FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

大岡越前と丹下左膳の原作者の罪作り・3スターの競合合戦の前代未聞「名脇役・団徳麿(後編)」



新版大岡政談には3名の俳優の競い合いが存在していました。それが最初の新版大岡政談丹下左膳を演じた嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)と団徳麿大河内伝次郎の3名のスター俳優の存在です。この中で大きく成功を収めた人物が大河内伝次郎でした。



嵐寛寿郎丹下左膳と映画出演200作以上の市川小文治



団徳麿による新版大岡政談は1928年の5月から7月にかけて3部作で公開されましたが、1作目のみが”鈴川源十郎の巻”とも付けられたタイトルでした。鈴川源十郎という役に焦点が当てられていました。実は嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)によるシリーズも作られていますが、2作のみで終了しています。そこには大きな評価を得ることができなかった部分があったのです。大岡越前守は全般的には脇役で活躍した市川小文治が演じていました。市川小文治団徳麿のように映画出演200作以上を記録し、数多くの主演スターと共に歩んだ映画人生でした。ですが、市川小文治は1950年代の前半に団徳麿よりも10年以上早い時期に映画界を去りました。

嵐長三郎の新版大岡政談(1928年5月のみ)製作・マキノ・プロダクション
「新版大岡政談 前篇」 
「新版大岡政談 中篇」
丹下左膳=嵐長三郎 大岡越前守=市川小文治




<3名の中で大岡政談と丹下左膳で最大の成功者・大河内伝次郎



大河内伝次郎による同年の同時期に公開された「新版大岡政談 第一篇」監督・伊藤大輔がヒットして、脇役として登場していた丹下左膳が主軸として作られていくことになります。のちに原作の「新版大岡政談・鈴川源十郎の巻」が”丹下左膳と改題”されており、大河内伝次郎の丹下左膳の大きなヒットが存在したことを後世に残しています。

大河内伝次郎の新版大岡政談(1928年5~8月)製作・日活
「新版大岡政談 第一篇」
「新版大岡政談 第二篇」
「新版大岡政談 第三篇 解決篇」
丹下左膳、大岡越前守(2役) =大河内伝次郎




<同年に競合合戦を実現させた罪作りな原作者・林不忘>



丹下左膳の形成には、この団徳麿(前回記事にあり⇒「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」)、嵐長三郎、大河内伝次郎の3スターの競合合戦(1928年に競合)が生み出した部分が影響していました。原作の林不忘という人物はある意味で罪な人かもしれません。何故なら東亜キネマ、マキノ・プロダクション、日活の3つの映画会社に映像化の許可をしただけにとどまらずに主演俳優3名を競わせたことになるためです。こうした同年の映像化の競合は日本ではあまりないことです。ドラも数多くの作品を知っていますが、同一原作者による3つの映画シリーズが同じ年に公開されることはほとんどありません。前代未聞の出来事でした。

*タイトルの大岡越前と丹下左膳の原作者とありますが、
正確には大岡越前の方は元ともいわれる大岡政談の原作者でした。
タイトルとしてややこしくなるため、ああいう風に表記しました。




<大河ドラマ「太閤記」(1965)の織田信長でも知られる高橋幸治と丹下左膳>



この3名はのちの大岡越前や丹下左膳の映画やテレビドラマ影響を与えています。その一例が高橋幸治です。
大河ドラマ 太閤記【NHKスクエア限定商品】
NHKエンタープライズ
売り上げランキング: 171,294
丹下左膳は数多くの俳優によって作られてきました。テレビではNHK大河ドラマの3作目「太閤記」(1965)の織田信長役で人気を博した高橋幸治も演じていました。残念ながら「太閤記」はほとんどの話数が現存していませんが、。ドラも視聴済みの高橋幸治の丹下左膳はすべて見られます。映画監督の市川崑が制作に関与した、テレビ時代劇「丹下左膳 乾坤篇」と「丹下左膳 こけ猿の壷篇」(1974~1975)です。


↓当ブログの裏通り記事↓あの赤塚不二夫「おそ松くん」、「おそ松さん」と千恵蔵??
赤塚不二夫や「おそ松くん」、「おそ松さん」、大河ドラマにも関与や影響の片岡千恵蔵 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 大岡政談, 丹下左膳, 嵐寛寿郎, 団徳麿, 大河内伝次郎, 高橋幸治, 市川小文治, 伊藤大輔, 織田信長, 太閤記,

関連記事
[ 2016/10/27 18:53 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)

多くのスターや時代の荒波とともにありけり、名脇役「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」


団徳麿と代表作・丹下左膳への布石>


丹下左膳というと団徳麿(だんとくまろ)という俳優も存在しています。この俳優も丹下左膳と大岡越前に関与した俳優です。丹下左膳や大岡政談というと大河内伝次郎の名前が一番に有名ですが、この有名になるまでには他の俳優との競合の事実がありました。

団徳麿は戦後の黄金期に活躍し、”東映の時代劇映画”で数多くの作品に出演したことでも知られていますが、(個人的にも東映時代の出演作を多く確認済み)戦前のデビューを日本映画の父・牧野省三が関与した映画会社で、助演から主演に昇進しましたが、長くは続きませんでした。


団徳麿と個人プロダクションで成功を収めていた3大映画スター>



主演から遠ざかる中、日活の時代劇映画時代、(1937~1942)の時代劇時代にも活躍しました。このとき個人プロを持たずに専属だったトップスターの大河内伝次郎は東宝へ移籍してしまったことが、日活の危機感を煽り、個人プロダクションで成功を収めていた下記の3名を日活に移籍させることにつながったともいえます。

個人プロ(個人プロダクション・映画制作会社)
片岡千恵蔵=通称・千恵プロ(片岡千恵蔵プロダクション)
嵐寛寿郎=寛プロ(嵐寛寿郎プロダクション)
阪東妻三郎=阪妻プロ(阪東妻三郎プロダクション)

このときの日活のトップスターといわれていたのが、片岡千恵蔵嵐寛寿郎阪東妻三郎のいわゆる日活3大スターでした。団徳麿日活3大スターや日活の2番手スターらを支える脇役俳優としての活動を本格的としていました。主演スターとしての活動期間は短期間でした。

大映が創立した初期(1942~1948)は大映4大スターが事実上の形成、日活3大スターに市川右太衛門を加えた体制を形成、このときも団徳麿は、日活から飛び出した日活3大スターの後を追いかけて大映で脇役俳優として活動をしていきます。

嵐寛寿郎は新東宝へ移籍し、戦前からの当たり役で人気はある程度維持したものの、新たな活躍はできず、阪東妻三郎は1950年代前半から松竹の事実上の時代劇トップ俳優に位置づけられますが、大きな活躍に至る前の1953年に残念ながら死去。


一方、大映4大スターの4名のうちの残りの2名・片岡千恵蔵、市川右太衛門は、”東映の創立”と”2大スター体制”を確立、1954年以降の若手スターが登場すると”両御大”とも言われ、絶大な権力と活躍を残していきます。現在も存在する数多くの後輩も輩出しました。団徳麿は片岡千恵蔵、市川右太衛門に付いて行ったことが大きな幸いとなり、東映でも脇役や端役を多くこなすことに実現しました。



<団徳麿・映画出演250作の主演の頂点脇役人生>




団徳麿の主演のピークは1928年から1930年の短期間でした。その後も1936年までは脇役がほとんどとなり、時折の主演作が数本ほどあります。また、団徳麿は通産で250作以上の映画に出演しており、主演数は30作強です。

・団徳麿の新版大岡政談(1928年の5月から7月)製作・東亜キネマ
「新版大岡政談 前篇 鈴川源十郎の巻」
「新版大岡政談 中篇」
「新版大岡政談 後篇」
丹下左膳・団徳麿、・片岡時次郎、大岡越前守・片岡左衛門


上記の「新版大岡政談」3部作は、事実上のブレイク的な作品といえる数少ない代表作でした。何故ならこの作品の出演を転機に主演数が急激に伸びている部分からも評価されていたことが考えられます。



<のちにテレビドラマで丹下左膳を演じた中村竹弥



丹下左膳(3巻組) [DVD]
丹下左膳(3巻組) [DVD]
posted with amazlet at 16.09.26
ビクターエンタテインメント (2016-03-18)
売り上げランキング: 51,906
テレビドラマではTBS専属の時代劇スター、テレビ初の専属の時代劇スターとしても知られる、中村竹弥が丹下左膳を演じています。個人的にもCS放送で録画したDVDを10年ほど前に視聴していますが、30分ドラマでした。「月光仮面」や「怪傑ハリマオ」、「隠密剣士」など、1950年代から1960年代前半の30分ヒット作を作り出した、船床定男も監督で参加しています。


裏通りブログ↓3プロや映画評論家、電通の不正も登場↓
多くのスターや時代の荒波とともにありけり、名脇役「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」の裏通りエピソードのトリプル
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 月光仮面, 中村竹弥, 船床定男, 団徳麿, 丹下左膳, 片岡千恵蔵, 嵐寛寿郎, 阪東妻三郎, 日活3大スター, 大映4大スター,

関連記事
[ 2016/09/26 19:36 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち