チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

【大進撃】映画界の天皇 渡辺邦男が参加した主なテレビドラマたちを公開





前回に引き続き、映画界とテレビドラマに大きな功績を残した渡辺邦男の功績の一端に迫っています。渡辺邦男は確認できるだけで、映画240作以上、17作のテレビドラマに参加しました。


前回記事リンク⇒天皇の渡辺邦男と松本常保 映画とドラマと 時代と運命と




渡辺の映画とテレビドラマ





渡辺邦男は映画とテレビドラマを合わせると戦前の映画黄金期からテレビドラマ黄金期の1928~1974で約47年間で実働があり、世界に誇る大巨匠のマキノ雅弘に次ぐレベルで上位の年数を記録しました。下記の渡辺邦男の”渡辺邦男の映画とテレビドラマ”に関しても触れていきます。




<渡辺邦男の映画とテレビドラマ>
 監督期間と総年数       参加数など

映画 1928~1970 約43年間 映画230作強、オリジナルと分数の異なる現存作を含むと240作強
ドラマ 1955~1974 約20年間 テレビドラマ17作以上、監督担当回数は220本以上




渡辺邦男の実働47年は1974年の最後のテレビドラマ参加作の時期としては、1926年から監督を続行中のマキノ雅弘に次ぐ年数でした。(映画とテレビドラマの参加監督の対象)つまり、渡辺邦男は映画とドラマで代表作を残した人物の事実上の最初であり、草分けでした。この時点だけでも大きく評価してよい部分だと考えられます。


テレビドラマ史―人と映像 (1978年)
テレビドラマ史―人と映像 (1978年)




渡辺邦男が参加した主なテレビドラマ





<渡辺邦男が参加した主なテレビドラマ>
『ドラマタイトル』 放送年数 放送期間 #渡辺の担当 ・その他

『エノケン ホームラン王』 1955 単発   #監督 ・脚本はサトウハチロー
姿三四郎(1963)』 1963~1964 半年間  #チーフ監督と脚本 ・全体的に参加
柔(1964)』 1964~1965 半年間  #チーフ監督と脚本 ・全体的に参加
『王将物語』 1965 1クール  #監修のみ ・監督は西山正輝ら 脚本は藤本義一ら
『人生劇場(1965)』 1965 1クール  #監修のみ 
  ・監督は内出好吉ら、脚本は映画とドラマの名脚本家の結束信二

『柔一筋』 1965 1クール  #監督と脚本で数回のみ参加、・監督は1話を担当していると考えられる。
『続 柔』 1965~1966 半年間  #監修のみ ・監督は西山正輝ら 脚本は真弓典正ら
『明治天皇(1966)』 1966~1967 半年間以上  #監督と脚本で参加と原作 ・全体的に参加、2期に分けて放送
『若さま侍捕物帖(1967)』 1967 4ヶ月  #監督で参加 ・全体は不明 脚本は津田幸夫(津田幸於)ら
遠山の金さん(1967)』 1967 1クール  #監督と脚本で参加 ・全体は不明
10
『愛の珊瑚礁』 1968 2ヶ月  #監督と脚本と原作 ・監督と脚本は重要な序盤に参加
『右門捕物帖(1969)』 1969~1970 半年間  #一人目の監督と脚本 ・監督を離れた途中の話数から監修表記
姿三四郎(1970)』 1970 話数は半年  #監督と脚本で参加  ・竹脇無我の主演版
『闘魂』 1970~1971 話数は18話だが5ヶ月  #監督と脚本で参加 
  ・全体は不明、昔に録画視聴したがチェックできず
『黒帯風雲録 柔』 1972 1クール  #監督と脚本で参加 ・全体は不明
15
『月形半平太(1973)』 1973 単発  #監督  ・脚本は東映や松竹の時代劇映画で活躍した鈴木兵吾
旗本退屈男(1973)』 1973~1974  半年間  #監督と脚本で中盤から参加  
  ・豪華な監督と脚本陣、全話数の視聴と録画済
17




*『ドラマタイトル』 放送年数 放送期間 #渡辺の担当 は確認、または確認できたもの
*1クール=約3ヶ月の放送回数の意味
*( )があるものはそのままのタイトルで他に複重があるもの、たとえば『柔(1964)』は年数を省くと同名の歌があります。
姿三四郎(1963)』は他にも同名でテレビドラマが作られていますし、『人生劇場(1965)』は1930年代から同名の映画も作られています。


愛と青春のドラマスペシャル 姿三四郎 [DVD]
東宝 (2008-05-23)
売り上げランキング: 80,150

・2008年の12月に放送されたテレビドラマの『愛と青春のドラマスペシャル 姿三四郎
主演はジャニーズのNEWSの加藤シゲアキ(放送当時の芸名が加藤成亮)


<姉妹の映画ブログ>
・ニュージーランド映画に隠された謎のベールを剥ぐ
ニュージーランド映画と日本映画の歴史の極秘共通点【救急浮上若大将】

・『ロード・オブ・ザ・リング』の三部作のピーター・ジャクソンとニュージーランド映画の形成に貢献したある人物
ピーター・ジャクソン降臨 ニュージーランド映画と日本映画の歴史の極秘共通点【救急浮上若大将】裏側




渡辺邦男が参加したテレビドラマの特色





渡辺邦男のテレビドラマの特色はやはり現代劇と時代劇の製作に参加した部分です。現代劇と時代劇の両方を起用に対応し、上手に仕上げられて、大きな実積を持っている人間は現代ではさらに困難ですが、当時でもなかなかいませんでした。

渡辺邦男は現存作などを含めると240作以上の映画も同様に現代劇と時代劇を半数に近いほど残していますし、テレビドラマもその両方に通じていた器用な渡辺邦男らしさが残された作品に感じられます。





裏側の公開記事リンク
  ↓   ↓
永遠の最大ライバルがテレビドラマで終止符 渡辺邦男とマキノ雅弘の娯楽映画2大巨匠
冒頭で触れた2名の巨匠の激戦の一端と渡辺邦男のテレビドラマに迫りまります。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 映画界の天皇, 渡辺邦男, 加藤シゲアキ, マキノ雅弘, 姿三四郎, 柔(1964), 竹脇無我, 結束信二, 旗本退屈男, 遠山の金さん,

4大巨匠へ襲いかかるテレビドラマの荒波と砂嵐



テレビVS映画の図式が招いた悲劇の始まり


かつて『柔』、『続柔』、『柔道水滸伝』、『姿三四郎」などの柔道を題材としたテレビドラマが1960年代から1970年代の前半を中心に存在していました。映画界の巨匠・渡辺邦男がテレビドラマで監督や監修で制作へ参加した作品たちです。渡辺邦男がテレにドラマに進出した理由には”やむを得ない”部分が存在していました。



1960年代はテレビドラマの形成に大きな役割を成した時期でした。テレビドラマ自体は1950年代からも作られていましたが、1960年代の中盤くらいまでは映画に劣る分野という認識が大きかったと多くの映画関係者の証言から判断できます。そのため映画関係者から敬遠させていました。また、石原裕次郎は1970年代の前半の『太陽にほえろ!』に出演するまでは、テレビドラマが”やりたいことができる場”だとは考えていなかったといいます。


テレビVS映画という図式が1960年代には当然のように展開されていました。現代のテレビと映画はWin-Winの関係として定着していますが、当時はまだ互いが客を取り合うためのライバル的な存在が強かったのです。東映も他の映画会社と同時期に映画の観客動員や興行収入の低迷を打開するためにテレビ製作を本格的にさせました。東映はいち早く1960年からの児童向け時代劇『風小僧』や1961年からの刑事もの『特別機動捜査隊』などのテレビドラマを制作していましたが、映画で大きな実積を残した俳優や監督などのテレビ進出は少数でした。


*Win-Winの関係=互いに弱いところを補って良い結果や勝ちが得られる円滑な関係



4大巨匠へ襲い掛かるテレビドラマの荒波と嵐


1960年代の中盤になると東映映画で80作近い主演数を誇る大スターの大川橋蔵が本格的にテレビドラマへの進出を果たしました。このテレビ時代劇『銭形平次』(1966~1984)は全般的に若いスタッフが中心でしたが、時折は巨匠・佐々木康(ささきやすし)などの大ベテランも参加していました。このように映画の巨匠がテレビドラマに参加した経緯には、テレビドラマの製作に乗り出した映画会社や監督たちの苦渋の決断がありました。


1965年からの東映のテレビドラマ製作の本格的な始動は、映画の巨匠たちにある決断を迫りました。4名共が160作以上~270作の映画監督本数、映画の代表作が50作以上のマキノ雅弘佐々木康松田定次渡辺邦男は東映の事実上の4大巨匠でした。


*ほかにも内田吐夢(うちだとむ)や田坂具隆(たさかともたか)などの監督も巨匠がいましたが、この記事では上記の4名を4大巨匠として進行します。




映画プレスシート 大川橋蔵「銭形平次」
アットワンダー
売り上げランキング: 194,782
佐々木康がのちに参加するテレビドラマ『銭形平次』の映画の情報が満載、レアものです。
橋蔵(大川橋蔵)、1960年代に青春スターとして人気を博した舟木(舟木一夫)の初顔合わせが目を引きます。



4大巨匠の明日の行方はどっちだ!


マキノ雅弘高倉健の『日本侠客伝』シリーズ(1964~)の200万人ほどのヒットなどによって、かろうじて監督として東映で映画を撮ることを許されました。1960年代になると観客動員とヒット作が減っていた佐々木康は東映のテレビドラマの製作への道を求められ、承諾したことで東映に残りました。一方、1950年代から1960年代にかけて1000万人ヒットを7作(日本歴代1位)も放った大巨匠の松田定次は、東映側と契約などのさまざまなことで揉めたと考えられますが、東映を離れて、最終的には外部の松竹などのドラマ制作の道へ向かうことになりました。松田定次佐々木康と同様に東映のテレドラマ制作を打診されていたのかもしれません。そして渡辺邦男の行方です。つづく



裏通りリンク⇒裏通り『4大巨匠へ襲い掛かるテレビドラマの荒波と砂嵐』
たった1年2年が運命を左右

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 渡辺邦男, 大川橋蔵, 銭形平次, 佐々木康, マキノ雅弘, 松田定次, 舟木一夫, 高倉健, 風小僧, 特別機動捜査隊,

関連記事
[ 2017/02/26 00:00 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(歴代トップ6の意味、時代劇形成の戦前1930年代に活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映の片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、大映の長谷川一夫は各社のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、テレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち