FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

美空ひばりの大ヒット曲・柔のドラマと名作ドラマ・天皇の世紀をつなぐ丹下左膳



丹下左膳の時代劇を手がけたテレビドラマに参加した映画の名匠たち>

前回のことで監督のこともなんとなく知っていただくことも大切だと考えて監督のことも取り上げていきます。
下記の監督群の中で、渡辺邦男は柔道ドラマ「柔(1964)」など、マキノ雅弘は「長谷川伸シリーズ」など、山本薩夫は「天皇の世紀」など、三隅研次は”必殺シリーズ”などのテレビドラマへの参加経験がありました。個人的にもこの15年ほどで見られるものはすべて眼を通しています。なので、大河内伝次郎丹下左膳と大岡越前守だけではなく、テレビドラマにも関連が存在しています。また、伊藤大輔は直接にテレビドラマの監督をした記録はありませんが、時代劇形成の功労者であり、テレビ時代劇への多大な影響があります。

柔道ドラマ「柔(1964)」の主題歌は美空ひばりの100万枚を記録した「柔」であり、その主題歌のドラマとしても知られています。当時ヒットしたドラマであり、現在も商品化されていません。個人的には「柔(1964)」は10年ほど前にCS放送で視聴したことがあります。


柔/しのぶ
柔/しのぶ
posted with amazlet at 16.12.24
美空ひばり
日本コロムビア (1992-08-21)
売り上げランキング: 299,367
現在「アイドルマスター」シリーズで声優・アニメファンに人気の日本コロンビアは、あの女王・美空ひばりがかつて所属していた老舗のレコード会社です。「アイドルマスター」シリーズの歌は2016年にオリコン1位を記録しました。



<7名匠・伊藤大輔、山中貞雄、渡辺邦男山本薩夫
中川信夫、マキノ雅弘、三隅研次>



大河内伝次郎は通産で16度の”丹下左膳”と同時に演じた7度の”大岡越前守”
作数、公開年  タイトル        ・大河内の役名     監督
1、 1928 「新版大岡政談 第一篇」  ・丹下左膳、大岡越前守① ・伊藤大輔
2、 1928 「新版大岡政談 第二篇」  ・丹下左膳、大岡越前守② ・伊藤大輔
3、 1928 「新版大岡政談 第三篇 解決篇」  ・丹下左膳、大岡越前守③ ・伊藤大輔
4、 1933 「丹下左膳 第一篇 丹下左膳」  ・丹下左膳 ・伊藤大輔
5、 1934 「丹下左膳 剣戟の巻」   ・丹下左膳、大岡越前守④ ・伊藤大輔
6、 1935 「丹下左膳余話 百万両の壺」   ・丹下左膳 ・山中貞雄
7、 1936 「丹下左膳 日光の巻」    ・丹下左膳、大岡越前守⑤ ・渡辺邦男
8、1937 「丹下左膳 愛憎魔剣篇」   ・丹下左膳、大岡越前守⑥ ・渡辺邦男
9、1937 「丹下左膳 完結咆吼篇」   ・丹下左膳、大岡越前守⑦ ・渡辺邦男
10、1938 「新篇 丹下左膳 妖刀篇」   ・丹下左膳、千葉周作 ・渡辺邦男
11、1939 「新篇 丹下左膳 隻手篇」   ・丹下左膳、千葉周作 ・山本薩夫
12、1939 「新篇 丹下左膳 隻眼の巻」    ・丹下左膳 ・ 中川信夫
13、1940 「新篇 丹下左膳 恋車の巻」    ・丹下左膳  ・中川信夫
14、1953 「丹下左膳(1953)」  ・丹下左膳   ・マキノ雅弘
15、1953 「続丹下左膳」  ・丹下左膳   ・マキノ雅弘
16、1954 「丹下左膳 こけ猿の壺」 ・丹下左膳  ・ 三隅研次


伊藤大輔
大河内が1926~1950年の24年間で、復元版など足すと31作34編でコンビ、
大河内が主演俳優時代にもっともコンビを組んだ監督。脚本家としても代表作が多数
世界歴代で唯一の一般映画で監督数100、脚本数200作へ到達。反骨、傾向映画の形成など、
それまでの剣戟映画から物語の定着や移動撮影などを確立させた中心人物として、時代劇の父。

山中貞雄
大河内が11作でコンビ、脚本が高く評価され、監督としても才能が認められていたが
戦地で死去、将来の巨匠と期待されていた。丹下左膳のほかでも
大河内と「盤嶽の一生」や「鼠小僧次郎吉」などでもコンビを組む。

渡辺邦男
伝説的早撮りの大名手、娯楽の巨匠などといわれ、多くの映画スター俳優と関わる。
大河内を含む、歴代で唯一の片岡千恵蔵や長谷川一夫、市川右太衛門、
美空ひばり、榎本健一、岡譲二の7大スターと10作以上のコンビを形成、
スマシュヒットを量産、大ヒットも有。戦後だけで143作の映画を監督、
世界最多の一般映画の監督数を達成(比べると黒澤明は28作、山田洋次が85作ほど)

山本薩夫
戦争や社会派映画の名手といわれ、戦争に関連した映画を多く残す。
「新篇 丹下左膳 隻手篇」(1939)は山本にとって時代劇映画の初監督作であり、
のちの市川雷蔵の「忍びの者シリーズ」(1962、63)の最初の2作へ、
この丹下左膳の監督経験が活かされていると考えられます。

中川信夫
新東宝で有名な怪談映画を数作手がけたことから、和製ホラーの形成者的存在、
100作ほどの映画を手がけた。日本のホラー映画に大きな影響を与えています。

マキノ雅弘
通産監督数270作は戦前と戦後を通じて活躍した監督としては世界で圧倒的トップ、
戦後の一般映画の監督数は渡辺邦男に次ぐ、世界で2位、通産は世界歴代3位の監督数
時代劇6大スターをはじめ、戦前と戦後を通じて数十名の数多くの映画スターに関与や貢献。
戦前は片岡千恵蔵と1930~40年代に名コンビを形成で多彩な代表作、他にも大きな活躍。
戦後は森繁久弥、鶴田浩二、中村錦之助(萬屋錦之介)、高倉健、藤純子(現・富司純子)などの
飛躍や俳優形成に大きく貢献、戦前、戦後の生涯通して数十のヒット作を残す。

三隅研次
市川雷蔵「眠狂四郎」シリーズ、「大菩薩峠」3部作、「剣 」3部作 、勝新太郎「座頭市」シリーズ、若山富三郎「子連れ狼」シリーズへ参加、コンビを組み、1950年代から1970年代にかけて、3名と代表作を5作以上残す。監督数は70作弱だが大映の時代劇映画の代表的な名手。剣 3部作の2作目は現代劇です。




大河内伝次郎の丹下左膳で初時代劇映画を手がけた山本薩夫の「天皇の世紀」>




大河内伝次郎の1939年「新篇 丹下左膳 隻手篇」を手がけた山本薩夫は、のちの1971年に連続ドラマ「天皇の世紀」の作品にとってもっとも重要な1話の監督を務めます。ドキュメンタリー路線のテレビドラマとしてはドラマ史に残る作品となりました。原作は大佛次郎(現表記・大仏次郎)の歴史随筆・時代小説。

天皇の世紀 DVD-BOX  (4枚組)
紀伊國屋書店 (2010-12-22)
売り上げランキング: 135,459
山本薩夫は1話「黒船渡来」を担当、社会的空調がきちんと定着した重厚感が漂う1話でした。ドキュメンタリー要素も強く、ドラマファンは見る価値がある作品です。山本薩夫の他の監督には今井正、蔵原惟繕、三隅研次、篠田正浩、佐藤純彌、吉村公三郎と名匠7名が集結した、現在では実現不可能な豪華な監督陣でした。ギャラクシー賞も受賞した名作でもあり、全話数を通した名優・滝沢修によるナレーションが秀逸でした。

裏通りブログも公開中、現在↓ ↓
ようやく公開しました。坂本龍馬や近藤勇などの有名題材に挑んだ傷だらけの阪東妻三郎

「ウルトラマン」や「仮面ライダー」、「ゴジラ」のシリーズ路線確立と嵐寛寿郎 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 渡辺邦男, 柔(1964), 山本薩夫, 天皇の世紀, 必殺シリーズ, 大河内伝次郎, 丹下左膳, 伊藤大輔, 美空ひばり, アイドルマスター,

関連記事
[ 2016/12/25 00:03 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(1)

3競合覇者が26年間16度&7度の大役でテレビに残したもの



<3競合の覇者が26年間で16度&7度の大役でテレビ時代劇に残したもの>


功績というものはその活躍した時点ではなく、後世にまで引き継がれる場合があります。
大岡政談や丹下左膳の題材に関しては当時のブレイクと後世の評価をすることができるでしょう。

前回の3つの競合の末がどのような後世への功績を残したのか
” 3競合覇者が26年間16度&7度の大役でテレビに残したもの”へ踏み出してみましょう。

・団徳麿の新版大岡政談(1928年の5月から7月)製作・東亜キネマ
・嵐長三郎(嵐寛寿郎)の新版大岡政談(1928年5月のみ)製作・マキノ・プロダクション
大河内伝次郎の新版大岡政談(1928年5~8月)製作・日活


上記の3名で映像化された大岡政談(丹下左膳を含む)は大河内伝次郎が覇権を握る形となりました。
林不忘の原作の大岡政談はのちに丹下左膳として作られていくことが大半となっていきます。
また、それ以外の小説の原作が存在しない講談などの大岡政談も引き続き映像化されていきます。


関連①⇒多くのスターや時代の荒波とともにありけり、名脇役「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」
関連②⇒大岡越前と丹下左膳の原作者の罪作り・3スターの競合合戦の前代未聞「名脇役・団徳麿(後編)」


覇権を握る形となったその証拠として、大河内伝次郎は大岡政談~丹下左膳の題材の中で
通産で16度の丹下左膳を演じました。また、同時に大岡越前守も1~9の中で2役で7作で演じている部分も特徴です。



<3競合の覇者・大河内伝次郎の26年間で16度&7度が残した丹下左膳と大岡越前守>


大河内伝次郎は通産で16度の”丹下左膳”と同時に演じた7度の”大岡越前守”
作数、公開年  タイトル        ・大河内の役名        ・監督
1、 1928 「新版大岡政談 第一篇」  ・丹下左膳、大岡越前守① ・伊藤大輔
2、 1928 「新版大岡政談 第二篇」  ・丹下左膳、大岡越前守② ・伊藤大輔
3、 1928 「新版大岡政談 第三篇 解決篇」  ・丹下左膳、大岡越前守③ ・伊藤大輔
4、 1933 「丹下左膳 第一篇 丹下左膳」  ・丹下左膳 ・伊藤大輔
5、 1934 「丹下左膳 剣戟の巻」   ・丹下左膳、大岡越前守④ ・伊藤大輔
6、 1935 「丹下左膳余話 百万両の壺」   ・丹下左膳 ・山中貞雄
7、 1936 「丹下左膳 日光の巻」    ・丹下左膳、大岡越前守⑤ ・渡辺邦男
8、1937 「丹下左膳 愛憎魔剣篇」   ・丹下左膳、大岡越前守⑥ ・渡辺邦男
9、1937 「丹下左膳 完結咆吼篇」   ・丹下左膳、大岡越前守⑦ ・渡辺邦男
10、1938 「新篇 丹下左膳 妖刀篇」   ・丹下左膳、千葉周作 ・渡辺邦男
11、1939 「新篇 丹下左膳 隻手篇」   ・丹下左膳、千葉周作 ・山本薩夫
12、1939 「新篇 丹下左膳 隻眼の巻」    ・丹下左膳 ・ 中川信夫
13、1940 「新篇 丹下左膳 恋車の巻」    ・丹下左膳  ・中川信夫
14、1953 「丹下左膳(1953)」  ・丹下左膳   ・マキノ雅弘
15、1953 「続丹下左膳」  ・丹下左膳   ・マキノ雅弘
16、1954 「丹下左膳 こけ猿の壺」 ・丹下左膳  ・ 三隅研次


映画会社
1~7の製作・日活太奏
8~11の製作・日活京都
12~15の製作・東宝
16~18の製作・大映京都



<大岡政談~丹下左膳でコンビを組んだ全てが名監督で巨匠5名の大きな功績>


大河内伝次郎は大岡政談~丹下左膳の題材の中で、
映画化26年で通産で16度の丹下左膳&7度の大岡越前守がありましたが、
その26年間のうちで、1928年から1954年までにおいて、
伊藤大輔・山中貞雄・渡辺邦男・山本薩夫・中川信夫・マキノ雅弘・三隅研次の計7名とコンビを組みました。
その全てが名監督です。また巨匠は、伊藤大輔・渡辺邦男・山本薩夫・中川信夫・マキノ雅弘と言えるかと考えられます。
個人的にも評価している三隅研次も映像などのセンスが鋭く、素晴らしい監督ですが、
どちらかといえば名監督の分類の判断をさせてもらいました。


テレビドラマと反れているようですが、
映画で丹下左膳と同時に大岡越前守を代表的な当たり役とした大河内伝次郎は、
丹下左膳と大岡越前守が数多くテレビ時代で映像化されているところから、
テレビドラマへ多大な影響を与えていることがわかります。



中村獅童本木克英のテレビ時代劇「丹下左膳(2004)」の存在>


丹下左膳 [DVD]
丹下左膳 [DVD]
posted with amazlet at 16.11.26
バップ (2007-11-28)
売り上げランキング: 170,738
「釣りバカ日誌シリーズ」の途中参加でも知られる、
本木克英がテレビ時代劇で監督した「丹下左膳(2004)」は、中村獅童が主演しています。

中村獅童の叔父の時代劇の大スター・中村錦之助(のちの萬屋錦ノ介)が
映画「丹下左膳 飛燕居合斬り」(監督・五社英雄)で丹下左膳を演じている関連がある作品です。


裏通りブログも公開中、現在は↓ ↓
「ウルトラマン」や「仮面ライダー」、「ゴジラ」のシリーズ路線確立と嵐寛寿郎

まさかの多大な影響力
赤塚不二夫や「おそ松くん」、「おそ松さん」、大河ドラマにも多大な影響の片岡千恵蔵
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 林不忘, 伊藤大輔, 渡辺邦男, 大河内伝次郎, 丹下左膳, 大岡越前, 本木克英, 中村獅童, 中村錦之助, 萬屋錦之介,

関連記事
[ 2016/11/26 18:09 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)

大岡越前と丹下左膳の原作者の罪作り・3スターの競合合戦の前代未聞「名脇役・団徳麿(後編)」



新版大岡政談には3名の俳優の競い合いが存在していました。それが最初の新版大岡政談丹下左膳を演じた嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)と団徳麿大河内伝次郎の3名のスター俳優の存在です。この中で大きく成功を収めた人物が大河内伝次郎でした。



嵐寛寿郎丹下左膳と映画出演200作以上の市川小文治



団徳麿による新版大岡政談は1928年の5月から7月にかけて3部作で公開されましたが、1作目のみが”鈴川源十郎の巻”とも付けられたタイトルでした。鈴川源十郎という役に焦点が当てられていました。実は嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)によるシリーズも作られていますが、2作のみで終了しています。そこには大きな評価を得ることができなかった部分があったのです。大岡越前守は全般的には脇役で活躍した市川小文治が演じていました。市川小文治団徳麿のように映画出演200作以上を記録し、数多くの主演スターと共に歩んだ映画人生でした。ですが、市川小文治は1950年代の前半に団徳麿よりも10年以上早い時期に映画界を去りました。

嵐長三郎の新版大岡政談(1928年5月のみ)製作・マキノ・プロダクション
「新版大岡政談 前篇」 
「新版大岡政談 中篇」
丹下左膳=嵐長三郎 大岡越前守=市川小文治




<3名の中で大岡政談と丹下左膳で最大の成功者・大河内伝次郎



大河内伝次郎による同年の同時期に公開された「新版大岡政談 第一篇」監督・伊藤大輔がヒットして、脇役として登場していた丹下左膳が主軸として作られていくことになります。のちに原作の「新版大岡政談・鈴川源十郎の巻」が”丹下左膳と改題”されており、大河内伝次郎の丹下左膳の大きなヒットが存在したことを後世に残しています。

大河内伝次郎の新版大岡政談(1928年5~8月)製作・日活
「新版大岡政談 第一篇」
「新版大岡政談 第二篇」
「新版大岡政談 第三篇 解決篇」
丹下左膳、大岡越前守(2役) =大河内伝次郎




<同年に競合合戦を実現させた罪作りな原作者・林不忘>



丹下左膳の形成には、この団徳麿(前回記事にあり⇒「団徳麿らと丹下左膳、大岡越前(前編)」)、嵐長三郎、大河内伝次郎の3スターの競合合戦(1928年に競合)が生み出した部分が影響していました。原作の林不忘という人物はある意味で罪な人かもしれません。何故なら東亜キネマ、マキノ・プロダクション、日活の3つの映画会社に映像化の許可をしただけにとどまらずに主演俳優3名を競わせたことになるためです。こうした同年の映像化の競合は日本ではあまりないことです。ドラも数多くの作品を知っていますが、同一原作者による3つの映画シリーズが同じ年に公開されることはほとんどありません。前代未聞の出来事でした。

*タイトルの大岡越前と丹下左膳の原作者とありますが、
正確には大岡越前の方は元ともいわれる大岡政談の原作者でした。
タイトルとしてややこしくなるため、ああいう風に表記しました。




<大河ドラマ「太閤記」(1965)の織田信長でも知られる高橋幸治と丹下左膳>



この3名はのちの大岡越前や丹下左膳の映画やテレビドラマ影響を与えています。その一例が高橋幸治です。
大河ドラマ 太閤記【NHKスクエア限定商品】
NHKエンタープライズ
売り上げランキング: 171,294
丹下左膳は数多くの俳優によって作られてきました。テレビではNHK大河ドラマの3作目「太閤記」(1965)の織田信長役で人気を博した高橋幸治も演じていました。残念ながら「太閤記」はほとんどの話数が現存していませんが、。ドラも視聴済みの高橋幸治の丹下左膳はすべて見られます。映画監督の市川崑が制作に関与した、テレビ時代劇「丹下左膳 乾坤篇」と「丹下左膳 こけ猿の壷篇」(1974~1975)です。


↓当ブログの裏通り記事↓あの赤塚不二夫「おそ松くん」、「おそ松さん」と千恵蔵??
赤塚不二夫や「おそ松くん」、「おそ松さん」、大河ドラマにも関与や影響の片岡千恵蔵 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 大岡政談, 丹下左膳, 嵐寛寿郎, 団徳麿, 大河内伝次郎, 高橋幸治, 市川小文治, 伊藤大輔, 織田信長, 太閤記,

関連記事
[ 2016/10/27 18:53 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)

テレビ時代劇・大岡越前の形成に埋もれた芸能史「奥底の深い部分の大人物たち」



1970年代を代表するテレビ時代劇・大岡越前と映画時代の関係は、奥底の深い部分にまで至ります。前回に取り上げた日本映画のサイレント期から時代劇の形成期、最大の黄金期を支えた月形龍之介のほかにも、大岡越前への形成に関与した人物ととある題材があります。


形成に関与した人物の1人が大河内伝次郎です。時代劇を形成し戦前の時代劇黄金期を主演スターで支えた1人が彼でした。映画における時代劇の黄金期は、1930年代の戦前の時代劇6大スターなどの活躍や時代劇4大巨匠などによる大きな繁栄期、1950年代の東映や大映を中心による爆発的な興行を生み出した最盛期の二つに分かれる考え方があります


最初の小説家・林不忘(はやしふぼう)による原作として名高い”大岡政談”の映像化は、反逆のヒーロー・丹下左膳が登場する
大岡政談の物語の一つとして、映画化されていました。大岡政談大岡越前は脇役でした。

最初の映画化は、丹下左膳=嵐長三郎(のちの嵐寛寿郎)の主演でしたが、最初の林不忘による大岡政談もの映画は、阪東妻三郎をの才能を開花させたことでも知られる名匠・二川文太郎という映画監督による映画でした。

ちなみに1928年の「新版大岡政談」の総指揮は、日本映画の父・日本初の巨匠・日本の映像芸能の父、日本最初の映画大スター・尾上松之助との名コンビなどの数多くの功績を持つ超大物の牧野省三でした。



その後、原作有の大岡政談として大きな転機となるのが大河内伝次郎による大岡政談ものの存在です。のちの巨匠・伊藤大輔と歴代上位の映画スター・大河内伝次郎大岡越前の形成に関与していました。


 大河内伝次郎による当初の大岡政談もの
 1928「新版大岡政談 第一篇」  日活
 1928「新版大岡政談 第二篇」  日活
 1928「新版大岡政談 第三篇 解決篇」  日活


 日活=日活太奏
 監督は全て伊藤大輔が担当で、サイレント映画


名作映画サイレント劇場 DVD10枚組 BCP-051
株式会社 コスミック出版 (2007-01-01)
売り上げランキング: 38,045
いろいろ無理があるセレクトですが、↑↑伊井蓉峰(いい ようほう)は、生涯で映画にほとんど出ておらず、時代劇の映画スターではなく、映画に出演しただけであり、ほぼ舞台のスター俳優でした。


伊藤大輔大河内伝次郎のコンビによる大岡政談は評価やヒットして、登場人物の丹下左膳も受け入れられましたが、丹下左膳は映画初期ののアウトローヒーローの一つでもあり、のちのアウトローヒーローともいえる「座頭市」(勝新太郎や北野  武など)へ長年にわたってつながっていきます。


その後の大岡政談の幅を広げるため、大岡越前が引き続き登場しながら、丹下左膳が登場せずに別の主人公を作り出す作品が作られました。それが”神尾喬之助、茨右近”を登場する大岡政談の「魔像」の存在でした。

当ブログの裏通りブログはじめました⇒ 完全版 テレビ時代劇・大岡越前の形成に埋もれた芸能史「奥底の深い部分の大人物たち」←お時間あれば気軽にご覧ください。 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 大岡越前, 大河内伝次郎, 伊藤大輔, 嵐寛寿郎, 阪東妻三郎, 尾上松之助, 座頭市, 勝新太郎, 北野武, 大岡政談,

関連記事
[ 2016/08/27 07:19 ] 時代劇解釈 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち