FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

大スター鶴田浩二の新選組ドラマの初の事情 最大ライバル三船敏郎を絡めた全時代劇映画45作のミステリー





今回は約1年前の2018年9月25日に公開した新撰組テレビドラマ珍々競演 3名製作者 3役映画巨匠の分岐点に戻って、異なる方向で展開していきます。

その記事では佐伯清と鶴田浩二のテレビドラマにおける関りを取り上げていました。



前回記事⇒伝説力士の雷電為右衛門から関八州のスーパーヒーロー国定忠治 名製作者と重なる父子鷹




稀代の最大ライバル鶴田浩二三船敏郎の数字における差の現実 映画からテレビへ





鶴田浩二は日本映画を代表するスター俳優の一人、戦後を代表する映画スターの一人で通産主演映画数は170本弱、出演映画数260本ほどを記録しています。戦後のみの主演映画本数は歴代1位を記録、ほぼ同期デビューの年齢も近いライバルの三船敏郎の通産主演数が80本弱(戦後のみの20位近く)、映画出演数150作弱のため、2倍ほどの主演本数や代表作本数の差、出演数も110本強の差を記録しました。もちろん数字や記録だけで評価の全てが決まるわけではありませんが、これは明確な評価の対象となります。

ヒットや中ヒット本数自体は鶴田のほうがダントツに多いが、年間1位のような大ヒットのみは三船敏郎のほうが多い、通産の観客動員は鶴田のほうが完全に凌駕しています。この2人の関係は非常に不思議です。



互いに主演10本を越えるような大きな当たり役はありませんでしたが、三船敏郎は5作以上のシリーズさえゼロ、具体的に代表的な主演の役だと宮本武蔵3部作の宮本武蔵の3本が最多(三船の助演含む宮本武蔵役は『佐々木小次郎』(監督・稲垣浩)の総集編もあるため通算5度、千恵蔵、錦之助に次ぐ歴代3位)、鶴田浩二は「博徒シリーズ」と「博奕打ちシリーズ」と2つの10作を越すシリーズ、役柄は「人生劇場シリーズ」の主演の飛車角と清水次郎長の4度が最多に恵まれました。

三船敏郎鶴田浩二はテレビドラマでもある程度の活躍をしました。三船敏郎の出演のテレビ代表作はほぼ時代劇でしたが、鶴田浩二は取り上げると長くなるわけですが、時代劇と現代劇の幅広い題材やテーマのテレビドラマに出演しました。



新選組[東宝DVD名作セレクション]
新選組[東宝DVD名作セレクション]


三船敏郎の主演で観客動員1位を獲得した1969年の新選組題材の東宝オールスター映画『新選組(1969)』です。製作は三船敏郎と巨匠で稲垣浩の盟友が同時に名を連ねている部分がポイントです。

巨匠・沢島忠の唯一の年間観客動員1位です。1位といっても残念ながらこの映画のときの日本映画事態は低迷期に入っているため、動員人数はかなり少なめです。10年以上前に作られてヒットしている1950年代の千恵蔵の最大ヒットの新選組1作のほうが観客動員は上だったと考えられます。俳優陣もいうまでもありませんが千恵蔵側のほうが格上です。

さらに『新選組(1969)』はオールスターといっても主演100作の映画の真の大スターは中村錦之助のみでした。映画主演50以上は主演順だと110作の中村錦之助、70本台の小林桂樹、三國連太郎、三船敏郎のみの4名に留まる、舞台だと名優の中村翫右衛門、その息子で映画との縁は薄いのテレビで活躍した中村梅之助、2019時点で現役の名優の中村嘉葎雄(中村賀津雄)や北大路欣也、司葉子もいますが、全体は映画スターとしてある程度、小粒の俳優が多いというのが現実です。


鶴田浩二が新撰組のテレビドラマに出演した理由には、ライバル三船敏郎でヒットした『新選組(1969)』も影響していたのかもしれません。







『新選組(1973)』と近藤勇 ラスト前の衝撃 事実上の打ち切りと削減






個人的に鶴田浩二の現在も視聴可能なテレビ時代劇の中では、この『新選組(1973)』(全19回)がもっとも好きかもしれません。上記の記事冒頭のリンク先の記事もありますが、東映とNETによるテレビ時代劇の『次郎長三国志(1974)』(全23回)も気になる作品で、これは残念ながら再放送されていません。なのでこの『次郎長三国志(1974)』が『新選組(1973)』と比べてどれほどの出来であるのか気になるところです。

年数的にもお分かりだと思いますが、『新選組(1973)』の後に『次郎長三国志(1974)』が作られ、両方とも戦前から戦後と数多くの映画が作られてきた歴史と伝統のある国民的な有名題材であり、『新選組(1973)』(全19回)と少なめでしたが、この2本ともいわゆる半年ほどの連続ドラマの2クールで作られています。鶴田浩二の通産実積というとやはり映画時代の部分が9割ほどだと個人的に考えていますが、テレビドラマにおいても絶大な信頼があったということになります。


全19話が残されており、個人的にはラスト前の18話の印象が強く、田村高廣(田村高広)の演じる京都会津の上役と鶴田浩二の近藤勇とある理由から無言の対峙、上役の部下の島田順司と共に印象に残る終盤の流れが濃厚で熾烈、複雑さと運命が強烈でした。侠客、任侠ものを経た独自な鶴田流の男らしさの体現が、このドラマの近藤勇なのではないでしょうか。

観ていない方は気になる部分ですが、今後再放送されることがあるかもしれないCS放送を観て頂きたいところです。


最初から全19話の予定で作られていたことではなさそうです。『新選組(1973)』の評判はそこそこでしたが、やはり視聴率が低く、当初は完全な2クールの26話前後を予定していたと考えられますが、事実上の打ち切り的にエピソードの幾つかは省かれ、話数を減らして19話で終了したと考えるのが普通でしょう。評判はそこそこでも、当時は今以上に視聴率に厳しく、現代はたった数パーセントのアニメが数十年も続く非常事態、当時はばっさりの打ち切りや打ち切り的に話数を減らして完結というケースも多数ありました。そのためでしょうか、最終回の最後のシーンはちょっと違和感を感じるように感じるような場面で終了しています。

ラスト前18話と最終回19話は大映映画の母物シリーズなどで知られる名女優の三益愛子のおばあさん役が出ていた印象に残ります。シーンとは上手く絡んでいるとはいけませんでしたが、存在感は突き抜けたものがあります。

全体を通すと近藤勇の鶴田浩二、土方歳三の栗塚旭(東映の連続テレビドラマで3度目の土方歳三)、沖田総司の有川博の主要の上位3名の全話出演も印象的です。



巣鴨の母 [DVD]
巣鴨の母 [DVD]
posted with amazlet at 19.09.24
角川エンタテインメント (2008-07-25)
売り上げランキング: 213,454


いわゆる大映の母物シリーズ、三益愛子は世界の歴代女優で最多の30作を越す単一シリーズの主演数を記録しました。三益愛子版が当たり、東映などの外部や大映内部でも別の母物の派生作が数多く作られました。『巣鴨の母』は三益愛子主演シリーズの1本です。テレビや映画の泣きじゃくり演技は彼女の悲哀の代名詞でお家芸です。



新選組 鶴田浩二 三船敏郎 片岡千恵蔵 三益愛子 近藤勇 清水次郎長 遠山の金さん 沢村訥升 宮本武蔵 母物シリーズ



鶴田浩二と千恵蔵御大 日本映画最大の黄金期が影響した新撰組の主演のミステリー





テレビドラマにも関わることなのでそこそこな量になってしまいましたが、映画のことも触れます。鶴田浩二は下記の全時代劇映画出演数を見ていただくと直ぐにわかると思いますが、新選組題材は主演も出演の両方が1作もありませんでした。

新選組題材といえば映画スターで東映時代の大先輩である千恵蔵御大こと片岡千恵蔵は、1950年代から1960年代にかけての日本映画黄金期に歴代最多の7作の映画に主演しています。事実上のこの題材を国民的な題材にするために大きく貢献、観客動員ベスト10はありませんが、500万人でも年間ベスト10に入らないもっとも高い競争力の時期、通算7作でかなりの総観客動員を記録したと考えられていますこの影響を鶴田浩二がテレビドラマで受けていると考えられます。




鶴田浩二の全時代劇映画出演数 出演45 主演26 助演19


時代劇の主演と(脇も含む助演のトータル 確認できるもののみ 鶴田は有名な役のみを表記
脇役1948『遊侠の群れ』  松竹(京都)  主演=長谷川一夫  天保水滸伝題材、遠山の金さん要素 8番低下脇役
助演1949『影法師 寛永坂の決闘』  松竹(京都)  主演=阪東妻三郎 6番手 寿々喜多呂九平から派生の影法師物
助演1950『続影法師 龍虎相搏つ』  松竹(京都)  主演=阪東妻三郎 6番手 別題に『影法師(1950)』 ともある
助演1950『悲恋草』  松竹(京都)  主演=水谷八重子(舞台大女優)、阪東寿三郎(歌舞伎大名優) 文芸 別『悲恋華』
主演1951『怪塔伝』  松竹(京都)  鶴田の時代劇唯一の3役、侍物
主演1952『弥太郎笠 前後篇』  新東宝=新生プロ  りゃんこの弥太郎  股旅
助演1953『花の生涯 彦根篇 江戸篇』  松竹(京都) 主演=松本幸四郎(初代松本白鸚) 、幕末物
主演1954『やくざ囃子』  東京映画=滝村プロ(配給は東宝) 股旅
主演1954『此村大吉(1954)』  大映(京都)  此村大吉  今は知名度が落ちている有名な此村大吉題材
助演1954『忠臣蔵 花の巻、雪の巻』(忠臣蔵(1954))  松竹(京都)  毛利小平太   主演=松本幸四郎、高田浩吉
10
主演1955『獄門帳』  松竹(京都) 文芸的
助演1955『続宮本武蔵 一乗寺決闘』  東宝  佐々木小次郎  主演=三船敏郎
助演1955『応仁絵巻 吉野の盗族』  松竹(京都) 主演=高田浩吉
主演1956『あばれ行燈(1956)』  新東宝  股旅
助演1956『宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島』(決闘巌流島)  東宝  佐々木小次郎   主演=三船敏郎 
主演1956『眠狂四郎無頼控』  東宝  眠狂四郎(初代) 眠狂四郎の初の映像化
主演1957『眠狂四郎無頼控 第二話 円月殺法』  東宝  眠狂四郎
主演1957『柳生武芸帳(1957)』  東宝  三船敏郎とダブル主演 柳生もの柳生武芸帳
主演1957『おしどり喧嘩笠』  新芸術プロ(配給は東宝)  美空ひばりがヒロイン 股旅  ☆通産時代劇映画主演10
主演1957『地獄花』  大映(京都) 文芸的
20
主演1958『柳生武芸帳 双龍秘剣』  東宝  三船敏郎とダブル主演 柳生もの柳生武芸帳
助演1958『忠臣蔵(1958)』  大映(京都)  岡野金右衛門  事実上の出番は劇中2番手 主演=長谷川一夫 助演のみ10
主演1958『天竜しぶき笠』  大映(京都)  股旅
助演1958『天保水滸伝(1958)』  松竹(京都)  平手造酒   主演=高田浩吉 天保水滸伝題材
主演1958『旅姿鼠小僧』  東宝  鼠小僧次郎吉
主演1959『戦国群盗伝(1959)』  東宝   三船敏郎とダブル主演 
主演1958『眠狂四郎無頼控 魔剣地獄』  東宝   眠狂四郎 3作の完結編
助演1958『弥次喜多道中記夫婦篇 弥次喜多道中双六』(弥次喜多道中記) 東宝
助演1959『森の石松幽霊道中』  宝塚映画(東宝の配給) 追分三五郎(2番手)   主演=加東大介 
助演1959『暴れん坊森の石松』  宝塚映画(東宝の配給)  追分三五郎(2番手) 主演=加東大介
30
助演1959『日本誕生』  東宝  主演=三船敏郎 紀元前舞台
助演1960『半七捕物帖 三つの謎』  東映(京都)  主演=片岡千恵蔵
助演1960『森の石松鬼より怖い』  東映(京都)  小松村七五郎 主演=中村錦之助 時代劇と現代劇のミックス
主演1960『狐剣は折れず 月影一刀流』  東映(京都)
主演1961『鳴門秘帖(1961)』  東映(京都)  法月弦之丞
主演1961『鳴門秘帖 完結篇』  東映(京都)  法月弦之丞
主演1961『白馬城の花嫁』  東映(京都)  美空ひばりとダブル主演 ☆通産時代劇映画主演20 明朗歌謡物
主演1961『幽霊島の掟』  東映(京都) 主演=大川橋蔵 両御大なしのオールスター
助演1962『さくら判官』  東映(京都)  2番手的役柄    主演=片岡千恵蔵 遠山の金さんシリーズ
主演1963『次郎長三国志(1963)』  東映(京都)  清水次郎長
40
主演1963『続・次郎長三国志』  東映(京都)  清水次郎長
主演1964『次郎長三国志 第三部』  東映(京都)  清水次郎長
主演1965『いれずみ判官』  東映(京都) 遠山金四郎(遠山の金さん)
主演1965『次郎長三国志 甲州路殴り込み』  東映(京都) 清水次郎長 4作目の完結編   ☆通産時代劇映画主演26
助演1969『賞金稼ぎ(1969)』  東映(京都)  徳川家重   主演=若山富三郎  助演のみ19
45



*ここではしていませんが『影法師(1950)』 を1本扱いとする場合は助演と出連数が1本増えます。さらに『森の石松鬼より怖い』は千恵蔵×マキノ雅弘の黄金コンビ名作の『続清水港』のリメイクで、小松村七五郎は(劇中では小松村の七五郎)ですが、小松村七五郎が多く、森の石松の地元の兄貴分で作中の重要な役柄です。今では映像化が減少し、あまり知られていませんが、小松村七五郎は歴代の多くの名優が演じている有名な役柄です。



鶴田浩二は戦後のみとした場合の主演スターとしては日本映画でもっとも映画に出演しました。戦前含むと300作以上に主演スターで出演した片岡千恵蔵や市川右太衛門、長谷川一夫がベスト3で上位、ここでは嵐寛寿郎は助演と脇役メイン時代が膨大110本を越すので上に含んでいません。

鶴田浩二の260作ほどの映画出演で、215作の(時代物の江戸時代以降を含む)現代劇、45作の時代劇映画に出演、26作の主演で助演は19作でした。一世を風靡した1960年代から1970年代前半の東映時代は主に任侠物、やくざ物、戦争物、1940年代後半から50年代前半の初期の松竹時代は若者や青春物にも主演出演しました。現代劇映画のほうがメインとはなりますが、時代劇でも十分に大活躍しました。


鶴田浩二は大先輩俳優、大先輩の映画スターでもあるわけですが長谷川一夫の1948『遊侠の群れ』 で初めて時代劇映画に出演しました。その次に阪東妻三郎とも共演、時代劇を学び、俳優としての幅を大きく広げることになったといえるでしょう。その後、現実の師といわれる高田浩吉、ライバルの三船敏郎と共演やダブル主演、美空ひばりなどと共演、

実は片岡千恵蔵に次ぐ、御大ともいわれた市川右太衛門との共演の時代劇映画は1作もありませんでした。これは以外といえば以外かもしれません。映画やドラマファンとしては見たい共演でした。忠臣蔵、清水次郎長、遠山金四郎、股旅物、宮本武蔵、眠狂四郎、鼠小僧次郎吉、鳴門秘帖、天保水滸伝、いわゆる柳生物など幅広くの有名題材出演、主演の大活躍しました。


『新選組(1973)』(東映の製作)は、東映映画時代の大先輩の片岡千恵蔵が歴代最多の7作の映画に主演、定着させたことも大きく影響していると考えられ、鶴田浩二という大スターがいまだ有名題材に大スターが出演、主演していないことからテレビドラマの制作につながりました。東映つながりでもあるわけです。





1961年東映作品しおり 半七捕物帖 三つの謎 B5サイズ・2つ折りタイプ 片岡千恵蔵 鶴田浩二 東千代之介 映画パンフレット・兼用

『半七捕物帖 三つの謎』は片岡千恵蔵と鶴田浩二の時代劇の初共演作にして、半七捕物帖題材の捕物時代劇映画です。三大スター片岡千恵蔵(主演の半七役、現代劇でいうと刑事の職務)、鶴田浩二(主要)、東千代之介(主要)は直ぐにわかる方が多いと思いますが、4人目(主要)は誰でしょうか。

4人目は沢村訥升(さわむらとっしょう)のちの歌舞伎俳優の九代澤村宗十郎です。彼は俳優の勉強に一時的に東映映画の時代劇スターとして活動していました。約3年後に歌舞伎俳優の専門に戻りました。この映画のプロデューサーは玉木潤一郎、監督は巨匠佐々木康です。





鶴田版の『新選組(1973)』が作られる流れには、有名題材がまだという理由、大先輩の新選組映画7作による題材の通産最多観客動員、さらに最大のライバルのヒットの存在がありました。



今回の裏記事 裏側で独自展開中 歴代大社長さえも尊敬するGメン形成男一代からハロプロ含む歴史70年 Gメン令和元年


姉妹ブログの新記事生き天国生き地獄 大映映画を巡る四大六大花火の交差点と伝説書籍「千恵蔵映画」














にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 新選組, 鶴田浩二, 三船敏郎, 片岡千恵蔵, 三益愛子, 近藤勇, 清水次郎長, , 沢村訥升, 宮本武蔵,

関連記事
[ 2019/09/24 23:00 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(5)

テレビドラマ界のシークレット厳守 東宝と東映の公武合体の証拠を紐解く



1960年代のテレビドラマに形成や確立にはライバル会社同士の交わりが存在していました。今回はその部分にもスポットを当てていこうと考えています。「テレビドラマ界のシークレット厳守 東宝と東映の公武合体の証拠を紐解く」スタートです。



前々回⇒【三船プロ秘録】金の種亡き父親にすがる息子 野武士に稲垣ドラマの全真相の3見出し目の「野武士とこの製作プロダクション 今も金の種の亡き父親にすがる息子の姿」の部分に関連した記事です。




五人の野武士』に秘められた東宝と東映の公武合体 その証拠を暴く





三船プロダクションが製作に関与したテレビ時代劇『五人の野武士』の監督は、東映の時代劇映画の黄金期に貢献した映像化の名手の萩原遼(A)内出好吉(B)が事実上のチーフ的役割を果たしている作品でした。この二人の参加担当話数は通算14回であり、二人だけで全26話の半分を越しています。萩原遼はもっとも重要な基礎となる1、2話などを担当し、内出好吉は最終回を含む10話を担当しました。さらに大映出身で東映やユニオン映画のテレビドラマに多く参加した西山正輝、東宝や三船プロ(配給は東宝)で助監督で東宝映画に参加した経験がある丸輝夫が中心で参加していました。全体は東映の印象です。



(A)萩原遼=特に戦後に活躍したほぼ娯楽時代劇映画の名匠の一人、名プログラムピクチャーでもあり、数多くのヒット作を量産した。特に映画俳優は片岡千恵蔵との16作、中村錦之助との19作、東千代之介と11作の名コンビで知られる。




さらに萩原遼に関しては長くなるのでコチラのウラブログ ↓  ↓
超豪華製作陣営 東宝関連のテレビドラマに東映の2名匠が困窮




(B)内出好吉=時代劇の大巨匠の伊藤大輔のヒット作『おぼろ駕籠』(1951)で助監督を経て、松竹で監督デビューするが大きな成果は挙げられず、数年で東映へ移籍、その後の上位から数番手扱いの映像化監督として定着


更なる内出好吉に関してウラブログ  ↓   ↓
超豪華製作陣営 東宝関連のテレビドラマに東映の2名匠が困窮




新諸国物語 「笛吹童子」 [DVD]
新諸国物語 「笛吹童子」 [DVD]
映画監督やテレビドラマ監督の萩原遼は上記の『新諸国物語 笛吹童子』3部作(映画)も代表作です。



金正日 隠された戦争―金日成の死と大量餓死の謎を解く (文春文庫)
金正日 隠された戦争―金日成の死と大量餓死の謎を解く (文春文庫)
この↑の萩原遼とは別人です。この人は映画監督やテレビドラマ監督のではなく作家であり、同姓同名なだけです。




五人の野武士』 脚本の全体は東宝関連





脚本も全体は東宝関連でした。1950年代の東宝映画の最大の黄金期を支えた大脚本家の笠原良三(C)が1,2話を含む、3回を担当、東宝を中心に東映でも活躍した娯楽脚本家の松浦健郎(D)が最終話を含んだ4話、今回全体で取り上げている藤木弓(稲垣浩の脚本家の名義)が3回、さらに名映画監督の岡本喜八、大脚本家の八住利雄(E)も東宝で活動した人物です。脚本牡中心は完全に東宝メンバーで彩られています。



(C)笠原良三=「社長シリーズ」、「サザエさんシリーズ」、「大番シリーズ」、映画版「お父さんはお人好しシリーズ」など多数のシリーズ代表作、東宝の戦後の娯楽路線の映画黄金期を支えた大脚本家、1950年代中盤から1960年代にかけての東宝の東映に次ぐ全体の2位に大きく貢献 大ヒットよりはスマッシュヒットが多く、脚本数は日本映画の長編映画で歴代2位の260作ほど、現在でも知る人は知る人物です。長編映画の脚本数で世界歴代1位は時代劇映画のトップ脚本家の八尋不二です。

*「お父さんはお人好し」はラジオが爆発的にヒットしたことで有名であり、ラジオの大ヒットを受けて、映画化されました。



(D)松浦健郎=日本映画黄金期の1950年代から1960年代を中心に東宝、東映、日活を中心に名作、大ヒット作を現代劇と時代劇を問わずに多く手掛け、短期間に大活躍した娯楽脚本家の大名手です。通産映画脚本数150強。

松浦健郎は、片岡千恵蔵の『無法街の野郎ども』や『ギャング忠臣蔵』などの通称「千恵蔵のギャングシリーズ」、『地獄の底までつき合うぜ』の「千恵蔵のギャングシリーズ」の内部編ともいえる「地獄シリーズ」、「千恵蔵の遠山の金さんシリーズ」の『さいころ奉行』、鶴田浩二の『弥太郎笠 前後篇』や『ハワイの夜』、マキノ雅弘監督の東宝の「次郎長三国志シリーズ」の1~7作目、稲垣浩監督の『佐々木小次郎』の3部作と『佐々木小次郎(総集編)』、石原裕次郎の『風速40米』、『天下を取る』、『喧嘩太郎』、高倉健の初期の代表的「大学の石松シリーズ」、三船敏郎の『新選組(1969)』が主な代表作です。


松浦健郎の名前は当時の大活躍ほど現代に知られていないため、今回は多めに取り上げました。


新選組[東宝DVD名作セレクション]
新選組[東宝DVD名作セレクション]
豪華キャストか集結した三船敏郎の『新選組(1969)』。監督の沢島忠はとある大俳優などの起用などを巡って東映と揉めて飛び出したとも言われますが、本人は東映のレジェンドトークという番組でこのことを否定していました。どちらにしても東映をフリーとなり、東宝で監督したことは事実です。その沢島忠監督は2018年に入って91歳で永眠されました。また沢島忠に関してもどこかで取り上げたいと思います。




東宝歴代トップの大脚本家の八住利雄 文芸映画と娯楽映画の無双の活躍





(E)八住利雄=映画脚本数通産240強、東宝の1930年代の初期から戦後の1960年代前半までの最大の黄金期にかけて大活躍、戦後は笠原良三とともに東宝の2大脚本家として知られる。


*(E)は見出し「『五人の野武士』 脚本の全体は東宝関連」の部分からです。



さらに続きはキーワードが多すぎるため続きはこちらへ移動公開
   ↓   ↓ 4月5日公開
映画240作の歴代大脚本家の八住利雄の知られざる扉を取り払う



五人の野武士』の監督と脚本家たちは現代では考えられない俳優以上に豪華メンバー






五人の野武士』の監督と脚本家たちは現代では考えられないレベルの実積の持ち主たちでであり、俳優以上に豪華メンバーが揃ったことがわかります。


『五人の野武士』の豪華監督と脚本家たち
監督 萩原遼、内出好吉
脚本 笠原良三松浦健郎、藤木弓(巨匠・稲垣浩の脚本家の名義)、岡本喜八、八住利雄


俳優と脚本家は東宝が中心、監督は東映の印象が強く、東宝強めの共同制作のような印象を残します。『五人の野武士』は貧しい人々を描いたあらくれものたちにスポットを当てたテレビ時代劇でもあり、映画『七人の侍』(黒澤明)のデフォルメや映画『戦国無頼』、『戦国群盗伝』(両方とも監督は稲垣浩)などの要素を感じさせてくれます。聞こえが悪いですが三船プロによる真似の要素もあります。この辺の作品からヒントを得たことでしょう。稲垣浩が脚本で『五人の野武士』に参加したのは以前の自分の監督作品の要素が存在しているからかもしれません。


五人の野武士 DVD-BOX
五人の野武士 DVD-BOX
posted with amazlet at 18.01.26
エムスリイエンタテインメント株式会社 (2007-06-27)
売り上げランキング: 84,310
取り上げているドラマがあまり商品化されていないので、多くは映画関連になってしまうのは致し方ないとして、最後はテレビドラマ『五人の野武士』です。これでようやく結び目が締まりました。



姉妹ブログ 映画を極めろ一直線女子の裏道ばやりのリンク
子役から声優の先駆者 1600話の世界の金字塔『部長刑事』から1960年代の大スターとの共演歴

その2
声優界のレジェンド野沢那智の功績たち アラン・ドロン~スペースコブラ~パックインミュージック




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 八住利雄, 笠原良三, 萩原遼, 内出好吉, 松浦健郎, 片岡千恵蔵, 中村錦之助, 新諸国物語, 三船敏郎, 五人の野武士,

関連記事
[ 2018/03/29 00:00 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)

【パクリ疑惑】隠れた秀作『剣と風と子守唄』と有名作『子連れ狼』の交差点


【パクリ疑惑】隠れた秀作『剣と風と子守唄』と有名作『子連れ狼』の交差点と題して今回は展開していきます。どんな作品でも影響はある、それが真似になるのかの判断もさまざまです。テレビドラマに関してはどこからどの範囲からがパクリ含まれるのでしょうか。




ナンバーワンが『剣と風と子守唄』で『大忠臣蔵(1971)』じゃないワケ




チワワドラとしては三船敏郎のドラマの中では『剣と風と子守唄』が一番かもしれません。『大忠臣蔵(1971)』は豪華キャスト、内容的にも部分的には良いのですが、話数ごとの良し悪しのムラが激しい、無駄な話数も多いと感じてしまい、バランスの悪さも評価できず、個人的にはトップには挙げられません。ちなみに『大忠臣蔵(1971)』は民放初の大河形式のテレビドラマではありません。とある再放送をしていたBSの放送局が嘘をついていて衝撃を受けました。ドラマのことを理解できていない方々なのでしょう。

ちなみに『大忠臣蔵』は戦後の松竹時代劇映画のトップ巨匠の大曾根辰夫により、1957年の松竹映画のオールスターなどの同タイトルが作られており、『大忠臣蔵(1957)』、『大忠臣蔵(1971)』のように年数で区別化しています。


*大曾根辰夫(別名は大曾根辰保)は、1934~1962にかけて、100作近い映画を監督し、特に戦後は多額な制作費を投じた松竹の時代劇映画で多くのオールスター映画を監督したことでも知られています。




  ↓  映画のことが多いので別リンク  ↓
【映画残念物語】テレビが無視する松竹時代劇映画の巨匠たちの秘め蜜をつっつけ
・現在ではきちんとメディアが伝えていないため、忘れさられた時代劇映画の巨匠・大曾根辰夫が登場






剣と風と子守唄』と『子連れ狼』それから『長崎犯科帳』の奇跡のトリプル




剣と風と子守唄』は三船プロの製作のテレビドラマの中ではどちらかといえば知名度は低めなワケですが、三船敏郎の映画時代のライバルであり、東映映画の大スター萬屋錦之介のテレビドラマの最大の代表作とされることが多い『子連れ狼』の影響を受けた子役をレギュラーで登場させる設定も印象に残ります。萬屋錦之介というと『子連れ狼』のほうが作品全体としては優れているとは考えていますが、俳優としては1976『長崎犯科帳』のほうが萬屋錦之介の明朗さや活発さ、時々見せる異常な凄みのギャップなど、個性と魅力が十分に出ている気がして好きだったりします。


長崎犯科帳 [レンタル落ち] 全7巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]
長崎犯科帳 全7巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]








【パクリ疑惑】隠れた秀作『剣と風と子守唄』と有名作『子連れ狼』の交差点





<両作の放送順>
・『子連れ狼』 テレビドラマの最初の萬屋錦之介版は1973年から1976年まで全3シリーズに分けて放送
・『剣と風と子守唄』 1975年に放送


『子連れ狼』は男の子でしたが、『剣と風と子守唄』は女の子、1970年代に子役で輝いた斉藤こずえを起用、子供のことは大切に考えながらも自分の生き方を模索する男性的な無骨で無口、破天荒な父親と、幼いながら健気に父親を一番に気遣う少女とのギャップの引き立ても魅力の一つでした。『子連れ狼』は父と子が一緒なことが全体的に多いですが、『剣と風と子守唄』はバラバラに旅をしていることも多いのが特徴でもあり、中村敦夫の演じる三船敏郎のお庭番時代の元部下が事実上の子守りをしているのも特徴的です。

三船敏郎の公儀を裏切って旅を続ける姿勢に疑問を持ちながらも、共感を持って付いて行く、矛盾のある互いの関係もありました。
また、毎話のように三船敏郎の父と子が再会することも特徴です。


人魚亭異聞 無法街の素浪人 DVD-BOX 第1巻
人魚亭異聞 無法街の素浪人 DVD-BOX 第1巻




このドラマ『人魚亭異聞 無法街の素浪人』も昔視聴しています。いわゆる三船敏郎の主演のテレビドラマの代表作といわれる『荒野の素浪人』からスタートした「素浪人シリーズ」に含まれる一つです。西部劇要素を取り入れ、主人公と張り合いながらも協力することが多い拳銃を使うガンマンの若林豪とヒロイン的存在の踊り子の小川真由美、喜劇演技を求められた大村崑などが出演。チワワドラは10年ほど前にCS放送で全話視聴しています。



『剣と風と子守唄』の3名優の共演 三船敏郎と伊藤雄之助沢村貞子






『剣と風と子守唄』のゲストでは三船敏郎の映画時代に共演の多く、怪優ともいわれる個性的な演技を追求した伊藤雄之助と歴代助演女優の代表作の沢村貞子が夫婦役で出演していた話数は特に印象の残ります。三船敏郎と伊藤雄之助沢村貞子の3名優の共演シーンは映像は迫力の厚みがありました。

他のテレビドラマにも多くあることですが、内容が良いのみの話数は忘れてしまうことが多いですが、ゲストで覚えていることは多いものです。モノクロの『月影兵庫』や初期の『大岡越前』、第1~第2シリーズの『非情のライセンス』の初期も印象に残るゲストで覚えていることがあります。(第3は大きなゲストはいない)



『剣と風と子守唄』の最終回のゲストの志村喬はそれまでも登場していますが、セミレギュラーほどの登場回数ではなく、ゲストと考えて良いと思います。この志村喬は三船敏郎の”元上司と元部下の関係”であり、現在は対立関係の”命を狙われる側と狙う側”設定も印象の残る部分です。この志村喬と三船敏郎の共演というのは映画時代でも多く共演している盟友同士でもあり、東宝映画の先輩と後輩、それも回想しながらこの『剣と風と子守唄』の互いが視聴できます。



小林亜星・TVサントラ・アンソロジー
テレビ主題歌 岡本南 高倉健 ダ・カーポ 小林亜星 いけだももこ
テイチクエンタテインメント (2003-06-25)
売り上げランキング: 240,932

『剣と風と子守唄』はCSで何度か再放送され、チワワドラはDVDに全話数を録画しています。残安ながら商品化されていないようです。ですが、小林亜星・TVサントラ・アンソロジーで聴くことができ、雰囲気をすることが可能です。



今回の裏通り⇒『剣と風と子守唄』と『子連れ狼』を彩るハードボイルドと純真さの大ギャップ




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 剣と風と子守唄, 大忠臣蔵(1971), 長崎犯科帳, 萬屋錦之介, 斉藤こずえ, 子連れ狼, 伊藤雄之助, 沢村貞子, 志村喬, 三船敏郎,

関連記事
[ 2018/02/28 00:00 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)

【三船プロ秘録】金の種亡き父親にすがる息子 野武士に稲垣ドラマの全真相



ようやく、テレビドラマに関して取り上げることができますが、稲垣浩は藤木弓名義でテレビドラマに参加していました。それは戦後の三船敏郎との縁が招いたテレビドラマの関与でした。




大河ドラマの『西郷どん』(せごどん)がスタートしました。チワワドラマとりあえずは視聴しました。
詳しくは裏側で⇒大河ドラマの『西郷どん』に稲垣浩が貢献していた真実



前回記事⇒稲垣浩 時代劇1位巨匠がテレビドラマに残した膨大功績群




大巨匠のテレビドラマ参加の履歴をまさぐる




・主な稲垣浩のテレビドラマ参加の履歴

・ドラマタイトル  (放送期間と話数の範囲)        主演               
    *稲垣浩の作品への関わり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・桃太郎侍(1967~1968 2クール範囲)          尾上菊之助(現在の尾上菊五郎)  
   *稲垣浩で監修と藤木弓の名義で脚本
・昔三九郎(1968、1クール強)                林与一   
   *稲垣浩で監修と藤木弓の名義で原作と脚本、主題歌の作詞 
五人の野武士(1968~1969 2クール)           宝田明など複数 
   *稲垣浩で監修と藤木弓の名義で脚本
・長谷川伸シリーズの旅の風来坊(1972 全体は2クール)    片岡千恵蔵 
   *稲垣浩は監督、藤木弓の名義で脚本
・旗本退屈男(1973~1974 2クール)            市川右太衛門  
   *稲垣浩は監督2回で参加
女・その愛のシリーズの滝の白糸(1973 全体は2クール)  岡田茉莉子、田村 正和 
   *稲垣浩は監督のみ



*桃太郎侍、昔三九郎、五人の野武士は東宝の関係者が製作側、俳優などを含めて多く参加
*東宝の製作協力は昔三九郎と五人の野武士
三船プロ製作は桃太郎侍、昔三九郎、五人の野武士の3作です。
*東映の制作は長谷川伸シリーズの旅の風来坊、旗本退屈男、女 その愛のシリーズの滝の白糸
*長谷川伸シリーズは全30話のオムニバス時代劇、股旅もの
女・その愛のシリーズは全26話で13エピソードの前後編、文学時代もの
女・その愛のシリーズの滝の白糸は名脚本家の依田義賢とのコンビ


上記の通り、稲垣浩は監修と監督の参加、藤木弓の名義で脚本と原作の参加で6つのテレビドラマに関りました。桃太郎侍、昔三九郎、五人の野武士の3作で稲垣浩の名義で監修、藤木弓の名義で脚本3つの中では昔三九郎のみで原作
長谷川伸シリーズの旅の風来坊に稲垣浩名義で監督と藤木弓の名義で脚本、旗本退屈男(1973)と女・その愛のシリーズの滝の白糸で稲垣浩名義の』2度の監督参加を果たしました。


チワワドラの個人情報ですが、『桃太郎侍』、『五人の野武士』、『長谷川伸シリーズ』、『旗本退屈男』、『女・その愛のシリーズ』は再放送されており、視聴と録画済です。ドラマは現存しています。『昔三九郎』は放送され、見た記憶が薄々ありますが録画できていません。そこは残念な限りです。



映画チラシ 大殺陣 イメージフォーラム 夢野京太郎・監督 マキノ雅弘・稲垣浩・監修

斬新な「大殺陣 にっぽん剣優列伝」のポスターです。マキノ雅弘と稲垣浩の時代劇2大巨匠による共同監修とあります。いわゆる独立プロによる映画ということがいえそうです。ナレーションは西村晃とあります。戦前の数多くの映画の時代劇俳優の場面場面をまとめたものだと確認できます。

併映は戦前の時代劇映画で活躍した名脚本家・山上伊太郎の名前が確認できます。







関与した黄金期はオムニバスのドラマが充実





この頃のテレビドラマは今以上に多彩で幅の広さがありました。オムニバスドラマが充実していたからです。今はスポンサーに左右される部分が強く規制が強しぎてしまい面白みや幅の広さに欠けています。

現代のオムニバスドラマが時代劇と現代劇を含めてほとんど存在していない状況です。なのでテレビドラマ黄金期にオムニバス方式のドラマが数多く作られていたことさえ知らないドラマ視聴者が存在しています。そのことを知っていただく、または再認識していただくためにもこの部分を少し取り上げました。



ほとんどが連続方式と設定を維持する1話完結方式のばかりなので視聴者が飽きてしまいます。稲垣浩は『長谷川伸シリーズ』と『女 その愛のシリーズ』に数回のみですが参加していました。『長谷川伸シリーズ』の旅の風来坊は日本映画の総明記と黄金期を牽引した大スターで、盟友の片岡千恵蔵と稲垣浩の映画時代から続く、映像作品の最後のコンビ作品としても知られています。映画で50作以上の名コンビの最後はテレビドラマです。



稲垣浩が片岡千恵蔵の映画会社千恵プロで監督デビューしてから1928年からこの『長谷川伸シリーズ』の旅の風来坊の1973年まで約46年間の縁がありました。1970年代前半は現在のように高齢化が進んでいない時期であり、当時ではもっとも長いコンビ、互いの大きな功績の一つです。このこともきちんと伝えるべきことです。




監督と俳優―三船プロ、石原プロ、東映で五百本の作品を監督!宮越澄直筆のドラマツルギー
宮越澄、なつかしい名前です。チワワドラらもこれを見つけるまではこの人の存在を忘れていました。この人は参加本数は多いですが、作品への機能としてあまり印象に残らない人物だからです。何故ならチーフの役割はほとんどありません。重要な話数の担当は少なく、主な参加作、事実上の代表作は『大江戸捜査網』や『西部警察』シリーズ、『特捜最前線』、『はぐれ刑事純情派』が主です。


何故この人をここで登場させたのか、三船プロが『大江戸捜査網』に製作で関与していたときに宮越澄はドラマ監督で参加しているためです。ですが、稲垣浩がテレビドラマで関わった三船敏郎と関りはありますが、稲垣浩とは大きなつながりはないようです。






野武士とこの製作プロダクション 今も金の種の亡き父親にすがる息子の姿







稲垣浩がテレビドラマに参加した主な6作の中でも『五人の野武士』は少し異色度が高めであり、五人の野武士は話数に応じてメインキャストや主演が変わることがあるテレビ時代劇でした。三船プロのテレビ時代劇は本数の割にはあまり成功しませんでした。テレビや映画製作に行き詰まって倒産しています。

最近になって息子の三船史郎が仕事を求めて、父親の力を借りようと再び三船プロをスタートさせました。三船史郎は言うまでも無いですが俳優でぜんぜん成功できませんでした。






俳優は東宝の宝田明が中心としての主役でしたが、時々は三船敏郎が登場して主演の役割を悪く言ってしまうと奪ってしまうのです。彼の映像制作会社の三船プロが五人の野武士の製作に関与しているため、仕方ないことでしょう。三船敏郎は1話と最終話を含む重要な話数に登場しています。



東宝映画の中心俳優は宝田明、三船敏郎のほかにも東宝映画の脇役俳優として知られる人見明や堺左千夫もメインで出演しています。メインキャストでいうと中山仁は松竹関連の俳優でしたが、全体的なメインは東宝系でした。各話のゲストは松竹、東映、東宝やそれ以外など比較的にバラバラです。





五人の野武士 DVD-BOX
五人の野武士 DVD-BOX
posted with amazlet at 18.01.26
エムスリイエンタテインメント株式会社 (2007-06-27)
売り上げランキング: 84,310

『五人の野武士』なので影は5人のはずですが、なぜ上記には7人のものを選んだのでしょうか。やはり映画の影響があるといいたいのでしょうか。そんなパッケージです。




テレビが無視 ウラの裏に迫る⇒戦後の稲垣浩と黒澤明の東宝のみの時代劇の監督数と電通の優遇証拠




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 西郷どん, オムニバスドラマ, 三船プロ, 三船敏郎, 女・その愛のシリーズ, 五人の野武士, 宮越澄, 稲垣浩, 三船史郎, ,

関連記事
[ 2018/01/27 00:03 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(1)

盟友と消え行く捜査一主任。消えた謎と新ダブル体制


鈴木志郎が姿を消した原因には「特別機動捜査隊」は500話台に突入し、オープニングもカラーになった直後以来に変更されたことも関連があります。これと同時に出演者にも大幅な変更がありました。伊沢一郎は評価を得ていることも多少は影響しているのでしょう。伊沢一郎は500話以降も継続して出演していますが、畑野刑事・宗方勝己や水木刑事・水木襄などの刑事も登場して出演者も全体的に若返りました。

立石主任・波島進と藤島主任・中山昭二のダブル体制から三船主任・青木義朗や高倉主任・里見浩太朗の新ダブル体制になった500話台の本作には鈴木志郎の姿はありません。

鈴木志郎波島進中山昭二と同時期に「特別機動捜査隊」を卒業しています。消えた理由は作品の卒業です。作品を去りました。少しそれますが、気になるのは新しいダブル体制の主任の名前です。三船主任は三船敏郎から高倉主任は高倉健から名前をとったのではないかと推測しています。三船、高倉の二人は映画で何度か刑事を演じています。青木義朗三船敏郎をイメージして、里見浩太朗は東映の先輩の高倉健をイメージして主任刑事役を演じていた部分もあったのか、名前だけかもしれないです。

鈴木志郎はWikipediaが存在していない俳優です。「特別機動捜査隊」に出演する前は、高倉健が主演し、監督・石井輝男のニュー東映(東映の子会社)の映画「花と嵐とギャング」(1961)に出演履歴が残されています。この頃の高倉健は評価はされていましたが、まだ脇役が多い頃でもあり、1964年に主演として大ブレイクする前の時期です。その後の鈴木志郎は1964年の「夜の魔性」という成人映画にも出演履歴が残されています。1970年代前半の「特別機動捜査隊」の卒業以後は、消息が不明な謎の俳優となっています。

「特別機動捜査隊」物語の検証 1961‐1977

特別機動捜査隊」は1961年(昭和36年)10月11日にスタートしています。「花と嵐とギャング」の公開は1961年の6月23日とされています。”鈴木志郎の演じる西本捜一主任”は27話から出演がスタートしています。この時期は1962年の1月過ぎと考えられます。映画「花と嵐とギャング」の公開から半年が経過しており、東映による抜擢が行われています。

当時のテレビドラマは今ほど市民権が得られていない時代でした。まだまだ映画に権力があった時代です。当時の映画俳優たちの多くはテレビドラマという安っぽいものに出演することを敬遠しています。当時はまだ根付いていない分野であり、安っぽいものという考え方がありました。「特別機動捜査隊」の放送開始の当初(1961年)の時点で波島進は映画でそこそこ活躍していたスターですが、全般的な意味で映画活躍した俳優はまだテレビドラマに出演していない時期でした。そのため、ほぼ無名な俳優たちにもチャンスがあり、鈴木志郎の抜擢も可能だったのでしょう。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 特別機動捜査隊, 鈴木志郎, 伊沢一郎, 青木義朗, 里見浩太朗, 波島進, 中山昭二, 三船敏郎, 高倉健, 石井輝男,

関連記事
[ 2016/01/27 19:52 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち