は渡辺岳夫が担当しています、渡辺の別な音楽担当作でいうと『あらいぐまラスカル』のあらいぐまの立ち居地の役柄も劇中に登場しています。

「あばれはっちゃくシリーズ」は劇中で登場するマスコットキャラクターは犬で、主人公の飼い犬として毎回の登場します。『あらいぐまラスカル』のマスコットキャラクターはあらいぐまであり、「あばれはっちゃくシリーズ」の犬の立ち位置で登場する、ここも面白さです。同じナベタケの音楽担当作のアニメと実写作品の代表作の共通点もあり、さらにマスコットも置き換え的な共通、しかも互いに30分枠です。


明るく馬鹿な分かりやすお内容、テンポの良い展開が基本で、小学生の少年の学校生活や家庭の両親、先生、友人やライバル、好きなガールフレンド、各話に関連させたゲスト人物などとの周囲の複雑な要素、飼い犬の愛犬を巻き込んだ、児童文学原作の児童物テレビドラマの名作です。








『男!あばれはっちゃく』と清水の次郎長 まさかの少年現代劇版と大人時代劇版






『男!あばれはっちゃく』のオープニングとエンディングの主題歌「タンゴむりすんな!」「そいつぁ!」も素晴らしく、堀江美都子の歌が異常にかみ合います。オープニングは主題歌タイトルどおりタンゴの要素を取り入れています。主人公が少年のため、その少年を意識した暴れん坊だけど、正義感がある優しさもある、実はそんな歌い方をしているように感じられます。


世の中的には、はみだしものの暴れん坊だけど、人一倍の義理と人情がある、リーダーシップを時にみせる、「あばれはっちゃくシリーズ」以前の戦前からの時代劇にもあります。たとえば清水の次郎長を少年にしたような部分もあって、原作者の時代劇の影響を主人公のキャラクターに反映させています。


桜間長太郎(通称・あばれはっちゃく)、山本長五郎(通称・次郎長、清水の次郎長、清水次郎長、米屋の長五郎、山本屋長五郎など)、現実に名前も似ています。山本長五郎は現在の静岡県の清水港の山本屋という米屋の子供として、映画やドラマでは描かれています。

次郎長こと、山本長五郎は現実に存在した歴史上としてだけではなく、映画(70本以上)、ドラマ(10度以上)でも非常に国民的に有名な人物ですが、あばれはっちゃくこと、桜間長太郎は名前としては架空の人物です。

映画では4作で5000万人以上を動員した国民的な大ヒットの次郎長役の片岡千恵蔵(国民的映画俳優、時代劇を代表する俳優、スタープロダクションの大成功や大手映画会社の東映や大映の形成と日本映画黄金期トップ俳優、時代劇映画最多観客動員俳優など多数)、

最多9作で最低でも1000万人は動員したと考えられる、次郎長役を演じた小堀明男も代表的な役、同時に当たり役にしています。戦後の1950年代前半がピークの時代劇スターの一人、映画の名優の小堀明男は、次郎長のみが生涯の当たり役でした。





【中古】 男!あばれはっちゃく DVD-BOX 1 デジタルリマスター版 【DVD】

第2作目のみ、ガタイが良い主人公の桜間長太郎、子役の栗又厚が演じました。知る人ぞ知る名子役です。他4作の長太郎は痩せている印象が強めです。





機動戦士ガンダム サザエさん あらいぐまラスカル

男!あばれはっちゃく タンゴむりすんな! そいつぁ! 堀江美都子


清水の次郎長
 桜間長太郎 山本長五郎 次郎長 清水次郎長 米屋の長五郎 山本屋長五郎

片岡千恵蔵 小堀明男








俺は あばれ はっちゃく タンゴむりすんな(FULL)歌=堀江美都子





第2シリーズの男!あばれはっちゃくOP「タンゴむりすんな!」2分45秒です。




劇中では基本的に1番のみが流れます。これはフルサイズ版です。アニソンの女王やアニソン界の女王とも称される、堀江美都子のテレビ番組の主題歌はアニメがほとんどですが、他にも東映の特撮ドラマやこのような児童テレビドラマの主題歌も少ないながらも担当しています。




男!あばれはっちゃくED「そいつぁだれだ」??





第2シリーズの男!あばれはっちゃくED「そいつぁだれだ」です。テレビでは「そいつぁ!」と表記され、現実には「バンバンビンビンはっちゃめちゃ」です。作詞=山中恒(現作者)、作曲=渡辺岳夫、編曲=久石譲です。実はジブリアニメで知られる音楽家の久石譲は、大先輩の渡辺岳夫の編曲をやっていたわけです。知らない人は驚きでしょう、これは先輩いてこその後輩が存在知るという普遍的で基本的な概念を語っています。名編曲家としても知られる、高田弘もナベタケの編曲を、このドラマシリーズでやっています。


エンディングは個人的なレベルだと1作目「はっちゃく音頭」のほうが好きです。残念ながら1作目が動画がありません。録画DVDがありますが、わたしことチワワドラ自身によるアップロードは手間を考えてやりません。



タンゴむりすんな! アニソンの女王 アニソン界の女王

そいつぁだれだ そいつぁ! バンバンビンビンはっちゃめちゃ 山中恒 久石譲 ジブリアニメ 高田弘 山野さと子 渡哲也 大都会 PARTII




「あばれはっちゃくシリーズ」は、シリーズごとにオープニング主題歌は1~4までは同じですが、5作目は山野さと子です。エンディングはシリーズごとに主題歌が違います。また特に第1、第2シリーズは歌も1番だけでなく、ときどき2番の場合があった記憶が強くあります。基本的にフルサイズではなく、テレビサイズで完成している主題歌なので、フルサイズは長くても物足りなく感じてしまう部分があります。映像作品の主題歌らしく、映像と同時に流れてこそ、主題歌の魅力が最大限に活かされています。








姉妹ブログ新記事 

ドラマメインの俳優の渡哲也も登場、以前このブログでも数年前に取り上げていますが、彼の主演作だと1977~1978『大都会 PARTII』が一番だとは考えています。刑事ドラマとしての派手さなどではなく、純粋な良い内容の探求をやっていました。ここを評価していますし、今できない面白みもあります。
剣聖の次男とダブル歴代ベストテン俳優 逝去の渡哲也降臨とライバル三人の意外な本数争い



姉妹ブログのウラ路線の新記事
摩訶不思議 「いなばWanちゅ〜る」もう1本コールと『刺青奇偶』『雪之丞変化』時代劇四大巨匠「泉笠」







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : あばれはっちゃく, 渡辺岳夫, 三浦春馬, 渡哲也, 栗又厚, 久石譲, 桜間長太郎, 堀江美都子, 清水次郎長, 山本長五郎,

関連記事
[ 2020/08/25 06:16 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(2)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2021年 02月 【1件】
2021年 01月 【1件】
2020年 12月 【1件】
2020年 11月 【1件】
2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち