FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

大岡越前と丹下左膳の原作者の罪作り・3スターの競合合戦の前代未聞「名脇役・団徳麿(後編)」



新版大岡政談には3名の俳優の競い合いが存在していました。それが最初の新版大岡政談丹下左膳を演じた嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)と団徳麿大河内伝次郎の3名のスター俳優の存在です。この中で大きく成功を収めた人物が大河内伝次郎でした。



嵐寛寿郎丹下左膳と映画出演200作以上の市川小文治



団徳麿による新版大岡政談は1928年の5月から7月にかけて3部作で公開されましたが、1作目のみが”鈴川源十郎の巻”とも付けられたタイトルでした。鈴川源十郎という役に焦点が当てられていました。実は嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)によるシリーズも作られていますが、2作のみで終了しています。そこには大きな評価を得ることができなかった部分があったのです。大岡越前守は全般的には脇役で活躍した市川小文治が演じていました。市川小文治団徳麿のように映画出演200作以上を記録し、数多くの主演スターと共に歩んだ映画人生でした。ですが、市川小文治は1950年代の前半に団徳麿よりも10年以上早い時期に映画界を去りました。

嵐長三郎の新版大岡政談(1928年5月のみ)製作・マキノ・プロダクション
「新版大岡政談 前篇」 
「新版大岡政談 中篇」
丹下左膳=嵐長三郎 大岡越前守=市川小文治




<3名の中で大岡政談と丹下左膳で最大の成功者・大河内伝次郎



大河内伝次郎による同年の同時期に公開された「新版大岡政談 第一篇」監督・伊藤大輔がヒットして、脇役として登場していた丹下左膳が主軸として作られていくことになります。のちに原作の「新版大岡政談・鈴川源十郎の巻」が”丹下左膳と改題”されており、大河内伝次郎の丹下左膳の大きなヒットが存在したことを後世に残しています。

大河内伝次郎の新版大岡政談(1928年5~8月)製作・日活
「新版大岡政談 第一篇」
「新版大岡政談 第二篇」
「新版大岡政談 第三篇 解決篇」
丹下左膳、大岡越前守(2役) =大河内伝次郎




<同年に競合合戦を実現させた罪作りな原作者・林不忘>



丹下左膳の形成には、この団徳麿(前回記事にあり⇒「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」)、嵐長三郎、大河内伝次郎の3スターの競合合戦(1928年に競合)が生み出した部分が影響していました。原作の林不忘という人物はある意味で罪な人かもしれません。何故なら東亜キネマ、マキノ・プロダクション、日活の3つの映画会社に映像化の許可をしただけにとどまらずに主演俳優3名を競わせたことになるためです。こうした同年の映像化の競合は日本ではあまりないことです。ドラも数多くの作品を知っていますが、同一原作者による3つの映画シリーズが同じ年に公開されることはほとんどありません。前代未聞の出来事でした。

*タイトルの大岡越前と丹下左膳の原作者とありますが、
正確には大岡越前の方は元ともいわれる大岡政談の原作者でした。
タイトルとしてややこしくなるため、ああいう風に表記しました。




<大河ドラマ「太閤記」(1965)の織田信長でも知られる高橋幸治と丹下左膳>



この3名はのちの大岡越前や丹下左膳の映画やテレビドラマ影響を与えています。その一例が高橋幸治です。
大河ドラマ 太閤記【NHKスクエア限定商品】
NHKエンタープライズ
売り上げランキング: 171,294
丹下左膳は数多くの俳優によって作られてきました。テレビではNHK大河ドラマの3作目「太閤記」(1965)の織田信長役で人気を博した高橋幸治も演じていました。残念ながら「太閤記」はほとんどの話数が現存していませんが、。ドラも視聴済みの高橋幸治の丹下左膳はすべて見られます。映画監督の市川崑が制作に関与した、テレビ時代劇「丹下左膳 乾坤篇」と「丹下左膳 こけ猿の壷篇」(1974~1975)です。


↓当ブログの裏通り記事↓あの赤塚不二夫「おそ松くん」、「おそ松さん」と千恵蔵??
赤塚不二夫や「おそ松くん」、「おそ松さん」、大河ドラマにも関与や影響の片岡千恵蔵 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 大岡政談, 丹下左膳, 嵐寛寿郎, 団徳麿, 大河内伝次郎, 高橋幸治, 市川小文治, 伊藤大輔, 織田信長, 太閤記,

関連記事
[ 2016/10/27 18:53 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)

テレビ時代劇・大岡越前の形成に埋もれた芸能史「奥底の深い部分の大人物たち」



1970年代を代表するテレビ時代劇・大岡越前と映画時代の関係は、奥底の深い部分にまで至ります。前回に取り上げた日本映画のサイレント期から時代劇の形成期、最大の黄金期を支えた月形龍之介のほかにも、大岡越前への形成に関与した人物ととある題材があります。


形成に関与した人物の1人が大河内伝次郎です。時代劇を形成し戦前の時代劇黄金期を主演スターで支えた1人が彼でした。映画における時代劇の黄金期は、1930年代の戦前の時代劇6大スターなどの活躍や時代劇4大巨匠などによる大きな繁栄期、1950年代の東映や大映を中心による爆発的な興行を生み出した最盛期の二つに分かれる考え方があります


最初の小説家・林不忘(はやしふぼう)による原作として名高い”大岡政談”の映像化は、反逆のヒーロー・丹下左膳が登場する
大岡政談の物語の一つとして、映画化されていました。大岡政談大岡越前は脇役でした。

最初の映画化は、丹下左膳=嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)の主演でしたが、最初の林不忘による大岡政談もの映画は、阪東妻三郎をの才能を開花させたことでも知られる名匠・二川文太郎という映画監督による映画でした。

ちなみに1928年の「新版大岡政談」の総指揮は、日本映画の父・日本初の巨匠・日本の映像芸能の父、日本最初の映画大スター・尾上松之助との名コンビなどの数多くの功績を持つ超大物の牧野省三でした。



その後、原作有の大岡政談として大きな転機となるのが大河内伝次郎による大岡政談ものの存在です。のちの巨匠・伊藤大輔と歴代上位の映画スター・大河内伝次郎大岡越前の形成に関与していました。


 大河内伝次郎による当初の大岡政談もの
 1928「新版大岡政談 第一篇」  日活
 1928「新版大岡政談 第二篇」  日活
 1928「新版大岡政談 第三篇 解決篇」  日活


 日活=日活太奏
 監督は全て伊藤大輔が担当で、サイレント映画


名作映画サイレント劇場 DVD10枚組 BCP-051
株式会社 コスミック出版 (2007-01-01)
売り上げランキング: 38,045
いろいろ無理があるセレクトですが、↑↑伊井蓉峰(いい ようほう)は、生涯で映画にほとんど出ておらず、時代劇の映画スターではなく、映画に出演しただけであり、ほぼ舞台のスター俳優でした。


伊藤大輔大河内伝次郎のコンビによる大岡政談は評価やヒットして、登場人物の丹下左膳も受け入れられましたが、丹下左膳は映画初期ののアウトローヒーローの一つでもあり、のちのアウトローヒーローともいえる「座頭市」(勝新太郎や北野  武など)へ長年にわたってつながっていきます。


その後の大岡政談の幅を広げるため、大岡越前が引き続き登場しながら、丹下左膳が登場せずに別の主人公を作り出す作品が作られました。それが”神尾喬之助、茨右近”を登場する大岡政談の「魔像」の存在でした。

当ブログの裏通りブログはじめました⇒ 完全版 テレビ時代劇・大岡越前の形成に埋もれた芸能史「奥底の深い部分の大人物たち」←お時間あれば気軽にご覧ください。 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 大岡越前, 大河内伝次郎, 伊藤大輔, 嵐寛寿郎, 阪東妻三郎, 尾上松之助, 座頭市, 勝新太郎, 北野武, 大岡政談,

関連記事
[ 2016/08/27 07:19 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)

映画出演500作の超・大名俳優と大岡越前の危険なカ・ン・ケ・イ


テレビドラマで1970年代には視聴率30パーセントを記録するなど、大ヒットを記録した時代劇の「大岡越前」は、さまざまな映画スターたちが戦前から戦後にかけて演じています。タイトルは「大岡政談」としても多く作られていますが、大岡もの、魔像ものなどとも呼ばれることがある題材も存在しています。けっこう複雑です。

テレビドラマの「大岡越前」は1970年にTBS系列でスタートしましたが、東映が制作に大きく関与していることでも知られています。大岡越前東映の映画時代に幾人かの映画スターが演じて、影響や題材の要素などがテレビ版に引き継がれた部分が考えられています。その可能性の一部分に触れてみましょう。


東映が映画化した後の大岡越前に影響したと考えられる「大岡政談」の映画
①1955年 「大岡政談 血煙り地蔵」主演・大岡越前守 月形龍之介
監督・伊賀山正徳 脚本・結束信二

②1955年 「大岡政談 黄金夜叉」主演・大岡越前守 月形龍之介
監督・伊賀山正徳 脚本・結束信二

③1958年 「大岡政談 幽霊八十八夜」主演・大岡越前守 大友柳太朗
監督・佐伯清 脚本・中田竜雄、佐伯清

④1959年 「大岡政談 千島の印篭」主演・大岡越前守 主役・片岡千恵蔵
監督・佐々木康 脚本・結束信二

⑤1960年 「大岡政談 魔像篇」 主演・大岡越前守・魚心堂(2役) 市川右太衛門
監督・河野寿一 脚本・高岩肇

東映の大岡政談の映画タイトルでは計5作が確認されています。この5作では月形龍之介大友柳太朗片岡千恵蔵市川右太衛門の順で演じている特徴がみられます。月形龍之介大友柳太朗は助演も多数ありますが、5名とも東映を代表する映画スターが演じていた歴史が存在しています。

マンガ大岡政談
マンガ大岡政談
posted with amazlet at 16.06.25

平凡社
売り上げランキング: 348,176
ドラマや映画に興味がなくても漫画から軽く読める大岡政談や大岡越前。まずは興味を持ってもらうことも大切です。

1、2作目の1955年「大岡政談 血煙り地蔵」と「大岡政談 黄金夜叉」は監督と脚本、製作者も同じことから同じことから関連作であることが伺えます。この2作はCS放送で何度か放送されています。監督の伊賀山正徳は伊賀山正光と改名して映画やテレビドラマの監督として活動を続けていきます。

伊賀山正徳(=伊賀山正光)はテレビドラマでは、「特別機動捜査隊」や天知茂が主演した1970年代の東映の刑事ドラマ「非情のライセンス」などでも何度かクレジットが表記されているのを確認しています。1930年代の時代劇が中心の日活時代から、1980年頃までテレビドラマの現代劇、時代劇において監督を務めているため、約50年近い長期の活動です。

脚本・結束信二という脚本家、このブログでも何度か取り上げていますが、戦後のデビューでは世界トップの数を誇るほど、東映の時代劇を支えた職人脚本家の名手でした。以前に書いていますが、テレビドラマでも東映・NETの「新選組血風録(1965)」や「用心棒シリーズ」など、いくつかの代表作を残しました。

「大岡政談 血煙り地蔵」と「大岡政談 黄金夜叉」で主演の月形龍之介は、日本の映画史にとって大きな貢献・痕跡を数多く残した俳優です。数多くの有名な役を脇役を中心で演じ、戦前と戦後を通すと500作以上の映画に出演し、戦後は少なめですが、主演数は通算で120作近くが確認されています。また、戦前からほんとに数多くの主演映画スターを支えてきました。その数は軽く書いても50名以上に到達します。戦前と戦後の両方を通して活躍して、500作以上の映画出演数は世界1位です。

戦前と戦後を通して、軽く数えても1920年代から1970年代前半まで、50年ほどで100作以上の数多くの有名・ヒット映画に出演した本当の銀幕の超大俳優でした。海外にはこんな名俳優は誰もいません。日本にこのような大記録を残した俳優がいたことを、名前さえも知らない若者に伝えることも大切です。

ドラはこの人のことを理解しているつもりですが、片岡千恵蔵と並ぶほどに詳しく話したらほんとに長くなる本当の俳優です。それだけ大俳優といえる要素が数多くあります。

林不忘 作品集左の著名な時代小説家・林不忘(はやしふぼう)のほかにも大岡政談の原作は多数存在しています。

ドラマでも「用心棒シリーズ」や「天を斬る」などで2度で出演しているのを確認しています。最近もチラっと観直ししましたが結束信二の脚本による「天を斬る」(1969)の悲劇の死を遂げた武士の父親役はよかったですね。生前には息子の将来を考えて、あえて突き放しながらも死んだ息子のために尽くしてくれた、主人公たちに感謝を述べる役柄を言葉少なめに演じています。

少ない言葉。最近まで生きていた俳優でいうと高倉健もそんな演技をしていましたが、セリフは多くしゃべらせればよいわけではありません。セリフを多くしゃべられると同時に安っぽく軽くなります。月形龍之介も晩年は高倉健のように自分なりの経験を活用した熟練の技を感じさせてくれました。

ドラマだとドラマ俳優の幅に当てはめられるため、映画とは違う風に定着してしまいがちですが、月形龍之介という唯一無二の俳優はドラマでも映画でも真に名俳優だと感じさせてくれます。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : , 大岡越前, 大岡政談, 月形龍之介, 片岡千恵蔵, 市川右太衛門, 大友柳太朗, 高倉健, 東映, 伊賀山正徳,

関連記事
[ 2016/06/25 19:36 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち