FC2ブログ

チワワドラのテレビドラマ愛好世界

「おはよう~こんにちわ~こんばんわ~おやすなさい~」のチワワドラがドラマや映画の明るい未来のために愛好世界の精神で盛り立てる新世界ブログ

刑事ドラマで前人未到の記録の世界記録を持つ金字塔と目がゆくあの脇役


ドラマで金字塔を打ち立てることが難しい世の中になっています。テレビドラマというジャンルのテレビ業界における低迷が金字塔を生み出す可能性を阻んでいるのです。今回も金字塔が成し得ることができる風潮があったテレビドラマ全盛期のお話です。

前回に引き続き「特別機動捜査隊」について、進めていきます。このドラマは独自なパターンが成立しており、総合的には同じようなことやってるんですが、飽きそうで飽きない内容は時代劇ドラマと通じるのかもしれません。東映のヒットしたテレビドラマはこうしたさじ加減や違いをつける工夫などのやり口はホントにうまく、映画時代のノウハウもあるかと考えられますがバリエーションの引き出しも多い。

このドラマは、刑事ドラマの世界で1位の800話強が週間で連続で放送されていますが、個人的にいわせてもらえば、フィルムが現存する中では”まだ見ぬ最後の伝説の刑事ドラマ”なのです。週間をほぼ連続による800話以上は世界に2作しかありません。大川橋蔵の時代劇ドラマ「銭形平次」につ次ぐ世界2位であり、刑事ドラマでは世界で1位の金字塔の記録です。今後も破られることはまず厳しいでしょう。両方とも東映のテレビドラマです。

他に週間で連続放送された刑事ドラマでは「特別機動捜査隊」は連続放送話数が1位の800話強となっていますが、刑事ドラマ2位は700話強の「太陽にほえろ!」となっています。「特別機動捜査隊」は比較的安定したな回が数度に一度あるような状態が続いています。「特別機動捜査隊」は視聴率の30パーセントを何度も記録したといわれていますが、以前の記事で取り上げたことがある「ザ・ガードマン」同様に詳しい回数などのデータは不明です。



主に藤島班の伊沢一郎がいい味を出しています。伊沢一郎は関根部長刑事役ですが、登場した当初
中山昭二が演じる藤島主任(関根の上司)の話数に主に登場していましたが、徐々に立石(波島進)班の捜査の話数にも登場しています。登場当初の主に藤島班は話数を積んでいくうえでだんだんと関係なくなっていきます。

戦前の日活の太奏で1931年にデビュー、1934年から日活の多摩川(今は消滅した映画撮影所)の現代劇で映画スターとして売り出したものの、人気はあまり出ずに早めに脇役へ完全転向、数多くの時代劇や現代劇の脇役として50作以上の映画に出演し戦後を迎えます。映画にも出演しながら1960年代にテレビ時代を迎え、この「特別機動捜査隊」に1960年代後半から出演、高度経済成長を象徴するようなサラリーマンの見た目でメガネで中年風に太ったおじさんのという風貌ですが、少ない出番で魅せる演技がやはりうまい。戦前の映画時代から荒波に揉まれている俳優は微妙な部分の年輪が違うものです。見てると忘れてしまいますが、記録ではこのドラマがカラーになって50話ほどの335話から登場しています。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 伊沢一郎, 波島進, 中山昭二, 刑事ドラマ, 太陽にほえろ!, 特別機動捜査隊, 銭形平次, 東映, 大川橋蔵, ザ・ガードマン,

関連記事
[ 2015/10/01 22:51 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)

新たな自分へと踏み出せ。自分自身のガードマンとの闘う男たちの未来


ザ・ガードマン」からの引継ぎのキャスト
宇津井健(トータルでは主演の扱い)
藤巻潤
中条静夫
神山繁
稲葉義男
倉石功

シークレット部隊」からの追加キャスト
津川雅彦
目黒祐樹
大門正明
川口厚
三浦友和
北村和夫

出演俳優が幅広く豪華なキャストです。宇津井健は「シークレット部隊」において「ザ・ガードマン」(1965~1972)とほとんど同じイメージを保っていますが、「ザ・ガードマン」に出演していた川津祐介が、「シークレット部隊」(1973)ではレギュラーから外れています。目黒祐樹が出てていたのはすっかり忘れていました。映画時代は子役時代にちょっとだけ映画の時代劇に出ていた人でもあります。現在はテレビのバラエティ「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」などの影響なども大きめのためか、兄の松方弘樹の方が知名度が高く影に隠れがちです。現実には主演や助演の俳優としても松方の方が上であり、この兄弟には溝があります。

あれから約40年、2つの作品の出演者で現在も現役でそこそこ見かけるは神山繁津川雅彦三浦友和の3名ほどになってしまいました。時代の変化を感じさせてくれます。このころのドラマから今のドラマへの変化、今も通じる部分が数多くあります。ただの古いだけのドラマではないのです。
未だに石立鉄男宇津井健の脇役の機能が忘れられない秀作ドラマ「少女に何が起ったか」

宇津井健だけでなく、他の出演者もイメージが付きすぎました。特に「ザ・ガードマン」に出演していた俳優はなおさらでした。作品内のことをドキュメンタリーのように捉えてしまい、あの人たちは現実にガードマンなのだと思われていた視聴者を生み出すほどです。

シークレット部隊」以後、「ザ・ガードマン」から染み付いた8年ほどのイメージを取り払うために試行錯誤に入って行きます。それが宇津井健にとっては、更なる活躍につながっていくのです。一度付いた強烈なイメージを取り払うことは並大抵のことではありません。通常な人間でさえ、変化させることは難しいことから、強烈なイメージは取り払うことではなく、変化させていく方向でいかざる得ないのが現実だと思います。悩んだ末の決断がどちらかといえばハードな方向からホームドラマ方向への新たな活躍の場を求めた路線転向だったのでしょう。”新たな自分へと踏み出せ”は、ある程度な知名度を得た俳優の宿命なのです。
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : シークレット部隊, ザ・ガードマン, 宇津井健, 神山繁, 津川雅彦, 三浦友和,

関連記事
[ 2015/07/07 18:52 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)

宇津井健とドラマに関わりがある映画の巨匠はシークレットの罪な人だった


名脚本家と宇津井健のシークレット部隊に隠された秘密以来の宇津井健の記事になります。2014/09/26(金)の公開以来です。「シークレット部隊」で止まっておりました。再び幕があがります。宇津井健は特に1960年代から80年代前半において、日本のテレビドラマに大きな痕跡を残した俳優です。


シークレット部隊」(1973)には映画の巨匠が関わりを持っています。「赤いシリーズ」(1974~1980)にもいくつかに関わっていますが、「ザ・ガードマン」(1965~1972)にも関わっています。増村保造という人です。映画時代の大映の現代劇を事実上で牽引した監督とも言える存在です。映画では数多くの代表作を残しています。全盛期から45年以上経過して、今でも評価も高い監督です。大映の現代劇を代表する女優の若尾文子とのコンビ作を連発し、増村×若尾コンビは名を成しました。特に、女性モノやサスペンス、社会派の作品などを得意としました。現代の日本のサスペンスドラマや映画などにもその影響が見受けられる部分があるのではないでしょうか。シークレットな影響を秘めています。


その増村保造・映画監督が脚本で参加しているため、見るほうはいろいろな想像を膨らますことができます。増村保造は「シークレット部隊」においては、5話と12話に参加していますが、特に12話が映画時代の増村保造らしさを出している内容です。
タイトル「傷だらけの美女が告白する」という回は増村保造らしいタイトルです。「傷だらけの美女が告白する」は、1972年に放送されています。映画時代の増村×若尾コンビの代表作の一つの「妻は告白する」(1961)とタイトルがなぞらえています。関連付けを意識してこのタイトルにしていたのでしょう。これくらいの監督になるとテレビで実験できたんです。

映画の試作をテレビでやるケースもあったりして、また、映画で悔いが残った部分を描きたいために、設定や人物やストーリーは違いながらも、内容を関連付けて、視聴者が気づくか気づかないかのレベルで試したいことを試す。なんともマニアックなことをして罪な人だなあと考えてしまうのです。増村保造は、良い意味で罪な人・・・・です。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへにほんブログ村人気ブログランキングへ
励みのポチヨロシク↑→
  

関連タグ : 宇津井健, 増村保造, シークレット部隊, 若尾文子, ザ・ガードマン, 赤いシリーズ,

関連記事
[ 2015/05/06 05:33 ] レアドラマ探検隊 | TB(0) | CM(0)
チワワドラのタグクラウド

チワワドラの過去ログ +
ドラのすべてを↓でご覧ください

2020年 10月 【1件】
2020年 09月 【1件】
2020年 08月 【1件】
2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【1件】
2020年 05月 【1件】
2020年 04月 【1件】
2020年 03月 【1件】
2020年 02月 【1件】
2020年 01月 【1件】
2019年 12月 【1件】
2019年 11月 【1件】
2019年 10月 【1件】
2019年 09月 【1件】
2019年 08月 【1件】
2019年 07月 【1件】
2019年 06月 【1件】
2019年 05月 【1件】
2019年 04月 【1件】
2019年 03月 【1件】
2019年 02月 【1件】
2019年 01月 【1件】
2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2018年 09月 【1件】
2018年 08月 【1件】
2018年 07月 【1件】
2018年 06月 【1件】
2018年 05月 【1件】
2018年 04月 【1件】
2018年 03月 【1件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【1件】
2017年 12月 【1件】
2017年 11月 【1件】
2017年 10月 【1件】
2017年 09月 【1件】
2017年 08月 【1件】
2017年 07月 【1件】
2017年 06月 【1件】
2017年 05月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2017年 01月 【1件】
2016年 12月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【1件】
2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【1件】
2015年 12月 【1件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【1件】
2015年 08月 【1件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2015年 03月 【1件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【1件】
2014年 12月 【2件】
2014年 11月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【2件】
2014年 08月 【2件】
2014年 07月 【2件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【1件】
2014年 04月 【1件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【1件】
2014年 01月 【2件】
2013年 12月 【3件】
2013年 11月 【1件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【2件】
2013年 07月 【2件】
2013年 06月 【1件】
2013年 05月 【3件】
2013年 04月 【4件】
2012年 02月 【1件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【29件】
2011年 10月 【32件】
2011年 09月 【32件】
2011年 08月 【32件】
2011年 07月 【32件】
2011年 06月 【27件】

チワワドラ最近記事
チワワドラ生き様(全記事)
「七剣聖の映画ポスター」リンク集
  • 世の中に多様な映像スターの概念を定着させ、映画だけではなくテレビドラマ、時代劇映画、時代劇のテレビドラマ、映像芸能の世界に大きな足跡と幅広い影響を賞賛して「七剣聖の出演映画のポスター」を作成

  • 7名の総主演映画数は最低でも1600作、総出演数は2400作に上り、これは世界歴代に前人未到の功績

  • 片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎 月形龍之介を歴代トップ7と称して『七剣聖』と呼ぶ(左から主演数順)
  • 七剣聖のほかに、片岡千恵蔵 市川右太衛門 長谷川一夫 嵐寛寿郎 阪東妻三郎 大河内傳次郎を『時代劇六大スター』(時代劇形成の戦前1920年代後半から1940年代かけてトップ6の意味と大きな活躍、その黄金期から戦後にかけて)と呼ぶこともあり
  •  
  • 特に観客動員1位の東映は片岡千恵蔵と市川右太衛門のトップ、長谷川一夫は大映のトップとして戦後の映画黄金期(特に7年連続観客動員8億人の1955~1961)に多大な貢献と活躍、多くの後輩やテレビドラマにも大きく影響
  • これらは未来や海外に伝えるべき重要な事実
  • チワワドラからの旅立ち