FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

【大進撃】映画界の天皇 渡辺邦男が参加した主なテレビドラマたちを公開





前回に引き続き、映画界とテレビドラマに大きな功績を残した渡辺邦男の功績の一端に迫っています。渡辺邦男は確認できるだけで、映画240作以上、17作のテレビドラマに参加しました。


前回記事リンク⇒天皇の渡辺邦男と松本常保 映画とドラマと 時代と運命と




渡辺の映画とテレビドラマ





渡辺邦男は映画とテレビドラマを合わせると戦前の映画黄金期からテレビドラマ黄金期の1928~1974で約47年間で実働があり、世界に誇る大巨匠のマキノ雅弘に次ぐレベルで上位の年数を記録しました。下記の渡辺邦男の”渡辺邦男の映画とテレビドラマ”に関しても触れていきます。




<渡辺邦男の映画とテレビドラマ>
 監督期間と総年数       参加数など

映画 1928~1970 約43年間 映画230作強、オリジナルと分数の異なる現存作を含むと240作強
ドラマ 1955~1974 約20年間 テレビドラマ17作以上、監督担当回数は220本以上




渡辺邦男の実働47年は1974年の最後のテレビドラマ参加作の時期としては、1926年から監督を続行中のマキノ雅弘に次ぐ年数でした。(映画とテレビドラマの参加監督の対象)つまり、渡辺邦男は映画とドラマで代表作を残した人物の事実上の最初であり、草分けでした。この時点だけでも大きく評価してよい部分だと考えられます。


テレビドラマ史―人と映像 (1978年)
テレビドラマ史―人と映像 (1978年)




渡辺邦男が参加した主なテレビドラマ





<渡辺邦男が参加した主なテレビドラマ>
『ドラマタイトル』 放送年数 放送期間 #渡辺の担当 ・その他

『エノケン ホームラン王』 1955 単発   #監督 ・脚本はサトウハチロー
姿三四郎(1963)』 1963~1964 半年間  #チーフ監督と脚本 ・全体的に参加
柔(1964)』 1964~1965 半年間  #チーフ監督と脚本 ・全体的に参加
『王将物語』 1965 1クール  #監修のみ ・監督は西山正輝ら 脚本は藤本義一ら
『人生劇場(1965)』 1965 1クール  #監修のみ 
  ・監督は内出好吉ら、脚本は映画とドラマの名脚本家の結束信二

『柔一筋』 1965 1クール  #監督と脚本で数回のみ参加、・監督は1話を担当していると考えられる。
『続 柔』 1965~1966 半年間  #監修のみ ・監督は西山正輝ら 脚本は真弓典正ら
『明治天皇(1966)』 1966~1967 半年間以上  #監督と脚本で参加と原作 ・全体的に参加、2期に分けて放送
『若さま侍捕物帖(1967)』 1967 4ヶ月  #監督で参加 ・全体は不明 脚本は津田幸夫(津田幸於)ら
遠山の金さん(1967)』 1967 1クール  #監督と脚本で参加 ・全体は不明
10
『愛の珊瑚礁』 1968 2ヶ月  #監督と脚本と原作 ・監督と脚本は重要な序盤に参加
『右門捕物帖(1969)』 1969~1970 半年間  #一人目の監督と脚本 ・監督を離れた途中の話数から監修表記
姿三四郎(1970)』 1970 話数は半年  #監督と脚本で参加  ・竹脇無我の主演版
『闘魂』 1970~1971 話数は18話だが5ヶ月  #監督と脚本で参加 
  ・全体は不明、昔に録画視聴したがチェックできず
『黒帯風雲録 柔』 1972 1クール  #監督と脚本で参加 ・全体は不明
15
『月形半平太(1973)』 1973 単発  #監督  ・脚本は東映や松竹の時代劇映画で活躍した鈴木兵吾
旗本退屈男(1973)』 1973~1974  半年間  #監督と脚本で中盤から参加  
  ・豪華な監督と脚本陣、全話数の視聴と録画済
17




*『ドラマタイトル』 放送年数 放送期間 #渡辺の担当 は確認、または確認できたもの
*1クール=約3ヶ月の放送回数の意味
*( )があるものはそのままのタイトルで他に複重があるもの、たとえば『柔(1964)』は年数を省くと同名の歌があります。
姿三四郎(1963)』は他にも同名でテレビドラマが作られていますし、『人生劇場(1965)』は1930年代から同名の映画も作られています。


愛と青春のドラマスペシャル 姿三四郎 [DVD]
東宝 (2008-05-23)
売り上げランキング: 80,150

・2008年の12月に放送されたテレビドラマの『愛と青春のドラマスペシャル 姿三四郎
主演はジャニーズのNEWSの加藤シゲアキ(放送当時の芸名が加藤成亮)


<姉妹の映画ブログ>
・ニュージーランド映画に隠された謎のベールを剥ぐ
ニュージーランド映画と日本映画の歴史の極秘共通点【救急浮上若大将】

・『ロード・オブ・ザ・リング』の三部作のピーター・ジャクソンとニュージーランド映画の形成に貢献したある人物
ピーター・ジャクソン降臨 ニュージーランド映画と日本映画の歴史の極秘共通点【救急浮上若大将】裏側




渡辺邦男が参加したテレビドラマの特色





渡辺邦男のテレビドラマの特色はやはり現代劇と時代劇の製作に参加した部分です。現代劇と時代劇の両方を起用に対応し、上手に仕上げられて、大きな実積を持っている人間は現代ではさらに困難ですが、当時でもなかなかいませんでした。

渡辺邦男は現存作などを含めると240作以上の映画も同様に現代劇と時代劇を半数に近いほど残していますし、テレビドラマもその両方に通じていた器用な渡辺邦男らしさが残された作品に感じられます。





裏側の公開記事リンク
  ↓   ↓
永遠の最大ライバルがテレビドラマで終止符 渡辺邦男とマキノ雅弘の娯楽映画2大巨匠
冒頭で触れた2名の巨匠の激戦の一端と渡辺邦男のテレビドラマに迫りまります。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 映画界の天皇, 渡辺邦男, 加藤シゲアキ, マキノ雅弘, 姿三四郎, 柔(1964), 竹脇無我, 結束信二, 旗本退屈男, 遠山の金さん,

【テレビドラマ貢献】松本常保と映画の通産42作とテレビドラマ22作の謎


今回は路線を前の流れに戻して日本電波映画松本常保にスポットを当てて行こうと考えています。

その前の流れ部分⇒有頂天天国から烙印の生き地獄 そして出会った「えくらん社」の男以前に松本常保が登場した記事



テレビと映画で活躍した名製作者の存在





松本常保日本電波映画を創立して『琴姫七変化』や『姿三四郎』、『柔(1964)』などのテレビドラマのヒット作を多く世に送り出しました。ですが、その影には映画とテレビの両方向の活動が存在しています。今回はその部分を取上げていきます。


日本電波映画はテレビドラマ(テレビ映画)の制作を行っていましたが、映画の製作も行っていました。その配給は松竹でした。今回も映画のことが登場してしまいますが、松本常保はテレビドラマの関係者でもあると同時に映画の関係者であっても大きなつながりがあるものと考えています。

松本常保はテレビドラマと映画のどちらの方が活躍の比重があったのかは重要です。トータルではテレビ関係者と考えています。
それは大きな制作の代表作のほとんどがテレビドラマ側であることが挙げられるからです。






偉大な実積 映画の通産42作とテレビドラマ22作





映画の制作と企画の本数は確認できるのみで通産42作です。ドラマブログのため、映画に関することは府変えたいところですが、松本常保は1960年代を中心としてテレビドラマに大きく貢献した人物であり、名製作者(プロデューサー)です。


映画の製作者としての主な代表作は1948年『明日は日本晴れ』から1987年『舞妓物語』までの39年間にわたって製作や企画などで映画に携わっていました。テレビドラマは1960年から1974年の期間で22作強(未放映は含まない)を制作しました。



<松本常保の携わった映画とテレビドラマの製作本数と年数>
映画      42作 39年間 1948~1987  (日本電波映画の制作は6作)
テレビドラマ 22作 15年間 1960~1974 (日本電波映画と社名変更後の大和企画)

*大和企画は『白獅子仮面』、『藍は愛ゆえに』など



テレビドラマのうちの21作のうちの18作が1960~1966年の7年間に集中しています。その後の7年間で4作のみしか製作していません。この前期の7年18作以上から後期の7年3作にまで減少した理由として、このとき映画制作に力を入れていたこともテレビドラマが減少した理由だと考えられます。つまり資金的な面でも大きな打撃があったことも同時に考えられます。

*現時点で18作は確認できるのみで構成

姿三四郎と富田常雄
日本電波映画のテレビドラマ『柔』や映画『明治の風雪 柔旋風』などの原作者としても知られる柔道小説の原作者の富田常雄





日本電波映画の最大のピークの1965年から1966年の12作の実態




日本電波映画は1965年から1966年まで通産で6作の映画を製作していました。この1965から1965年のテレビドラマは9作の放映がされていました。




<主な日本電波映画の製作本数的なピークとなった1965年と1966年のテレビドラマ>

1964~ 1965年 『里見八犬伝(1964)』  日本テレビ系
1964~ 1965年 『柔(1964)』  日本テレビ系
1964~ 1965年 『坊主拳法』  読売テレビ(日本テレビ)系
1965年      『柔一筋』   日本テレビ系
1965~ 1966年 『続 柔』  日本テレビ系
1965~ 1966年 『柔道水滸伝』  日本テレビ系
1965年      『人生劇場』  フジテレビ系
1966       『青雲五人の男』   日本テレビ系
1966~1967 『明治天皇』  読売テレビ(日本テレビ)系




*すべてテレビ映画として製作



<主な日本電波映画の製作、松竹の配給の映画>
    『タイトル』          監督×主演        ジャンルの要素
1965 『明治の風雪 柔旋風』   渡辺邦男×平井昌一   柔道・青春
1965 『暴力の港 虎と狼』     土居通芳×丹波哲郎   やくざ・アクション
1965 『柔施風・怒涛の対決』   西山正輝×和崎俊哉   柔道・青春
1965 『続・柔旋風 四天王誕生』 西山正輝×倉丘伸太朗と平井昌一   柔道・青春
1966 『ド根性大将』         土居通芳×長門裕之   将棋・勝負
1966『男の顔は切り札』      マキノ雅弘×安藤昇    仁侠・アクション





上記の二つのように主な日本電波映画の製作本数的なピークとなったテレビドラマの9作と主な日本電波映画の製作の映画の6作は1965年と1966年の2年間に作られていました。テレビドラマと映画を含めて15作です。1970年代にテレビドラマ、テレビアニメと映画を同時に数多くヒットさせていた東映のように大手ではないため、日本電波映画の15作は2年間の本数としては膨大な数といえるでしょう。


CafePress – Small柔道ポスター – 16
アートと共鳴した柔道の一コマ 投げ技の瞬間は見る人を惹き付けます。 




裏側の青春と精神の清さを描いた柔道映画群  ↓  ↓
若者たちの青き春と精神の清さを描いた柔道映画群

姉妹の映画ブログ⇒8.18山中貞雄×大河内傳次郎 短命の大活躍の草間に恩師の顔

8.4⇒映画歴代対決没発 「七つの顔の男」と7番勝負



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 日本電波映画, 松本常保, 琴姫七変化, 姿三四郎, 松竹, 富田常雄, 柔(1964), 渡辺邦男, 「明治の風雪, 柔旋風」,

関連記事
[ 2017/08/27 00:03 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2021年 01月 【1件】
2020年 12月 【1件】
2020年 11月 【1件】
2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち